【無印良品】新収納ボックス7品を試して判定!「ココがOKなら買い」4つの点は?

無印良品から新商品「ポリプロピレン収納ボックス」が登場しました。

無印の収納グッズはファンも多く、その新商品とくれば、チェックしている人も多いのではないでしょうか。
そこで新商品全7種類を購入して、実際にその使い勝手を試してみました。

無印「ポリプロピレン収納ボックス」の特徴

今回登場したボックスには、幅はレギュラー幅とワイド幅、高さは「中」と「深」があります。それにプラスして、幅に合わせたフタが2種類とインナートレーの計7種類。「ホワイトグレー」色はネット限定商品です。

高さ「中」 写真右)ワイド幅 左)レギュラー幅

高さ「」 写真右)ワイド幅 左)レギュラー幅

フタ 写真右)ワイド幅 左)レギュラー幅

インナートレー

そして、無印の新商品「ポリプロピレン収納ボックス」の注目ポイントは3つあります。

1、 ファイルボックスなどの収納用品が隙間なく入る仕様
2、 小物収納に便利なインナートレー
3、 ズレにくく積み重ねできる

これらを中心に、実際に使ってみてわかった使用感をご紹介します。

 

1、ピッタリ感は「深」タイプは〇。しかし「中」は△

写真左)PP収納ボックス 写真右)PPファイルボックス

「PP(ポリプロピレン)収納ボックス」に「PPファイルボックス」を入れて、そのフィット感をチェックすると、「深」タイプは、まさしくシンデレラフィット。ピッタリ気持ちよく収まります。

収納ボックスの中にファイルボックスがシンデレラフィット

しかし、「中」タイプは四方にすき間が。


残念ながら、「中」タイプには、期待していたフィット感がありませんでした。
ファイルボックスを入れてシンデレラフィットを狙うなら、「深」タイプがおススメです。

入れられるファイルボックスはノーマルタイプなら、ノーマル幅のファイルボックスが2つ。
ワイドタイプなら、ファイルボックスのワイドタイプが3つ、またはノーマル幅3つ+ワイドタイプ1つ、もしくは幅25cmタイプ+ノーマル幅2つがピッタリ収まります

 

2、これはいい!インナートレー

インナートレーの内側の深さは約5cm。
この深さは、とても使い勝手がいいように感じます。


ソフトタイプのティッシュペーパーがピッタリ入ったり


メイクボックス1/4やダイソーの積み重ねボックスの浅型も収納できます。
「深」タイプの収納ボックスサイズは、上部部分がデッドスペースになりがちな深さなので、このインナートレーを使うことにより、さらに多くのものを収納できそう。
また細々したものが下にもぐってしまうことを防いでくれ、わかりやすい収納ができますね。

 

3、同じサイズは積み重ねても安定感ある

そして、専用のフタには溝があり、ボックスの底部分の出っ張りと凹凸がぴったりはまります。

確かに積み重ねても崩れるような心配はありません。

ただ、サイズ違いのものを積み重ねると、ちょっぴり残念ポイントが。


こちらも溝にフィットして3方向ピッタリ感はあるのですが、中央部分にすき間が。
積み重ねるときは、同じサイズのものがおススメです。

4、 キャスターがつかない

一番の残念ポイントはキャスターがつかないこと。
PP収納ボックスの「ワイド」&「深」タイプは、おもちゃやクッション、紙袋、ゲーム類など、リビングをごちゃつかせるものをひとまとめに収納でき、フタをしめてしまえば、生活感を消せる使い勝手のいいサイズ。
いろいろなものが入れられるので、どんどん入れたくなってしまいます。

しかし入れすぎると重くなり、移動に難点が。
以前、同じくキャスターがつかないファイルボックスには、「キャスターもつけられるフタ」が登場して、使い勝手が格段によくなりました。
できたら、このポリプロピレン収納ボックスにもキャスターがつけられるようになることを願います。

 

新商品「ポリプロピレン収納ボックス」のまとめ

新商品「ポリプロピレン収納ボックス」は、フタがパチッととまり、凸凹の少ないシンプルな形なので生活感を隠す収納にはピッタリ。
とくにネット販売のみの中身が透けない「ホワイトグレー」は、おススメです。
ただ専用のキャスターがないので、移動に難点がありますが、棚に収納するためのボックスなど、移動させないものには適していると思います。
そして、ファイルボックスをシンデレラフィットさせたいのなら、「深」タイプ。
また、インナートレーは、細々したものの収納がとてもしやすくなるので、いちど使ってみていただきたいグッズです。

移動させる必要がないボックスをお探しなら、無印の新商品はおススメですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク