ギトギト・ドロドロ、もうひとつは?「下品なオバさん」認定される40代の初夏メイク3つ

メイクは、その仕上がりによって、上品にも下品にもなりえます。

40代は、ミーハー的だったり肉感的だったりしすぎると、途端に「あの人、なんか下品!」なんて思われる引き金にもなりがち。

特に、ぱっと見のその質感によっては「下品だな」の印象が増してしまう場合もあるので、気を抜けません。

時短美容家の私、並木まきが、周囲から「なんか下品」認定を受けやすい40代女性のメイクの質感をお話します。

 

うっかり「なんか下品」な40代オバサンに…NGメイクの質感1:ギトギト

ベースメイクでも、口紅でも、チークでも、塗った箇所が「ギトギト」な印象になってしまえば、それだけで下品な印象が加速します。

今年の初夏で言えば、ツヤ感が強いファンデーションや下地、輝きの強いリップなどが、ちょっとさじ加減を間違えるだけで「ギトギト」といった印象を招きがちに。

湿度が特に高い日にオイルを使ったスキンケアをしていたり、唇の保湿目的で重い質感のグロスを重ねていたりすると、この不名誉な「ギトギト」を生じやすいので、ぜひ気をつけてみてください。

「ギトギト」させずにうるおい、ツヤ感を与えるには、“薄づき”に徹するのも方法のひとつ。塗った直後ではなく、汗などとメイクが混ざり合ってくる少し時間が経った頃合いを基準にして、最初は薄めに仕上げておくと、ギトギト感を払拭させやすくなります。

 

うっかり「なんか下品」な40代オバサンに…NGメイクの質感2:ドロドロ

 

ぱっと見の印象で「うわ。ドロドロしてる」なんて思われてしまえば、その瞬間に、老け見えやオバ見えを招くのは、言わずもがな。

特に湿度が高めな日ほどデンジャラスで、自分では「うるおっていて安心」と思っているレベルが、実は周囲から見て「ドロドロしてる……」になっているケースもあるので、要注意なのです。

日ごろから、部分的であれど乾燥が気になっている40代ほど、初夏にも保湿を念頭に置きがちに。しかし、油分や水分が過剰なメイクは、やっぱりドロドロ肌を招きやすいのは確かです。

ドロドロな見た目を回避するには、皮脂を吸着する機能性のあるコスメの活用がカギ。パウダーだけでなく、部分下地などバリエーションも豊富なので、こういったものを必要なパーツごとに取り入れるのが、40代のオバ見え回避につながります。

 

 

うっかり「なんか下品」な40代オバサンに…NGメイクの質感3:ギラギラ

 

ギラついた印象のメイクは、40代を下品に見せがちな典型でもあります。

文字どおり、ギラギラとしたグリッター系のアイシャドウなどを使ったメイクだけでなく、下まぶたに太めに入れたアイラインや、全体的に華美な印象が強いなど「ギラギラしてる」と言われる要素があるメイク全般が、かなり危険。

若づくりを狙っている誤解や、男性に媚びているイメージを加速させることもあり、このあたりが「下品」な印象にもつながりかねないというわけです。

とはいっても、40代の顔は若いころと比べてぼやけがちにもなるだけに、ちょっとしたインパクトはメイクでも重要。

そこで、ギラギラしたイメージを回避しつつ、きちんとインパクトを出すにあたっては「何かひとつだけ強める」が鉄則に。たとえばアイラインを太くするなら色は淡い発色のブラウンを選ぶ、反対に極細でラインを入れるなら漆黒ブラックを選ぶ……といった具合です。

 

メイクのせいで「なんか下品な女性」のイメージが定着してしまうのは、40代に不名誉なお話。

「ギトギト」「ドロドロ」「ギラギラ」は、初夏から夏にかけて陥りがちなワナでもありますから、お心当たりのあるかたは、この機会にぜひ、メイク手法の見直しを!

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

【大人の失恋】恋愛が長続きしない40代女性の3つの傾向

せっかくご縁あってお付き合いすることになったのに、長続きせずに別れてしまう残念な恋愛もチラホラ。残念な恋は、若いころなら「これも経験のうち!」と笑える話でも「40代にもなって、これはない」と自らダメ出し…

近寄りがたい! 悪い意味で「貫禄あるよね…」と思われちゃう40代女性のメイク

40代ともなると、その経験値や見た目によって、まわりから「やたら貫禄ある!」なんて思われる女性も少なくありません。貫禄は、いい意味で出ていれば魅力だけれど、悪い意味で出てしまうと「近寄りがたい」「話しに…

なんで使わないの?夏にオバ見えする40代ほど使っていない3つのコスメ

夏場は、気温や湿度のせいで、どうしてもメイクも崩れがちなうえに、お肌の状態も不安定になりがちですよね。「毎年、夏老けを痛感中……」な40代女性ほど、ひょっとすると、大人世代がこの時期に使うべきコスメを省い…

【男性心理】 身体の関係をもったあとに「なんか違う」と思われる40代独女の特徴

親しくなった男性と、本気でお付き合いをするにあたり「いつ、そういう関係になるのがベスト?」「早すぎると、軽いと思われそう……」と頭をかすめるのは、40代でもありがちなお話。しかし私が、同世代男性10名に「出…

夏にやりがち!実は男が嫌がっている【40代のNGヘア】3選

気温や湿度が上がってくると、涼しげなヘアスタイルを心がけている40代女性も少なくないはず。ダウンスタイルよりも、さっぱりとしたスタイリングのほうが、男ウケを狙いやすいのも確かです。ところが「涼しげ」なつ…

【男性心理】「君、不倫中でしょ」と男性から勘違いされやすい40代独女の3傾向

ちょっとした行動が強烈な印象となり「この女性は、もしかして……?」とネガティブな推測が働く男性も。40代女性がなにげなく口にしたひと言や、深い意味がなくした行動のせいで「ひょっとして、この人、不倫してる?…

男性が幻滅!「バッグに入れていないなんて、オバサンだね…」初デートの必需品3選

意中の男性とのデートでは、ちょっとしたシーンの仕草や行動ひとつで好感度が上がることもあれば、幻滅を誘う場合もあるから、気が抜けません。そしてちょっとしたシチュエーションで「あれ? この人は、基本的なも…

これは痛い! 「男ウケ狙いの40代女性」がやらかしたダメすぎるメイク

好きな人や恋人ができると、40代であっても気分は乙女!それは決して悪いことではないけれど、あまりにも「彼ウケ」を狙いすぎたあまりに、周囲の冷笑を買ってしまった40代もチラホラです。彼ウケを狙ったのに男性ウ…

流行を取り入れたら「まさかのオバ路線」!40代女性が老け見えする2019初夏コスメ

メイクのちょっとしたNG次第で、老けた印象や疲れた印象を加速させやすいのが、40代。それだけに、デイリーメイクで使用するコスメは、できるだけ老け見えを招かないアイテム選びも、腕の見せどころです。「私が使っ…

男ウケの真逆!40代独女がしてはいけない「危険すぎる」初夏メイク

初夏は、夏らしさを意識しつつ、暑くるしさのないメイクを心がけたい時期。夏をエンジョイするコスメの新作もひと通りが出揃い、イメチェンを楽しんでいる女性も少なくないタイミングです。ところが、メイクで夏らし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事