「わかめが髪にいい」のは本当?白髪って治るんですか?【ヘルスリテラシー#12】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。

よく、○○を食べたら白髪が治った!という話しを聞きますが、これは医学的に本当なのでしょうか。

 

 

いわゆる「髪にいい食べ物」は効きますか?

よく、わかめやひじきなどの海藻は髪を増やすと言いますが、これはちょっと疑問です。

 

黒い色からの連想で髪への効果を期待するのでしょうが、少なくとも色素部分は効いていません。

 

ただ、海藻に含まれる成分のうち、ヨードには甲状腺ホルモンへのよい影響が期待できます。そこでトータルな健康に何かしらのプラスができる可能性はあります。

そもそも「白髪が治る」ことはあるの?

白髪と薄毛はだいたい同時に進行します。毛髪サイクルの急激な変化が根底にあるからです。

 

薄毛は回復することがあります。というのも、毛髪はいちど抜けると休眠期に入り、半年から1年ほどを経てまた成長期にハリウのですが、この間にホルモン分泌が回復すれば薄毛は緩和される可能性があるのです。

 

が、白髪は別。白髪が治ることは考えられません。

 

そもそも白髪が生える時点で毛根のメラニン細胞産生システムがおかしくなっており、いちど白髪になったらもう戻らないと考えるのが妥当です。

 

治療はバランスをとる必要がある

女性に見られる抜け毛のうち、全体的に均一に毛髪が薄くなるびまん性脱毛症や分娩後脱毛症を治療する場合に、外用のミノキシジルのほか、内服でパントテン酸を使います。

 

薬剤名パントガールにビタミンBが配合されていることでもわかる通り、この内服を続けるとビタミンB全般の腸での吸収効率が悪くなります。

 

髪の毛よりも身体機能の更新に先に使われていくので不足すると考えられており、何かを治療する際には別の側面からも補っていく、統合的な医療が必要になります。

 

身体の変化は「レセプタがなくなる」ことで起きます。高脂血症を引き起こすコレステロールの増大も同様。酵素か受容体がなくなることで、身体に取り込める量が減っていくのです。

 

『ヘルスリテラシー』中村康宏・著 1,480円+税/主婦の友社

医師・予防内科医・米国栄養士・産業医・MPHホルダー(米国公衆衛生学修士)
中村 康宏先生

米国留学を経て、健康増進・健康防衛のための医療を提供すべく「中村康宏内科クリニック」を京都で開業。その後、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」を東京で開業。一般内科診療、アンチエイジングを追求する女性への美容医療、外国人の企業検診や訪日旅行客へのヘルスケアサービス、IT企業の社長へジムの運動メニューまで考える「顧問ドクター」、産業医として、企業のメンタルヘルスに関する相談などの予防に特化した医療サービスを提供している。無料相談会も全国各地で実施、ぜひお運びください。

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

白髪染め?カラー?美容師おすすめの40代ヘアスタイル別ケア

白く光る髪の毛がちらほら見えはじめると、一気に老けたような気持ちになりますよね。しかも白髪は元気なので、ピョンピョンと目立つのが厄介。染めてしまえば目立たなくな…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

40代、ニオイが変わった気が。加齢とニオイって関係あるの?【ヘルスリテラシー#14】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。40代も後半の更年期世代に入ると「自分の寝室がおっ…

40代は平均3年で3kg太る?太らない人がしていることって何?【ヘルスリテラシー#13】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく更年期世代から「太りやすくなった気がする」と…

40代の白髪と薄毛、その原因と対策は?【ヘルスリテラシー#11】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。今回は40代に入るころから増え始める白髪、そしてふ…

40代の「毛穴開き」に毛穴パックはOK・NG?正解は【ヘルスリテラシー#10】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。40代ともなると毛穴ケアは二の次にされがちですが、…

40代の8割にリスク?警戒が足りない「高脂血症」【ヘルスリテラシー#9】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。更年期以降は女性ホルモンによる守りが薄れ、様々な…

飲む日焼け止めって効くの?40代以降の「肌のケア」意外な盲点は【ヘルスリテラシー#8】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。今回は「飲む日焼け止め」など、経口で摂取する医薬…

できちゃったシミはあとから薄くできるの?どうすればいい?【ヘルスリテラシー#7】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。できてしまったシミをどうケアすればいいのか、正解…

40代女性の不調、気づいていない原因は意外にもコレ【ヘルスリテラシー#6】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。50歳を境に、骨粗しょう症が一気に進みます。40代の…

40代が食べたほうがいいもの、注意が必要なものは?【ヘルスリテラシー#5】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく「食べてエイジングケア」と言いますが、実際に…

いちどできたシワは、元に戻せる?戻せない?【ヘルスリテラシー#4】

こんにちは。「予防医学」を啓蒙するアンチエイジング医の中村康宏です。健康に関する正しい情報を使いこなす令和時代の概念「ヘルスリテラシー」を伝えています。よく「できてしまったシワを伸ばすだなんて、もう無…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事