本気になって大後悔!40代独女が懲りた「思わせぶりな男性の態度」3つ

気になる男性と親しくなり、なんだかいい手応えと思っていたのに……告白したら「ごめんなさい」。

男性の思わせぶりな態度を真に受けて玉砕するなんて、悲しいですよね。

見抜けなかったのは私がいけないのか相手のほうが悪いのか、実際にどんな様子を見て40代独女はいけると思ったのでしょうか。

「好きじゃないならこんなことしないでよ!」と思わず叫びたくなる男性の振る舞いについて、ご紹介します。

 

「君だけだよ」って、私だけじゃなかった・・・

「ジムで知り合った年上の男性。

私が筋トレ中にマシンの使い方がわからずに困っていたら声をかけてくれて、それから仲良くなりました。

『いつも頑張っているよね』『もう少し負荷を上げても大丈夫かも』と親身になってくれて、私以外の女性と親しくしている様子がなかったので安心? して話していました。

ジムで会えばふたりで過ごすようになり、よく褒めてくれるから『お上手ですね』と照れ隠しで言ったら

『まさか、こんなことを言うのは君だけだよ』

と答えてくれて、ドキドキして。

それが、ジムの外でも会いたいなと思って勇気を出してお茶に誘ったら、

『ごめん、ジムで知り合った人と外で会うつもりはないんだ』

とバッサリ。

あとで知人に聞いたのですが、今までもそうやって仲良くなった女性はたくさんいて、でも仲が進展しないからみんな離れていったそうで……。

気がつけば周りに『次はあの子』という目で見られていたらしく、『君だけだよ』を真に受けた自分が本当に恥ずかしかったです」(40歳/経理)

 

★ 「え、じゃあ何で話しかけたり仲良くしたりするんだろう」と素朴な疑問を伝えたら、

「多分、そうやって自分になびく様子を見て楽しんでいるんじゃない?」

とこちらの女性は疲れた顔で言っていました。

ほかに親しくする女性がいないのは当たり前、入会してまだ間もなかった彼女が「ターゲット」にされたのかもしれません。

でも、遊ばれて傷つく前にジムの中で完結できて、これはこれで良かった気も……。

 

ふたりきりの食事は利用するため!?

「副業で特殊な仕事をしているのですが、あまり周りの人に知られるとマズいので、本当に仲のいい人たちにだけ伝えていました。

その中のひとりの友人が『本業も副業も頑張っていてえらいね!』とことさら褒めてくれて、お茶や食事に誘われるようになり、気がつけば好きになっていました。

副業についていろいろ訊かれるけどあまり詳しくは答えられず、それよりもっとふたりの話がしたいなと思って居酒屋に誘ったある夜。

趣味や家族のことなどを話題にしていたのに、突然

『それより副業について知りたいな』

と彼が言い出し、

『ごめん、規約もあるし詳しい話はできないの』

と何度めかの言い訳を返したら、

『せっかく食事にも付き合ってあげているのに、少しはサービスできないの?』

って、不機嫌な声が返ってきてさーっと血の気が引きました。

そうか、近づいてきたのは副業の仕組みを知るのが目的だったんだと気が付き、彼が『応援しているから』と言うのを本気にしていた自分が悲しくなって……。

それ以来彼とは連絡をやめ、彼は周りの人に私のことを『ケチな女』とか言っていたようだけど、うかつに話さなかったことだけは本当に良かったと思います」(35歳/美容師)

 

★ 「おお、うん、どっちがケチなのかこっちも言いふらしてやろうか」と思わずいきり立ってしまったのがこちらのケース(もちろん彼女のためにそんなことはしません)。

応援しているフリをしながら、狙いは自分に心を開かせて儲け話を知りたいだけなんて、どんだけ最低なんだよと思います。

彼女は意思が強く、副業も真剣に取り組んでいたからこそ、男性を好きになってもしっかり線引きができていました。

そのおかげで大切な情報は知られずに済みましたが、こんな下心のある男は早い段階で気がつくのが正解ですね。

 

褒めたり交際をにおわせたりしておいて

「同じプロジェクトに携わったのがきっかけで、年上の上司を好きになりました。

ふたりきりで残業する日も多く、バツイチの上司が『疲れたら誰かの手料理が食べたくなる』と言うので次の日におにぎりの差し入れを持っていったり、上司のほうから『LINEを交換したい』と言ってくれたり、脈アリかな? と思っていて。

離婚して以来、特定の彼女を作ってこなかったのは噂で聞いていたので、『定年退職したら付き合ってもらえませんか?』って冗談っぽく言ったら『いいよ』と笑ってくれて、もっと気に入られたくて仕事も頑張っていたつもりです。

プロジェクトは無事に終わり、打ち上げのときに酔ったはずみで上司に『好きなんです~』と軽く言ったらはぐらかされたのですが、帰宅後に

『ごめん、部下をそういう目では見られないから』

とLINEがきて、返信しようと思ったらすでにブロックされていました。

一気に酔いが冷め、定年退職後に付き合う話とか、私のおにぎりを食べて『普通の料理が食べてみたいな』と言ったこととか、いったい何だったんだろう、と呆然となりましたね……。

でも、友人に話すと『都合よく受け取りすぎ!』と言われてしまい、やっぱり私がおかしいのでしょうか?」(43歳/営業)

 

★ うーん、男性の言葉は社交辞令の範囲ともいえますが、みずからLINEの交換を持ちかけたり料理を褒めたり、プライベートなつながりを先に作ったことを考えると、罪深いなと思います。

会社では以前と同じ態度で接してくれるのが救いではありますが、彼女のほうはすっかり落ち込んでしまって仕事にも身が入らないそう。

悪い噂のある男性ではないようですが、その場限りの甘い言葉で女性の心を乱したり一方的にLINEをブロックしたり、決して良い男とはいえません。

忘れることは難しいかもしれませんが、もっと誠意のある男性と出会えることを、心から祈っています。

 

 

下心があって思わせぶりな態度を取る男性は多いですが、その気にさせておいて女性が振り向いたら関係を断ち切るような人は大問題。

その正体を知るまでが長いと振られたときに受ける傷もより深くなってしまうので、違和感を覚えたときはいったん距離を置いて彼の真意を探るのが賢明です。

ですが、人を好きになれる情熱だけは忘れたくないもの。

つらい思いをしたからこそ、次の恋愛はその倍は幸せになれるような男性を見つけたいですね。

 

【あわせて読みたい】

・「えっ嘘でしょ!?」40代独女が呆然とした【恋愛経験値の低い男性】とのデート

・【ああ、勘違い】てっきり君もその気かと。男性が40代独女に振られた原因とは?

・恋愛ベタの40代独女でも彼が出来た!男性に刺さる「好き」の伝え方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク