「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで作ればこの工程がものの30秒で終わって、しかも外側カリカリ、内側じゅわじゅわになるという話。朝起きてから作り始めても朝食に間に合うだなんて!?

カステラを卵液に漬けて焼くだけ、あっという間!

160617ino008

 

作り方は本当に簡単。カステラを買ってきて、卵液に漬け、フライパンで焼けば終了です。卵液の用意を始めてから盛りつけるまで、丁寧に作っても20分というところ。「一晩漬ける」のが基本のフレンチトースト界では圧倒的なスピードです。カステラの甘さを生かすので、砂糖も不要。バターはたっぷりめがおいしい!

■材料(作りやすい分量)
牛乳 150ml 
卵 1こ 
バニラエッセンス 数滴
カステラ 3~5切れ  
バター 大さじ1/2~1
■作り方
1・牛乳と卵を軽くときあわせ、バニラエッセンスを加えて卵液を作る。
2・卵液をバットや皿など底が平らな容器に入れ、カステラの両面に卵液を吸い込ませる。
3・熱したフライパンにバターを溶かし、弱火で片面5~7分ずつ、両面をカリッと焼く。

スポンジのように卵液を吸う

160617ino003

卵をボウルにあけ、菜箸で白身をよく切り混ぜます。泡立てないように牛乳を注いで、軽くまぜれば卵液が完成。砂糖不要だと溶かす手間がなくてラク!

160617ino004

できるだけ底が平らで大きい皿に卵液を入れ、手早くカステラをひたします。スポンジのようにどんどん吸いこむので、1切れずつ順番にひたすのではなく、同時に作業を。

160617ino006

ひたして10秒。すでにカステラの厚み半分まで卵液を吸いこんでいます。

160617ino007

ちなみに、牛乳150ml+卵1つの卵液はちょうど購入したカステラ5切れ分でした。菜箸のあとがついてしまいましたが、このくらい、あっという間にたっぷりと卵液を吸い込みます。

この後、焼く際には、バターを溶かして必ず弱火に。片面5分から7分ほどかけて、こがさずにじっくりカリっと焼いてください。卵液を吸ったカステラは重いので、フライ返しを使ってゆっくりと返します。

さて、お待たせしました、完成図は次ページ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

FOODに関する最新記事