結婚はあえて選択しません! 40代の「長続きカップル」意外な共通点って?

昨今は、カップルの関係にも、多様性が顕著。出会いから交際、結婚、出産……と、いわゆる“お決まり”のパターンにハマらずに、自分たちなりのスタイルを貫く男女も増えてきました。

40代カップルでも、長く交際を続けながら、あえて“結婚”の形は選択しない人たちも珍しくなく、むしろ戸籍に縛られることのない関係性によって、ラブラブを長続きさせているパターンも!

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、40代で3年以上の交際歴をもつ長続きカップルたちにありがちな共通点に迫ります。

 

40代の長続きカップルにありがちな共通点1:互いの交友関係に干渉しない

40代に限らず長続きするカップルほど、いい意味でお互いに干渉し合わずに、ある程度“自由”の幅をもたせて、交際を続けているもの。

そして、私がヒアリングしたり実際に見てきた40代長続きカップルは、その中でも特に“交友関係”に関して、お互いに干渉し合わない傾向が顕著です。

40代は仕事でも脂が乗っている時期ですし、これまでの経験から趣味の仲間なども、それぞれの世界があるカップルが少なくないだけに、ここでお互いが口出しすると窮屈な関係になりやすく、長続きできなくなるのではないかと感じます。

「あの人とは距離を置いてほしい」や「異性とは連絡をとらないで!」など、相手の交友関係に口出しする関係も珍しくないものの、ラブラブ期を過ぎると、窮屈さばかりが強調されがちですし、相手に内緒で友人との付き合いを続けたくなるのも心理。それだけに、ここで自由が確保されていると、居心地のいい関係になりやすいのでしょう。

 

 

40代の長続きカップルにありがちな共通点2:会えない時間が長くとも平穏

交際を開始した当初は、日をあけずにデートを繰り返すカップルも多いものの、ある程度関係がこなれてくれば、自分の時間や生活スタイルを優先したくなるのも多くの人が抱きがちなホンネ。

特に、仕事に遊びにと脂が乗ってくる40代は、恋愛ばかりに時間を割いていられない人も少なくなく、むしろ「恋愛よりも優先すべきことがある」が本心な人も多いのが実情ではないでしょうか。

だからこそ、会えない時間が多少あっても、動じずに平穏な関係を続けられるカップルは、やっぱり長続きする傾向に。

私が知る交際4年目の40代カップルの何組かは、1ヶ月以上デートをしない日があっても「連絡さえ、とれればなんてことない」と語っていて、度量の大きさを感じました。

ここで不安になり「私たちって、なんなの?」「気持ちが冷めたの?」などと騒いでしまうと、面倒な話し合いへと発展し、不穏な空気が生まれがちなのも否めません。

相手への信頼度も関係しそうなものの、お互いが恋愛至上主義ではないことも、長続き40代カップルになるためには不可欠と言えそうです。

 

 

40代の長続きカップルにありがちな共通点3:理想を押し付けない

恋人同士になって時間が経ち、お互いに気心知れた仲になってくると、つい無意識にでも相手に理想を押し付けてしまいがちに。

「彼氏なんだから、これをしてくれて当たり前」「彼女だったら、こうしてくれるはず」などの期待が、そのまま押し付けになってしまうパターンもあります。

40代カップルに限った話ではありませんが、相手に理想を押し付け始めると、片方は居心地の悪さを感じつつ関係性に自信を失うのも常。そして、40代の場合には、お互いにそれなりの恋愛や結婚経験を有しているケースが増えてくる背景から、反発心も強くなりがちなのは確かです。

だからこそ、相手に自分の理想を押し付けないよう気を配っているカップルほど、長続きしている傾向が。

私が見てきた40代長続きカップルの多くが、いわゆる一般的に言われている“カップルなら、これをすべき!”とはかけ離れた、その人たちなりのやり方やルールが確立していて、それが自然体で付き合い続けるのに不可欠な要素でもあるのだろうと感じる次第です。

「相手のありのままを受け入れる」など、言葉にするとありふれたテーマでも、実践できている人は少ないのも現実。ここにもまた、長続きの秘訣が潜んでいるのは間違いありません。

 

若い頃には多くの相手との恋愛を楽しんできたとしても、40代の恋愛では「長続き」や「安定」を目標にしたい人も多いはず。婚活にも崖っぷち感が出やすい年代と言われていますが、長く続く安定した関係を築けている大人カップルほど、相手のスタイルを尊重し、自分のスタイルも崩さないうえで信頼関係を構築している傾向が顕著と言えそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク