【スピード婚】できる女性が「していないこと」って?

こんにちは。40代の婚活を応援する結婚相談所、SUN SUN CALLの婚活マネージャー野上今日子です。

 

これまで40代婚活の現状について、かなり辛口に書かせていただきました。確かに40代婚活は非常に厳しい状況ではあります。

 

しかし、だからと言って“ムリ”ではないのです。

 

40代、50代、そして60代でも結婚した人はたくさんいます。今回は、結婚相談所で実際に成婚した女性を例に、40代でも結婚できるタイプをご紹介します。

【40代の婚活塾#6】

 

 

必勝法はないが、「勝てるタイプ」はいる

婚活において、誰にでもあてはまる必勝法というのは存在しません。しかし、相談所婚活でわりとスムーズに成婚できるタイプというのはあります。

 

これは仲人の勉強会でも議題になっていたのですが、データに基づいているため非常に的を射ており、折れるほどにバシバシ自分の膝を打った記憶があります。

 

まさにそんな女性がサクサクと結婚していくのを、私自身何度も目の当たりにしていたからです。

 

年代によっても違いますが、40代女性で結婚できたタイプというのは…

 

アドバイスを受け入れる素直さがある
謙虚で控えめ
多くを求めない
ガツガツしていない
男性を立てることができる

です。

 

これらを見て分かるのは、大切なのはいわゆる婚活本に載っているような服装やメイクなどの外見、そしてお見合いでのトークのコツなどではないということ。

 

そう、もっと本質的なところ。いわゆる【人間力】の部分が重要なポイントとなっています。

 

しかし、ザックリしていて、イマイチピンとこないという人のために、まさにこの5つの条件を兼ね備え、あれよあれよという間にご成婚されたKさんのお話をしたいと思います。

 

 

アドバイスを受け入れる姿勢って?

 

 

Kさんは40代半ば。婚活のきっかけは知人の勧めでした。実はそれまでご家族の介護のため、夜勤のある仕事につき、昼は介護、夜は仕事という生活を続けていました。

 

しかし、介護をしていたご家族が亡くなった事をきっかけで、「もう少し自分自身の幸せを考えた方がいいんじゃない?」と言ってくれていた知人から、結婚相談所への入会を勧められました。

 

その時Kさんは、何も考えずにその勧めに従ったと言います。

 

「当時は婚活については全然考えていませんでした。しかし、その知人をとても信頼していましたし、このタイミングで勧めてくれたのには、意味があるのかなと…。

 

介護が終わって、なんとなくぼんやりしていたので、あまり深く考えずに言われるがままに…というのが当時の心境に近いかも知れません。

 

正直その時は、入会はしたけど結婚できなかったらそれでも構わないと思っていました」

 

と後におっしゃっていました。

 

プロから見た「我流を通さない人」とは

 

相談所婚活にとって、最初のステップとして非常に重要なのが、システムにアップする写真とプロフィールです。

 

写真はやはりきちんと写真館もしくは、プロのカメラマンに撮ってもらうのが断然オススメです。いえ、オススメどころか、マストでやっていただきたい。できれば、ヘアメイクもお願いして、撮影の段階でいつもの2割増しになるように仕上げます。

 

だたし、普段通りの自己流ヘアメイクで、撮影後の画像を2割増しに加工するのはNGです。写真を修整し過ぎると不自然になり、実際に会った時にすごく違和感を与えるため、“写真と実物が全然別人”となってしまいます。

 

しかし、撮影時にきちんとしたヘアメイクで撮影すれば実際に会った時に違和感がなく、「会社帰りだからメイクが薄めなんだな」ぐらいの感想になります。

 

Kさんのプロフィール撮影時にもそれをご納得いただき、あくまでもちょっとよそ行きぐらいのヘアメイクで、こちらがご提案したワンピースを着ていただきました。

 

とにかく、アドバイスにすべて笑顔で「ハイ」と答え、楽しそうに撮影されているKさんを見て、その時撮影を担当したプロのカメラマンは「この人は絶対にすぐに結婚できる」と感じたそうです。

 

よく「謙虚さを持て」と言うけど、具体的にどういうこと?

 

 

そしてプロフィール作成。

 

プロフィール作成は、ご自身でアピールポイントを書いていただく場合もありますし、苦手な方には、こちらがお話を聞いて、一緒に文章を考えて仕上げていく場合もあります。

 

その時に、Kさんは最初「特に趣味もないし、特技もない。何もアピールするものはありません」とおっしゃっていました。しかし、掘ったら出てくる、出てくる(笑)。

 

例えば、介護をしながらほかの家族のお世話もし(下は姉妹の子どもから上は祖父母まで)、3食それぞれの年代に合わせお食事を作っているとか。

 

それについては「料理は得意というか好きなだけです。メニューはその時の気分で」と謙遜されますが、いやいや、それを得意というのです。

 

 

いわゆる、冷蔵庫の余り物でちゃちゃっと系。一番料理が上手い人がやる事です。しかし、本人は食べる人の年代に合わせて3食作るのは当たり前の事だと思っています。

 

とにかく、自分がやっていることは特別な事ではなく、わざわざアピールするほどでもないと。

 

相談所に登録してから、慌てて料理教室に通い「料理は得意です。アクアパッツァとか、生ハムのサラダなどのイタリアンも作れます」と逆効果アピールをしてしまう人は多くいます。その謎のアピールにより、料理が不得意(もしくはほとんど経験がない)とバレてしまうとは気づかずに…。

 

また、夜勤で男性でも大変な力仕事をしていらっしゃるのですが「おかげで昼に家族の介護の時間が持てるので今の仕事につけて感謝です。すごくやりがいもありますし、やってみると案外楽しいですよ」とニコニコしています。現状に満足し、感謝する。これを謙虚と言わずなんと言いましょう。

 

その他、彼女は婚活している男性に刺さる部分を多くお持ちでした。

 

趣味は散歩をしながら、季節を感じる事 → 浪費家ではない。自然を慈しむ感受性を持っている。

晩酌のおつまみも得意 → 家飲みで夫婦の会話が楽しめそう。

仕事は続けたい → 結婚する相手の稼ぎを当てにしていない。計画的な人生設計が立てられそう。

旦那様をサポートしたいので、夜勤から日勤に変更は可能 → 自分の主張だけではなく、相手の希望も考慮するという柔軟な気持ちを持っている。

など。

 

特別な事はなくても、十分魅力的な女性だという事が伝わります。

 

ご縁が絶対逃げない人の「条件のなさ」はこのレベル

そして彼女が素晴らしかったのは、相手に対して、あれこれつまらない条件がないところでした。

 

見た目? 特にありません。どちらかと言うと、シュッとした感じより、ジャガイモみたいなゴツゴツしてるけど温かい感じの方がいいかも…」

年収? 私も働いてますし、無職じゃなければいいです」

趣味? ギャンブル以外なら、インドアでもアウトドアでも何が好きでもいいです。むしろ私の知らない世界を教えていただけたらうれしいです」

年齢? 婚歴? まったく気にしません。年上の方は頼りになると思いますし、再婚の方は一度大変な思いをしてらっしゃるので、次は一緒に幸せな家庭を築ければ」

 

「そんなのキレイごとだと思います!!! 本当にそんな謙虚な人がいるなら見てみたいわ!!!」とブチ切れのあなた。

 

そんな人がいるなんて信じられない気持ちは分かります。しかし、それを認めないと結婚は難しいかと。

 

実際、Kさんはいらっしゃいますし、Kさんのような方ほどアッという間に成婚します。

 

 

今回は「40代でも難なく結婚できるのはこんな人」のうち、「アドバイスを受け入れる素直さがある」「謙虚で控えめ」「多くを求めない」について、実際にスピード成婚された方の例をあげてご紹介しました。

 

次回は残りの2つ「ガツガツしていない」「男性を立てることができる」についてご説明します。

 

 

SUN SUN CALLは日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しています。

 

【合わせて読みたい】

【40代の婚活塾】ハゲは欠点ではなく進化系。そう思えるかどうかで選択肢が10倍に!

40代婚活に立ちはだかる「出産リミット」という壁【40代の婚活塾】

40代の婚活には「モテの常識が通用しない?典型的な4つの失敗【40代の婚活塾】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク