今すぐやめて!炭水化物オンリーランチで「腸がカビだらけ」に?【50歳になる前にやめること#2】

オトナサローネの読者のみなさん、こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。

 

私は、幼い頃から病気で苦しむ母親の姿をみて、人生を思う存分に謳歌する為には、健康な心身を維持することが不可欠だと痛感し、医師人生を通して日常でできるヘルスケアを啓蒙するようになりました。

 

この連載では、人生100年時代の折り返し地点、50歳になる前にやめたい悪習慣についてお伝えしていきます。

 

今回は、女性がやりがちな食習慣の怖いお話です。

 

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」#2

 

女性がコンビニで選ぶランチは「炭水化物オンリー」になりがち

ランチタイムのチョイスは、パン、パスタやうどんなどの麺類、おにぎり。働く女性のつかの間のランチタイムや、自分のためだけだからと手を抜きがちな主婦のランチタイムは、とかく、炭水化物に傾きがち。

 

お手軽だし、何より、美味しいんだもん!

 

それが、本音ですね。

さらに、お昼なら太りづらいからOK!と自分に許すスイーツを追加しようものなら、もう「糖質祭り」です。

炭水化物が「やめられない、止まらない」のはなぜ?

かく言う私も、そもそもは炭水化物・糖質ラバー。

お肉はなくても、炭水化物さえあれば生きていけてしまいます。

それに、あんこものも大好きですから、最盛期は、食パン一斤、赤福餅1箱をペロリと美味しく頂いていた時期が、ええ、ありましたね。

 

やめられない止まらないは、皆さんご経験済みかと思います。

そう、依存症になるのですよ。

食べたら、もっともっと食べたくなります。やたらに、お腹も空きやすくなって食欲も上がります。

しまいには、渇望レベルに欲するようになり、それ無しには生きていけなくなります。

「腸内のカビ」が脳の誤作動を引き起こす

実は、炭水化物・糖質中心の食事は、腸内のカビ・カンジダ菌が喜ぶエサになります。

カンジダといえば、女性の膣の病気というイメージですが、実は誰の腸内にも暮らしています。普段は大人しい酵母カビの一種なのですが、大好物の炭水化物をたくさん与えられると、悪玉菌化して、腸内で大繁殖します。

このカンジダ菌が依存症をもたらす原因になります。

カンジダ菌が食べ物の中に含まれる糖などの餌を食べて作り出すのが、アラビノースと言う糖類の一種と酒石酸やシトラマル酸と言う有機酸の一種です。

難しい名前は、覚える必要はありません。

アラビノースは、血糖値を上げづらい糖質で、甘味料の一種でもありますが、血糖値が上がらない割には血糖値を下げるインスリンも分泌します。

その為、低血糖を起こしやすいメカニズムがあります。

また、酒石酸やシトラマル酸などの有機酸は、細胞内でエネルギーを生み出すミトコンドリアのTCAサイクルという回路のフマラーゼという酵素を妨害して、エネルギー産生を妨げます。

体内で低血糖を引き起こし、細胞でエネルギーを作ることが妨害されると、体が電池切れのような状態になります。

食後に、体が怠い、重い、疲れやすい、頭が回らないなどの症状がサインです。

すると、脳が、

電池切れ!
→生命の危機!
→もっとエネルギー源を補給しなきゃ!
→糖質を摂らなきゃ!

という誤った指令を送り、さっき食べたばかりなのに、もっと炭水化物・糖質が摂りたくなる負の依存スパイラルを引き起こしてしまうのです。

アメリカでは一般に知られるカビの害

こうしたカンジダ菌の働きは、残念ながら日本の医学ではまだ一般的に知られていません。
不調があって病院に行っても、一般的な検査では検出ができないので、食事やカンジダのせいとは言われず、原因不明のままになってしまいます。

一方、アメリカでは、こうしたカビによる不調は一般的に知られていて、スーパーマーケットでも、カンジダ菌の除菌に使うハーブ類のサプリメントが販売されているほどです。

この分野の権威である、アメリカのグレートプレインズ研究所では、カンジダが分泌するアラビノースや酒石酸、シトラマル酸などが検出できる有機酸検査カンジダの抗体が調べられる検査を実践しています。

こうした検査は、「バイオロジカル検査」と呼ばれますが、日本でも、研究所所長のウィリアム・ショー博士から学び、これを扱うクリニックでは、アメリカに検体を送る検査を受けることが可能です。

バイオロジカル検査」で検索してみて下さい。

依存症からの脱却方法は?

これを回避するには、炭水化物・糖質だけのランチをまずやめること。

カンジダ菌は、エサである糖質が増えると喜んで増えますが、エサが減ると勢力が減り、大人しくなります。
大人しければ、恐るるに足らず。
単なる大人しい酵母カビの一種ですから、悪さはしません。
十分に、共生することが可能です。

どちらかといえば、おかずをモリモリ食べてお腹いっぱいにしてから、主食は最後に、ご飯1杯程度まで。

食物繊維が少ない白い穀物、つまり、白米やパスタ、うどん、白いパンなどは、血糖値が上がりやすい上に、その反動で低血糖も起こしやすいので、同じく脳の誤った指令を後押しします。

選ぶなら、血糖値が上がりにくい食物繊維が豊富な黒い穀物として、雑穀米や蕎麦、ライ麦パンなどを選ぶのがマルです。

ご褒美スイーツも、急にやめられなければ、まずは半分にしてみましょう。
急にゼロにすると、離脱症状から反動で過食してしまうリスクもあります。
依存症からの脱却は、徐々に徐々に。

 

■編集部より/11月11日 より正確に内容が伝わるように、詳しい説明を追記致しました。

【ネオヘルスケアドクターLISAの「50歳になる前にやめる100のこと」、週1回、土曜の夕方に配信!】

文/内科医・認定産業医 桐村里紗

tenrai代表取締役医師。1980年岡山県生まれ。2004年愛媛大学医学部医学科卒。内科医・認定産業医。治療よりも予防を重視し、最新の分子整合栄養医学や生命科学、常在細菌学、意識科学、物理学などをもとに、執筆、webメディア、講演活動などで、新しい時代のライフスタイルとヘルスケア情報を発信。著書『日本人はなぜ臭いと言われるのか 体臭と口臭の科学』(光文社新書)ほか。

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

年齢に抗うことをやめてみた|50歳までにやめること

オトナサローネの読者のみなさん、こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。この連載では、人生100年時代の折り返し地点、50歳になる前にやめたい悪習慣についてお伝えしていきます。今日…

パンをやめたら夫婦関係まで改善?「グルテンフリー」のすごいメリット|50歳までにやめること

オトナサローネの読者のみなさん、こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。私は、幼い頃から病気で苦しむ母親の姿をみて、人生を思う存分に謳歌する為には、健康な心身を維持することが不…

「お昼は菓子パンだけ」な人が知らずに招くヒサンな末路|50歳までにやめる100のこと

オトナサローネの読者のみなさん、こんにちは。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。私は、幼い頃から病気で苦しむ母親の姿をみて、人生を思う存分に謳歌する為には、健康な心身を維持することが不…

今すぐ!40代のうちに「引き算」すべき悪習慣とは?|ドクターLISAの【50歳になる前にやめる100のこと】

オトナサローネの読者のみなさん、はじめまして。「予防医療」のスペシャリストで、医師の桐村里紗です。私は、幼い頃から病気で苦しむ母親の姿をみて、人生を思う存分に謳歌する為には、健康な心身を維持することが…

汗や足のニオイ、頭皮の悪臭、そして口臭。身体のイヤ~なニオイの対策方法は?

内科医師でありながら“におい専門家”としても活動している桐村里紗先生に、更年期世代が気をつけるべきニオイの話しを教えてもらいました。前編は「更年期世代に変化するニオイ」について。この後編では具体的なケア…

どうして更年期世代は「ニオイ」が悪化するの?内科医が原因を詳しく解説

とりわけ更年期世代の女性は「体臭、汗のニオイ、口の中がクサくなる」という話し、聞いたことがありませんか?どうせいつものオバサン煽りだと聞き流しているなら、ちょっと待った! もしかしてあなたの「ニオイを…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事