【コンビニおやつ】ダイエット中でも罪悪感無しのおすすめ4品

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

少し体を引き締めたいとき。「食べたらいけない」と思えば思うほど、そして遠ざけるほどに近付きたくなるのが“おやつ”。

おやつは、本当にいろいろなところから誘惑してきますよね。特に気を付けたいのが、仕事の合間や帰宅途中にフラッと立ち寄るコンビニエンスストア。「買ったらダメだ」、いえ、買ってもよいギルトフリーなおやつもあるのです。

今回は、コンビニエンスストア大手チェーン『セブン-イレブン』から4商品を紹介していきます。

 

「アップルマンゴー」

南国フルーツの王様的存在・マンゴー。スーパーや果物売り場でないと買えない、皮をむくのが面倒と簡単に食べられるものではないと思われがちですが、『セブン-イレブン』の冷凍食品売り場で買うことができるのです。

「アップルマンゴー(72kcal)」・・・186円・税抜

アップルマンゴーは、果肉が柔らかく甘みが強いのが特徴。その特徴をそのままに冷凍したのがこちら。凍ったままシャーベットのように食べるのもよいし、自然解凍させてマンゴーのねっとり感を楽しみながら食べるものよいでしょう。

一口サイズにカットされているので手間いらずで食べられるし、β-カロテンとビタミンCの強力タッグで美肌作りにも期待できます。

いちごやぶどう、メロン、グレープフルーツなどもラインナップしているのでチェックしてみては。

 

「もち麦チョコレート」

続いては、ギルトフリー感を一気に高めてくれる“もち麦(パフ)”を使用したこちら。

「もち麦チョコレート(230kcal)」・・・118円・税抜

もち麦と言ったら、腸内環境を整える食材として注目を集めていますよね。それは、水溶性食物繊維・大麦β-グルカンの働きによるもので、ほかにも糖の吸収を抑える働きにも期待されています。

「もち麦チョコレート」を食べることでこれらの効果が得られるとは言い切れないものの、罪悪感を減らしてくれるのは確か。

フワッと軽いなかにもち麦パフのサクッとした食感、チョコレートは甘すぎず大人の味わいです。

 

「もち麦もっちり! ぷちもち豆乳チーズ」

もうひとつ、もち麦商品を紹介しましょう。

「もち麦もっちり! ぷちもち豆乳チーズ(254kcal)」・・・128円・税抜

一口サイズの食事パンではありますが、先にお伝えしたもち麦が使われていること、食物繊維が4.6g(レタス約1個分)も摂れることからギルトフリーであると言えるでしょう。

コロンとした可愛らしさに、一口食べたら驚くモッチモチ感。このモチモチは本物、癖になります。チーズの香りも強すぎずナチュラルで〇。必要以上に食欲をそそられすぎることもありません。

しっかりめにおやつを食べたい、なんてときの代用にいかがでしょうか。

 

「有機むき甘栗」

最後は、自然な優しい甘さを楽しむことができる「有機むき甘栗」。

「有機むき甘栗(107kcal)」・・・118円・税抜

スーパーなどでも昔から販売されているむき甘栗ですが、この食べきりサイズは嬉しいですよね。一袋食べても107kcalと、「ホットカフェラテR」の92kcalと比較するとさほど高カロリーには感じないでしょう。

ヨガのレッスンのあとは決まって添加物不使用だけど甘いものを口にしたくなる筆者ですが、「有機むき栗」はまさにそれ。原材料は有機栗のみ、安心して素材の味を楽しむことができます。

※ 開封後は当日中に食べるようにとのこと

 

フルーツやパンも含みましたが、どれも「食べたことを大きく後悔させない」ものばかり。おやつ断ちがストレスになる人は、ギルトフリーなものを上手に取り入れながら体作りをしてみてはいかがでしょうか。

ただし、ギルトフリーだからと言って食べすぎる・毎日食べるのは……控えましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク