あーめんどくさい!「マウンティングオバさん」効果的な撃退法

 

あなたの職場にいませんか?

自身が相手よりも「いかに優れているか」「より幸福か」「リア充か」を全力でアピールしてくるオバさん。

そして、相手が少しでも劣っているとみなすと、ただちに優位に立ったつもりになるオバさん。

それが「マウンティング」行為だということに、まったく気づいていないオバさん。

……えっ。まさか、それって私!?

マウンティングオバさんにマークされると……

『そのバッグ、ネットオークション? 同じの持ってるけど、私のは本店で買ったやつだよー』

Aさん(女性・37歳)の職場には、ほかに女性がたくさんいるのにもかかわらず、なぜかAさんだけをマークして張り合ってくるマウンティングオバさんがいるんだとか。

「私も本店で買ったんですけどね……」

職場ではプチプラ服を着回しているというAさん。そのかわり、アクセサリー・靴・バッグなどはブランドにこだわり、コーディネートの中に一点だけ取り入れるのが彼女のスタイル。

「基本好きなブランドのものは、海外旅行に行った時に本店で買うことにしています。これは自分だけのこだわりなので特に言う必要もないし、言い返しませんでしたが」

そんなことより、オバさんの『ネットオークション? 』という勝手な決めつけにモヤッときたと言うAさん。

「本店で買おうが、ネットオークションで買おうが、そんなことで優位に立ったつもりでいる意味がわからない」

“ワタクシはしょっちゅう海外に行ってるんザマスのよ”アピールなのでしょうかね?

「オバさんはいつもこんな調子。身に着けているものはもちろん、私のやることなすことに『あなたよりも私の方がスゴイんだから』といちいちアピールしてくるんです」。

過去の栄光にすがるマウンティングオバさん

Aさんが語るマウンティングオバさんのエピソードは、これだけにとどまりません。

「この前、ちょっといいレストランを予約しようと仲間で盛り上がっていたところ、例のオバさんが目をキラキラさせて話に割って入ってきたんです。

高級有名レストランの名をツラツラと挙げて、学生のころは羽振りのいい先輩からしょっちゅうオゴッてもらっただの、シェフがどうの、料理がこうのと……。

しまいには、当時つきあっていたヤンエグ(=青年実業家 ※死語です)彼氏の話まで。ノンストップ自慢話ですよ」

うーん、バブリー!

厳密にいえば、バブリーな人たちにぶらさがっていた人?

「しまいには『今の子たちは、高いお店は自分でお金出して行かなきゃいけないのかあ。時代が違うねぇ』と、しみじみされて」

『時代が違う』のひとことは、オバさんを自称しているようなものですね。

過去の栄光にすがるマウンティングオバさんはけっこういらっしゃるようで、他の方からもこんな意見をうかがいました。

「ミスキャンパスに選ばれたことがあるというマウンティングオバさん。当時の写真をずっと持ち歩いていて、ことあるごとに人に見せびらかすんです。

ティアラとガウン姿でほほえむ写真は、今のあなたと同じで色あせちゃってますが」(女性・45歳)

キツイ……。しかしそれも現実。

「過去にモテた」「昔はスタイルが良かった」など、今では確認のしようもない自慢は、マウンティングというよりも悲哀さえ感じるようです。

学歴マウンティングオバさん

さらにAさんは続けます。そうとう鬱憤がたまっていらっしゃいますね。

「オバさんは、人の学歴も気になるご様子で。私はもちろん、私の家族や彼氏、友達がどこの大学を出たかを聞きたがるんですよね」

よほど輝かしい学歴をお持ちのオバさんなのでしょうが、「人の学歴なんて別に興味ない」Aさんにとってはどうでもいいこと。

「適当に流したところで、また彼女の本当かどうかわからない学生時代の自慢ショーがはじまるんですよね。

ハイハイ、大学のサークルで知り合ったなんとかボーイの彼氏がいたんでしたっけね。弟さんは医大を出たんでしたっけ。お友達は日本一のあそこでしたよね。

一流の人とのおつきあいをしなきゃ、自分を高められないよ』だって。なんのアドバイスなんだか」

絵にかいたような華麗なマウンティングぶりに、ぐうの音も出ません。

効果的なマウンティング返し

マウンティングオバさんにさんざんマウントされてぐったりしているAさん。

しかしこの前、少しだけスカッとした出来事があったんだそう。

都心のマンションに住んでいる、というのもオバさんのマウンティング要素のひとつ。

この前も職場の飲み会の席でさんざんアピールしながら、『Aさんはどこに住んでるんだっけ? 』とマウンティングがはじまりました」

Aさんはスルーしていたそうですが、ここで同席のひとりが会心の一撃を食らわせたのです。

『Aさんのご実家って、目黒の方じゃなかったでしたっけ? 』

「私は今は別の場所でひとり暮らししていますが、実家の家族は祖父母の代からずっとそこに住んでいます。

自慢することでもないし、特に聞かれなければ話す必要ないと思っていたので、オバさんも知らなかったのでしょう」

さすがのマウンティングオバさんも、これにはすっかり黙り込んでしまったんだとか。

最後にAさんはこう語ります。

「他人の身なりや環境を自分のものさしではかり、勝手に評価して格付けするのは下品なことだと思います。

ですが、私もふくめて誰の心の中にもそういう部分は少なからずあると思うんですよ。

それを態度に出すか出さないかで、品格の差が生まれるんじゃないですかね」

ごもっとも。

マウンティング思考は、動物的本能でむしろ自然なことなのでしょう。

相手を評価するのは勝手ですが、「マウンティングオバさん」と思われないためには、Aさんがおっしゃるよう、他人と接する時の態度に気を付ける必要がありそうです。

また、効果的なマウンティング返しとしては、決して相手と同じ土俵に上がらないことでしょうね。

もっとも最強なのは、

「あとから考えてみたら、私に対するあの行為はマウンティングだったのかなあ? 」(女性・40歳)

普段からマウンティングという概念を意識していないことかもしれません。

スポンサーリンク

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

40代50代女性が選ぶ!「オバ髪を救う」シャンプーを発表【オトナ組アンケート】

【オトナ組Q】2回目は、オトナサローネ執筆陣「オトナ組」の皆様がリアルに自腹で熱愛しているシャンプーについて! 「特集オトナの髪悩み」でも皆さんのいろいろな悩み…

だから「実家へ帰省がイヤ」になる! リアル40代の叫び

お盆といえば帰省でしょうか。「実家に帰省したら、何をしますか?」というアンケートの回答が、実家に帰省したくない理由になってきてしまいました。そこであたらめて「実…

断捨離しすぎで大失敗…?おひとりさま40代が「捨てていいもの」は

断捨離やこんまりさんの「ときめき片付け」。これを実行してすっきりできた方々がたくさんいる一方で、大失敗した人々もいます。今回、リアル40代でも一人暮らしのメンバー…

職場の人間関係がストレスな40代に!「これでちょっと改善した」働く女性の5つの知恵

なんだかんだで、オフィスの最大の悩みは、お仕事そのものではなく「人間関係」! この悩みを避けるわけにいきません。そこで、働くリアルな40代に「オフィスの人間関係を…

40代半ばのみんなが始めた「更年期対策」は?食事、サプリ、漢方そして…

40代同士で雑談していると、30代の頃には出なかった話題が出てきませんか?代表的な言葉がまず「老眼」、たまに出るのが「老後」、そしてもう一つが「更年期」!一般的には…

働く40代女性がリアルに愛用している「通勤バッグ」4選

働く女性には使いやすいバッグが必要です。条件はあれこれありますが、40代になってくると、A4サイズが入ることをあげる人が増えます。そこでリアルな働く40代女性に愛用し…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎ…

飲み会での料理の取り分け、嬉しい?やめてほしい?40代の意見を調査したら

オトナサローネ執筆陣「オトナ組」に毎週1つずつ質問する【オトナ組アンケート】。今回は、食事や飲み会の席で起こる女性の料理の取り分け問題。実はとあるSNSでこんな投…

【男の本音】「おふくろの味」はもう古い!? 男性がまた食べたくなる愛され手料理とは?

しかし、令和です。「男性がよろこぶ女性の手料理といえば、“おふくろの味” 肉じゃが!」食の多様性が叫ばれる今日このごろ。はたして男性は、本当に女性の手料理に“おふくろの味”を求めているのでしょうか?男性が…

男性がイラっとくる!40代女性が言ってはいけない禁断のセリフとは?

「突然彼から連絡が来なくなった……」「別れを告げられた……」その理由に、なにか心おぼえはありませんか? ひょっとしたら、無意識に彼を「イラッ」とさせる禁断のセリフを浴びせてしまったのかもしれません。今回は…

【男性のリアル告白】男が陥落!モテる40代女性が見せまくっているもの

「40歳を過ぎてからも彼氏ができる女性」と「じゃないほうの女性」って、いったい何が違うの? 40代女性とお付き合いしている男性は、彼女たちの何に魅力を感じているの?これって、「じゃないほう」にとってはおそ…

年下男性が「カッケー!」と絶賛。職場のカッコいい40代女性の特徴

オフィスにいるカッコイイ40代女性って、どんな女性だと思いますか?「お仕事バリバリ」「コビない」「ブレない」。だいたいこんなイメージかもしれません。だけど具体的に何をすればカッコイイとされるのか? イマ…

【あなたは大丈夫?】もはや犯罪レベル!職場の超非常識オバさん

あなたのオフィスに潜んでいませんか?人の気持ちを土足でドスドス踏み荒らし、オフィスの秩序と空気を乱す、常識知らずのやっかいなオバさん。今回は、オフィスにひとりやふたり「いるいる! 」非常識オバさんの生…

【女性→男性のセクハラ】40代女性がやってしまいがちな【職場でのNG行動】とは?

「ほんの挨拶のつもりだったのに、大変なことになった……」あなたの普段の言動や行動は、相手にとってセクハラになっていませんか?または、職場のデリカシーのないオバさんを見て、「セクハラだなあ」と思ったことは…

みんなはどこまでしてる? 40代女性「おひとりさま行動」実態調査

あなたは“おひとりさま”で、どこまで行動できますか?かつては、女性ひとりというとなんとなく「さみしそう」「ぼっち感」のイメージが強く、行動を躊躇してしまう傾向がありました。さらに「女性ひとり温泉宿に宿泊…

【40代独女の恋】「私って都合のいい女?」男性の態度でわかる“本命度”とは?

自分にとっては「彼氏」カテゴリーに入っているはずの男性なのに……。なんかちょっと様子がヘン!?40歳を過ぎてから、男性とのお付き合い中にこんな不信感を覚えることってありませんか?若い時とは違い、40代の恋愛…

【飛行機あるある】機内をパニックに陥らせた40代女性の非常識行動って?

アテンションプリーズ!お客様の中に、迷惑なオバさんはいらっしゃいませんか?夏休みには飛行機を利用して、帰省先や国内・海外へお出かけになるという方も多いかと思います。普段めったに乗る機会のない飛行機って…

【要注意】実年齢よりオバ見え!40代がしがちな「真夏の間違った身だしなみ」

いよいよ本格的な夏の到来!ビールに花火大会に旅行に……。夏は楽しいことが目白押しで、とかく開放的になりますね。でも夏は、オバ化現象が顕著にあらわれる季節。暑いからといって、ココロも毛穴もオープンにしすぎ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事