【肩こり】イスに座ったままでOK!「肩甲骨ストレッチ」で肩こりも垂れ乳も解消

 

こんにちは。デスクワーク専門ストレッチインストラクターの青柳です。かつて10年以上のデスクワークで身体の不調のデパートだった私が、ゼロから学びなおして知った健康ハックをお伝えします。

デスクワークでガチガチの大胸筋が肩こりの原因!?

バストアップのために大胸筋を鍛えている方、けっこう多いのでは。特に、上の写真のようなエクササイズは手軽にできるし人気ですよね。私もよくやっていました。

腕立て伏せをするのも、大胸筋を鍛えるには効果的です。胸や腕がもりもり硬くなっていくので、やった後の満足感や達成感もありますよね!

しかし、実はこの大胸筋のトレーニングが肩こりを悪化させる可能性があるのです。

パソコン作業をするとき、キーボードを叩くために腕を前に出しますよね。肩から腕を持ち上げて前に出すとき、大胸筋や上腕二頭筋などが働いています。

長時間この姿勢を続けていると、これらの筋肉はずっと緊張しっぱなしで、血行不良を起こしてしまいます。これが、肩こりに繋がります。

大胸筋は既にガチガチになっているのに、さらに負荷をかけるような運動をすれば、血行不良がますますひどくなってしまうのです。

デスクワークで肩こりに悩んでいるなら、大胸筋は鍛えるよりもむしろほぐしておくべきところです。

そこで今回は、硬くなった大胸筋をほぐすストレッチと、鍛えなくてもバストアップに効果的な肩甲骨ストレッチの2つをご紹介します!

どちらも仕事の合間に肩こり解消できますので、ぜひやってみてください!

肩こりには胸と腕を伸ばしてスッキリ!

下の動画は私がTwitterに投稿したものです。

腕を伸ばしてイスの背もたれに手をかけ、そのまま前を向きます。手を置くときの向きに注意してくださいね。

縮こまっていた胸や腕がぐいーんと伸びて、単純に気持ちいいです!

肩こりのない人でもパソコン作業をした後はみんなにやっていただきたいくらいオススメです。

どうしても腕立て伏せなどで大胸筋を鍛えたい!という人は、筋トレの後にこのストレッチをセットでやりましょう。イスの背もたれの代わりに壁を使ってもOKです。

肩こりも垂れ乳も「離れた肩甲骨」を戻して解消!

パソコン作業中に腕を前に出していると、肩甲骨が外側に引き離されていきます。この姿勢を続けると小胸筋が縮こまって血行不良を起こし、やはり肩こりの原因になります。

また、肩甲骨が離れるせいで、背中が横に広がって丸まり、太って見えます。

さらに前から見ると、肩が前に出てしまっているせいで胸がしょぼんと垂れて見えるのです。

デスクワークの肩こり解消や垂れたバストを上向きにするには、小胸筋をほぐすことが効果的です。

小胸筋は大胸筋の内側にあります。肩甲骨を動かす筋肉が胸にあるって、けっこう意外じゃないですか?

下の動画のとおり、腕を斜めに上げて、後ろに倒しましょう。小指が前を向くようにするのがポイントです。

小胸筋がゆるむと呼吸もしやすくなります。イライラしたときなんかにもオススメですよ!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク