ギトギト・ドロドロ、もうひとつは?「下品なオバさん」認定される40代の初夏メイク3つ

メイクは、その仕上がりによって、上品にも下品にもなりえます。

40代は、ミーハー的だったり肉感的だったりしすぎると、途端に「あの人、なんか下品!」なんて思われる引き金にもなりがち。

特に、ぱっと見のその質感によっては「下品だな」の印象が増してしまう場合もあるので、気を抜けません。

時短美容家の私、並木まきが、周囲から「なんか下品」認定を受けやすい40代女性のメイクの質感をお話します。

 

うっかり「なんか下品」な40代オバサンに…NGメイクの質感1:ギトギト

ベースメイクでも、口紅でも、チークでも、塗った箇所が「ギトギト」な印象になってしまえば、それだけで下品な印象が加速します。

今年の初夏で言えば、ツヤ感が強いファンデーションや下地、輝きの強いリップなどが、ちょっとさじ加減を間違えるだけで「ギトギト」といった印象を招きがちに。

湿度が特に高い日にオイルを使ったスキンケアをしていたり、唇の保湿目的で重い質感のグロスを重ねていたりすると、この不名誉な「ギトギト」を生じやすいので、ぜひ気をつけてみてください。

「ギトギト」させずにうるおい、ツヤ感を与えるには、“薄づき”に徹するのも方法のひとつ。塗った直後ではなく、汗などとメイクが混ざり合ってくる少し時間が経った頃合いを基準にして、最初は薄めに仕上げておくと、ギトギト感を払拭させやすくなります。

 

うっかり「なんか下品」な40代オバサンに…NGメイクの質感2:ドロドロ

 

ぱっと見の印象で「うわ。ドロドロしてる」なんて思われてしまえば、その瞬間に、老け見えやオバ見えを招くのは、言わずもがな。

特に湿度が高めな日ほどデンジャラスで、自分では「うるおっていて安心」と思っているレベルが、実は周囲から見て「ドロドロしてる……」になっているケースもあるので、要注意なのです。

日ごろから、部分的であれど乾燥が気になっている40代ほど、初夏にも保湿を念頭に置きがちに。しかし、油分や水分が過剰なメイクは、やっぱりドロドロ肌を招きやすいのは確かです。

ドロドロな見た目を回避するには、皮脂を吸着する機能性のあるコスメの活用がカギ。パウダーだけでなく、部分下地などバリエーションも豊富なので、こういったものを必要なパーツごとに取り入れるのが、40代のオバ見え回避につながります。

 

 

うっかり「なんか下品」な40代オバサンに…NGメイクの質感3:ギラギラ

 

ギラついた印象のメイクは、40代を下品に見せがちな典型でもあります。

文字どおり、ギラギラとしたグリッター系のアイシャドウなどを使ったメイクだけでなく、下まぶたに太めに入れたアイラインや、全体的に華美な印象が強いなど「ギラギラしてる」と言われる要素があるメイク全般が、かなり危険。

若づくりを狙っている誤解や、男性に媚びているイメージを加速させることもあり、このあたりが「下品」な印象にもつながりかねないというわけです。

とはいっても、40代の顔は若いころと比べてぼやけがちにもなるだけに、ちょっとしたインパクトはメイクでも重要。

そこで、ギラギラしたイメージを回避しつつ、きちんとインパクトを出すにあたっては「何かひとつだけ強める」が鉄則に。たとえばアイラインを太くするなら色は淡い発色のブラウンを選ぶ、反対に極細でラインを入れるなら漆黒ブラックを選ぶ……といった具合です。

 

メイクのせいで「なんか下品な女性」のイメージが定着してしまうのは、40代に不名誉なお話。

「ギトギト」「ドロドロ」「ギラギラ」は、初夏から夏にかけて陥りがちなワナでもありますから、お心当たりのあるかたは、この機会にぜひ、メイク手法の見直しを!

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事