2016年みんなは何食べた?人気のグルメ記事ベスト5

2016年5月にオープン、おかげさまで開設半年を無事に迎えたOTONA SALONE。みなさんが下半期に読んでくれた「食べ物」記事を、ランキングでまとめてみました。読み逃しがないかチェックしてくださいね!

1・みんな絶対に大好き!「激辛グルメ」

29-0-1600x1200

私たちは「アラフォー独身・DINKS女性向け」のサイトです。当然、お店グルメはチョコやケーキ、カフェやランチが人気だろうと思っていたのですが、実は一番人気は「辛いもの」でした! でも、そうですよね、辛いものって週に1回くらいは食べたいですよね。言われてみれば蒙古タンメン中本のカウンターでも一人でふらっと訪れたらしき同世代女性をよく見かけます。なんだ、みんな好きだったんだ!

覚えておきたい!辛いもの好きが一人でサクッと行ける、東京うま辛グルメ

 

2・ダイエットもできる「冷凍りんご」は男女ともに人気

img_5009

予想外の人気だったのが、自宅に冷蔵庫さえあれば誰でも手間ゼロで作れる「冷凍りんご」。試しに今日作ってみてください! 冷凍→解凍はジャムを煮込むのと同様の細胞壁破壊プロセスですが、解凍するだけなので水分が飛ばず、砂糖も不要。「この作り方でしか作れない」デザートが出来上がります。みかんや柿など、ジャムにできる秋冬の果物はなんでも美味しくなりますから、ぜひお試しを!

りんごを丸ごと冷凍するだけでダイエットにも?「冷凍りんご」がおいしい!

 

3・この秋どれ食べましたか?秋限定スイーツ

冬に言うのも何ですが、「さつまいもの限定お菓子」がコンビニに並ぶと「夏も終わりだな」と感じますよね。今年ははっきりしない気候だったので、「あれもう夏が終わるの?」という気持ちでした。そんな秋のはじめ「いも」「くり」「かぼちゃ」のスイーツ記事が大人気に。どれを食べたか・食べなかったか、振り返ってみてください!

fotolia_76108375_subscription_monthly_m-1600x1124

秋の期間限定!コンビニで買える人気のさつまいもスイーツ、勝手におすすめランキング【まとめ】

4・冬にも再燃焼、「生クリーム&砂糖なし」のアイスレシピ

b6e9826

夏場の大人気のあと、冬場に再び検索されているのが「生クリーム」「砂糖」を使わずに作るヘルシーアイスのレシピ。気になるけれど泡立て器など道具がないな、という場合、まずは甘酒と豆乳、ココナッツミルクなどの材料をざっと混ぜて凍らせてみて! 「甘酒ってこんなに甘かったんだ?」「ココナッツミルクって美味しい…」と、新しい味に発見がありますよ!

生クリームなしの簡単レシピ!甘酒、豆乳、ココナッツミルクを混ぜるだけ、今井洋子さんのアイスの作り方

 

5・究極の時短レシピ「カステラフレンチトースト」も人気でした!

160617ino009-1600x1200

土日くらいはちょっとした朝ご飯を作って食べたい。でも手間暇かけた盛り盛りのSNS見せびらかしプレートを作る気力はない……という完全なるご自分派に、カロリー×カロリー×カロリーの究極時短フレンチトーストです。要するに、カロリーで時間を買うのです。一見合理的に見えて「ただ自分が太るだけ」という救いのなさ!でも美味しいから!

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

 

以上、2016年によく読まれたグルメ記事でした! 年末年始も、そして2017年も、おいしく楽しくガッツリ食べましょう!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

なんだかツライ…。40代女性が悩む「カラダの不調」ランキング

どうも気圧の安定しない梅雨どきです。編集部女性陣にヒアリングしたところ、40代同士で食事をすると「最近腰が痛くて…」「目がかすんで見えない」「姿勢が悪いまま」とい…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

突然ですが、大手町ってご利用になりますか?世界に名だたるビジネス街・大手町の、サンケイプラザ前に突然白いテントが登場。何だこれはと思ったら……牡蠣小屋!4月7日まで…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつも…

おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

おひとりさまで海外旅行へ行ってみたいけど、なんだか心配……というかたも少なくないでしょう。勝手に「おひとりさまを楽しむ部」を推進しているOTONA SALONE編集長のアサミ…

無印マニアが「実際使ってオススメ」ベスト10!【無印良品週間中に買ってね】

全国の無印良品で4月1日まで(ネットストアでは2日10時まで)メンバー10%オフの「無印良品週間」が開催中です。この機会に買い足したり、新しく買ったりしたいアイテム、何ですか? 毎年マイルのステージがプラチ…

あなたは「虚」「実」どちら?医師に教わる「漢方と自分の体質」

「皮膚科領域の漢方治療は、アトピーで特にニーズが多いのですが、いっぽう皮膚科の漢方医は多くありません」。そう教えてくれたのは、よしき皮膚科クリニック銀座 院長 吉木伸子先生です。吉木先生は皮膚科専門医…

イガリシノブさん直伝!「40代でもカワイイいまどきアレンジ」のポイントは…

おなじみヘアスタイリングブランド、リーゼが4月20日にリニューアルします。「ハッピーニューミー」を合言葉に、髪を通じて新しい自分にチャレンジできるラインナップ9品が登場。すでに一部ウェブで先行販売中です。…

「やせない人」の遺伝子は5タイプに分かれる?遺伝子解析でわかるベストな生活習慣って…?

最近、オトナサローネ編集長アサミがパーソナルカラー診断にハマっています。「30代までは流行に乗ることイコールおしゃれだったけれど、40代以降は自分のことを客観的に知って、自分に必要なものだけを選んでいくの…

[PR]

突発性難聴かと思ったら「更年期」。漢方治療への長い道【100人の更年期♯6】

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。初潮を迎えた人ならば必…

半袖になる前に!噂の光脱毛自宅ケア「光エステ」、脱毛したい私が使ってみると…

日ごとに気温が上がり、服が薄くなっていく今日このごろ。ふと腕を見て「またムダ毛と戦う季節がきたか…」とうんざりしていませんか?何歳になっても意外にヒトはみな、人知れずムダ毛と戦っているもの。特にこの時…

「5歳若く見えるメガネ」で本当に若返る?カラー診断の結果選んだ1本は…

これまで何の疑いもなくかけてきたメガネ。ですが、ふと鏡を見た瞬間に「……あれ、私の印象、思ったより老けて見えない?」と驚くことがありませんか? 私はあります。オトナサローネでも「マイナス5歳見え」記事は…

[PR]

肌へのやさしさを極めた「オーガニック」なUVミルク、ニールズヤードから

そろそろ19年美白の新製品が気になる時期。今や夏だけではなく1年中、何かしらのUVアイテムを使っている私たちですが、とはいえできる限り肌には負担をかけたくない……。そんな微妙な40代の気持ちに寄り添ってくれる…

医療は「解決」のためにある。どうか更年期の不調に苦しまず、医療に頼って【山田ノジル後編】

書籍『呪われ女子に、なっていませんか?』が好評発売中のフリーライター・山田ノジルさん。前編では「真面目な更年期世代の女性ほどうっかり信じやすいトンデモ健康法」の概要とその特徴を聞きました。後編では「ど…

「私、マジメだから」と自覚してたら要注意?更年期対策のワナ【山田ノジル前編】

日本人女性の平均的な閉経は50歳代。医学的に閉経の前後5年を更年期と呼びます。この過程で心身に苦痛が出る場合が「更年期障害」。のぼせ、汗、イライラ、倦怠感、不眠などさまざまな不調が出やすくなる更年期です…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事