40代から「やめてよかった」こと。心の疲れを減らす、時間の使い方

40代になってから変化したことが、私にはたくさんあります。30代の頃に比べて肌や髪も変化したし、ファッションも変わったし、仕事で異動もありました。

その変化の中には新しく始めたこともありますが、やめたこともあります。その中でも「やめてよかった」と思うのは、時間の使い方に関することです。

 

40代「時間の使い方」を見直す

時間というものは1日24時間。誰にでも平等です。1日の時間は、24時間以上でもそれ以下でもありません。やりたいことはたくさんありますが、時間に限りはあります。

その24時間をどう過ごすか?

できるだけ心地よく、幸せに過ごしたい。

40代になってある時期から「時間の使い方」について見直すようになりました。

 

心が疲れてしまう原因

以前からの知人の中に、不満と愚痴を長時間、話すタイプの人がいました。

私なりに、会話をポジティブな方向へ持っていこうとしてもなかなか手ごわく、内容を変えようと試みてもまた不満と愚痴が出てきてしまうのです。

アツい気持ちがあるからこその、不満や愚痴なんだと思うのですが……。

その方々は、個性的だったり、マジメだったりで、学ぶ部分もたくさんあったので、比較的親しくしていました。けれど、あるとき気づいてしまったんです。そのタイプの人と長時間一緒にいたあとは、自分がどっぷりと疲労困憊してしまっていることに。

 

ネガティブな「言葉」に弱い

そのあと一人になると、なぜかモヤモヤとした気持ちを抱えていたのです。話していて楽しいと思う部分もあるのですが、最終的にはドッと疲れている。

なぜだろうと自分なりに考えました。私はよくしゃべるほうではありますが、人の話を聞くのも好きです。自分にはない考えを知るのは興味深いですから。

ただ、ネガティブな言葉をずっ~と聞いていると、どうもダメージを受けてしまうようです。

 

私が40代になって「やめたこと」

そのためここ数年、実はその方々とはあえて少し距離を置くようにしました。

一緒にいる時間を短めにしたり、集団で会うようにしたり。一対一で長時間、不満や愚痴の会話を聞くことをやめたのです。

そして私自身も、不満や愚痴を長時間にわたって話すことをやめました。もちろん、少なからずの不満や愚痴は言うことはありますけれど。

 

誰と、どんな風に時間を過ごすか

「人生は永遠の暇つぶし」

これは、私が最初についた上司・K編集長の言葉です。20代の頃はその意味がピンときませんでした。仕事も趣味も人づきあいもあるのに……。K編集長にはやることがないんだろうか、と不思議に思っていました。

 

でも、最近わかってきたんです。暇つぶしの「暇」は、やることがないという意味ではなく、自分の一生の時間のことを指していたのではないかと。

 

つまり自分の一生の時間を、誰と、何を、どんな風にして過ごすか?

 

私は楽しい人や安心する人、同じ志を持つ人たちと、なるべく多くの時間を費やしたい。楽しい人との時間は幸せですし、安心できる人との時間は心が穏やかになります。困難な課題に取り組むときでも、同じ志を持つ人たちとなら、楽しく乗り越えていける気がします。

一度きりの人生であり、誰にでも1日の時間は等しく24時間。

40代になってやめてよかったことは、不満や愚痴ばかり言っている人と長時間一緒にいないこと。そして自分も不満や愚痴を長時間言わないこと、です。

 

※オトナサローネ編集長、浅見悦子のtwitter(@sasaming72)アカウントでは「#編集長アサミのつぶやき」を適宜ツイート中。リアルタイムで感じたことをポツポツつぶやくので、婚活や仕事のこと、趣味ワールドがダダ洩れしております。

よかったらフォローしてくださいませ!

 

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

台湾ティー専門店「カムバイティー」が表参道にオープン。オーダー法、人気TOP3も発表!

台湾発のティーブランド「COMEBUYTEA(カムバイティー) 表参道店」が2019年9月21日にオープン。COMEBUYTEAは“ワンランク上”の台湾ティーブランドとして2016年に誕生し、世界6カ国と地域で13店舗を出店しています。…

「見た目年齢」を決めるのは? 第1位はアレでした【40~50代女性500人調査】

見た目で判断されたくないと思ったこともありますが、やはり「人は見た目で判断する」と痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。編集の仕事でも絶賛実施中の婚活でも初めて会うかたが非常に多いのですが、人とな…

#163 急な飲み会に、40代婚活の出会いはあるのか?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のソレとはだいぶ違うようだ。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動で出会いを求める……など、さまざまな婚活を続けている、OTONA SALONE編集長アサミ。ジェントルさんという恋人が…

いいねの嵐⁉ シンガポールの楽しい「写真映えスポット」4選

旅といえば、撮影したくなるもの。自分の記念にもSNSでのシェアにも、遊びゴコロのある面白い写真を撮りたくなりませんか?OTONA SALONE的シンガポールの面白い映えスポットをご紹介します!【シンガポールの4大映え…

なんて癒し! かわいすぎる「子猫カレンダー」で感じた5つの幸せ

なんて愛くるしいのでしょう! ふわふわな毛並み、まぁるい目、クリームパンみたいな手。見ているだけで自然と笑顔になってしまう子猫の写真。あぁかわいい、癒される、幸せ。OTONA SALONE編集長アサミ、実はここ数…

#162  47歳で恋人に「フラれた独女」の本音とは?【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めて約3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介……何度かくじけそうになりながらも婚活を続けている、OTONA SALONE編集長アサミ。一度はジェントルさんという恋人ができ真剣交際がスタートした…

美味しい&オシャレ! 大人のシンガポール「絶品グルメ」おすすめ4選

シンガポールはグルメ天国。せっかく行くなら、美味しくてオシャレなお店で優雅に食事を楽しみたいものです。写真もキレイに撮りたいですよね。プラナカン料理や、洗練されたモダンキュイジーヌ、定番チリクラブ……素…

#161 「恋愛維持力」がない 40代独女、3カ月でフラれる【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、まさに山あり谷あり……。。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介にも2年以上玉砕し続けていたOTONA SALONE編集長アサミ。しかし、ちょっとしたきっかけで知り合ったジェントルさん(49歳・バツイチ・…

当たる!スゴイと噂! シンガポール「最強パワースポット」3選

風水をもとに設計されている場所が多いというシンガポール。実は強力なパワースポットがたくさんあるのです。なかでもパワーがスゴイと評判の3大パワースポットをご紹介します。恋愛運、金運、仕事運……いろいろ開運…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事