【九星フラワー占い】三碧木星の7月の運勢は「逆転が頻発する不思議な月」

本格的な夏がやってきたとバカンスの予定に胸を躍らせたり、世の中はちょっとお楽しみモードかもしれません。
けれど、その雰囲気にのって落ち着きを失うと、この半年積み重ねてきたことを台無しにしてしまう恐れも。
今月は❝逃げるが勝ち❞、恋も仕事もわれを忘れて深追いする、というのは控えて正解といえそうです。

どんな深追いが危険か、何なら追ってもいいのか星ごとに占います。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

自分のペースに固執しがち。わがままに注意

三碧木星の深追い禁止項目ですが、それは理想やプライドのようなものに固執することです。

今月は、これをしないように注意してください。

「プライドなんて、そんなに高くないけどな」と思っている人は、スピード重視、効率重視な姿勢に気をつけてほしいものです。

どちらもあなたの想像以上に周囲の人を振り回してしまい、とくに今月に限っては印象をかなり悪くしてしまう心配があるからです。

 

調子が悪かった人は上向きの運勢に

いつも何かをしようとすると足止めされて、思うように進まない、人から評価されていないと感じている人にとっては、逆に状況がよくなる、という少々不思議な運勢でもあります。

そして、とくに今年に入って調子があがっており、プライベートも仕事もノリノリだったという人こそ、急にうまくいかずにガッカリすることがふえ、ふて腐れ状態になりがちです。

これは、陰で支えてくれた人、助けてくれていた人に気が付かず、感謝の気持ちを伝えてこなったということが、影響しています。

 

自分がふて腐れた時は、誰かをふて腐れさせていた、と思って

つまりあなたのふて腐れ状態を別の誰かに経験させていたということを、教えられているのです。

ふて腐れはさらに運勢を悪くするので気をつけてください。

そして周囲には丁寧に、つねに感謝の気持ちをもって過ごすこと。

「これがほしい」「こうなりたい」といった固執を捨て、人とくに目上以外の人に譲りましょう。

後々、逆にそれが叶ったり手に入ったりしそうです。

今月はちょっと複雑で不思議な運勢と言えます。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、さりげなくアプローチしてくる人はいそうなのですが、選り好みが激しくなっている今月は、なかなか「いいな」と思えないかもしれません。

ただ、後になって惜しかったと思っても、失望させてしまった相手の気持ちを取り戻すのは難しいので、誠実な態度で接することだけは忘れないでください。

金運は、気が大きくなって高いものもパッと買ってしまいかねないので気をつけてください。

少なくとも、その場では買わず、一晩考えてから決めるようにしましょう。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、ブラウンとイエロー。焦りを落ち着かせてくれるドッシリ感の色。

好き嫌いによるイガイガした気分や雰囲気をまあるく納めてくれるので、人と接する場にはぜひ取り入れてほしい組み合わせです。

ラッキーパーソンは、がんこで不愛想な人。これまでずっと苦手だったかもしれませんが、見習うべき芯の強さをその人のなかに見いだせたら、運気が上向いているお知らせです。

ラッキーフードは、納豆ごはん。地味すぎますか?

面倒なことにも粘り強く対処できるようになるパワーを与えてくれるメニューです。

少し調子が悪いお腹を整えてくれるという意味でもおすすめします。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

 

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク