好きなものは食べられないと思え! 美容部員・女の園でのサバイバル術

こんにちは。ヨガインストラクター兼ライターの高木沙織です。

みなさんは、「女の園」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか? 華やかでいいニオイがして、優しい笑い声なんかも聞こえてくるような……? 残念ながらそれは、完全に表向きの姿でしょう。

今だから言いますが、美容部員から航空会社での勤務を経て読者モデルをかじらせてもらってきた筆者、女の園が大の苦手です。

 

気に入られなきゃブランドごとスルー

今回は、最初の就職先であった外資系化粧品会社(A社)での“女の園の洗礼”についてお話ししていきましょう。

本社での研修を終えると配属先の店舗にて現場に出るようになるのですが、覚えなくてはならないのは商品のことだけではありません。コスメ売り場には、多くのブランドのカウンターがズラリと並びます。そして、そのブランドのスタッフの方々との付き合い方も学んでいく必要が。

特にチーフクラスのラスボスたちには何が何でも嫌われてはいけないという鉄の掟は避けては通れません。

というのも、当時筆者が勤務していた売り場では、買い物に来てくれたお客様に自社の商品のほかにも他社のブランドを紹介、案内までする(全社ではありませんが)という謎のルールがあったから。あ、嫌がるお客様にはしませんよ。

だけど、このルールのおかげでそれぞれに売り上げが立つことも多く、決して悪いものではありませんでした。パッと見ではみんな仲良く、ブランド間のギスギス感やマウンティングも緩和されていたように感じたくらいです。

ただ何が怖いって、ラスボスの誰かひとりに嫌われてしまうとひとたび自分のブランドのカウンターは総スルーされるようになるということ。「今日、B社はあの子が出勤なの? じゃあやめておきましょう」みたいな。

在職中は何度もこのようなシーンを見てきましたが、なんと筆者はひっそりと無事に嫌われることなく過ごせたのです。

それは……。

 

「何食べたい?」の正解アンサーとは?

では、ラスボスたちに嫌われなかったのはなぜなのか。

他社同士で好きだ、嫌いだなんてそこまで関わり合うことはないでしょう? いいえ、食事休憩になると全ブランドのスタッフ(早番・遅番に分かれています)が一緒に同じ店に行ってテーブルを囲まなくてはならないというルールがあったのです。そこでの過ごし方は非常に重要。だってそこには必ず、どこかのブランドのラスボスが複数名いるから。

筆者が現場に出て先輩たちから業務を教わっているときに、こんな一言がありました。

「食事の集合がかかると“何食べたい?”って聞かれるけど、答えは託すこと」、と。ドキドキしながら総勢10名ほどのその輪に加わると、早速「高木さんは何食べたい?」。何とか絞り出した答えは「まだお店がよく分からないので、○○さん(その日のラスボス)のオススメのところに連れて行ってください」、これが正解でした。

ラスボスたちは頼られることが好き。そして、自分たちの好きなものを絶対に食べたい(笑)のです。

 

食事中は日光・三猿方式で


いざ、レストランに入るとラスボスたちが席に着き、それから先輩、最後に新人が座る……前に全員分の水を用意。ブランドに関係なくです、意外と体育会系でしょう。

さあ、ここで残念なお知らせです。本来なら自分が食べたいものを自分のペースで楽しみ、心が休まるはずの食事休憩。すでに、好きなもの→食べられない、自分のペース→周囲に気を使い、合わせる、心の休息→緊張感しかないと、むしろ業務中よりも疲れるのがこの時間。

ラスボスたちに嫌われないためには、食事中は日光・三猿方式を適用して乗り切ります。

・必要以上にラスボスを「見ない」

→恐らく誰でもそうですが、食事中のラスボスはその姿をジロジロ見られるのを嫌がります。

・自分の意見は「言わない」

→後から、「あの子があんな事言ってたわよ」とあらぬ噂を立てられます。

・人の悪口は「聞かない」

→女性が集団になると何かしら・誰かしらの悪口大会になります。一緒になって悪口を言っていたと思われないためにも聞こえないふりをしておきましょう。

退屈そうに見せないためにも、軽く微笑みながら頷くのも〇。

 

こんな感じで女の園の洗礼を受けた筆者。どの会社でも人間関係は悩ましいところですが、女の園はまたちょっと特殊なのです。

最後に……、「ラスボス怖い」と思われたかもしれませんが、頼りになる素敵な方々でしたと付け加えさせてくださいね。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

コスメ新製品で一触即発! 美容部員、女の園でのサバイバル術

こんにちは。ライターの高木沙織です。女の園で働くみなさん、明日からの仕事のことを考えて憂鬱な夜を過ごしていませんか? 仕事内容が嫌というよりも、人間関係が独特な世界だと……ね。わかります、筆者も美容部員…

肩甲骨がほぐれると、体内のパワースポットも活性化!絶対試すべき肩甲骨ほぐしとは?

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。年々体のコリを感じやすくなるのは仕方がないこと。確かにそうではありますが、体の機能低下によるものだけがコリの原因になるわけではないのです。今回はちょっぴ…

肌が1段垢抜ける!新人美容部員が叩き込まれるマル秘洗顔術

こんにちは。ヨガインストラクター・ライターの高木沙織です。最近ではヨガや食事についての記事を中心に執筆していますが、ライターとしてのスタートは10年前。それも、美容ライターとして月40本近くの原稿を書いて…

アラフォー世代はモレやすい? あの部分を締めて引き上げると得られる嬉しいこと

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。クシュンとくしゃみをした瞬間に尿が漏れる。これ、アラフォー世代の女性に多い悩みのひとつです。ちなみに、「たまたま勢いよくくしゃみが出たから」だなんて言い…

眠れない夜に試してみて!ヨガ講師が教えるぐっすり気持ちよく眠れるコツ3選

こんにちは。ヨガインストラクター・美容ライターの高木沙織です。グッスリと眠れなかった翌日、心身のコンディションは大きく変わってきますよね。実は、『OTONA SALONE』読者のみなさんは年齢やホルモンバランスの…

【コンビニおやつ】ダイエット中でも罪悪感無しのおすすめ4品

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。少し体を引き締めたいとき。「食べたらいけない」と思えば思うほど、そして遠ざけるほどに近付きたくなるのが“おやつ”。おやつは、本当にいろいろなところから誘惑…

【100均ダイエット】よく効く!3通りに使える!話題の300円アイテムをヨガ講師が使ってみた

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。「暑さが和らいできた!」と安心したのも束の間。食欲の波がジワジワと音もなく押し寄せてきていますよ。幾度となくこの季節の移り変わりを経験してきたオトナサロ…

眠れない夜、どうしてる? 不眠ライターがす~っと気持ちよく眠れたのはこの方法だった!

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。旅行や出張などでホテルに宿泊するとき。すぐに眠りにつける方もいれば、明け方になっても寝つけない、眠りが浅くて何度も目が覚めてしまうという方は多いのではな…

グーンと伸びてめっちゃ気持ちいい!【腸腰筋ほぐし】で美くびれ作り

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。年齢を重ねるにつれてボディラインの変化……、いいえ、この際ハッキリと言います。“ボディラインの崩れ”が気になり始める女性が大多数を占めるようになりますが、「…

【罪悪感ゼロ】残業帰りの22時はセブンに寄り道!ヨガ講師が食べてるギルトフリーな夜食4選

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。残業が終わり、疲労を感じながらの帰路で思うこと。「あー、お腹空いたな」。だけど、作る気力なんてないし、そもそも遅い時間だし。何か食べるかどうか迷うところ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事