逆に太って見えてるかも!? 勘違いしがちな4つの「着やせ」ルール

巷でよく言われる「着やせ」コーディネート。単純にこれさえ実行すればやせて見えると思っていませんか? 実は、取り入れ方によっては逆効果になることもあるので要注意なんです。街でもよく見かける、着やせ狙いの着太りさんがやりがちな勘違いコーデをご紹介します!

  勘違い1.「黒」は引き締め効果バツグン!

→面積が大きいと迫力ボディになる可能性大

黒のロングコートにグレーのニット&スカートを合わせたコーデは、重く圧迫感があるのでNG。アウターを明るめカラーに変えて、コーデにメリハリをつけるのが正解です。

 

着やせを狙って、とにかく黒のアイテムに頼っていませんか? 多くの人が「とりあえず迷ったら黒を選べば、着やせは完璧」と思いがち。しかし、コートやロングカーデ、ワンピなど面積の大きいアイテムを着てしまうと、抜け感がないのでひたすらもっさりと重たく見えてしまうので要注意なんです。

黒を着る場合はどこか1アイテム、面積は少なめに。全体的に取り入れたい場合は、チャコールグレーやネイビー、カーキなどニュアンスのあるダークカラーを選ぶか、黒ベースでも柄の入ったものがおすすめです。

 

勘違い2.手首&足首を出して細さを強調!

→だからといって他をビッグシルエットに頼るのはNG

いくら細い部分が見えていても、ビッグシルエットのボリューム感で太見え確実。ニットをハイゲージに変えて、前だけインすれば細見え&脚長効果もプラスされます。

 

首、手首、足首だけ出しても、ウエストを感じられない服では太って見えます。たとえば、長めのニットでお尻まで隠しながらウエストゴムのワイドなパンツやスカートを履いてしまうと、腰の位置も下がりスタイル良くは見えません。

今はこういったエフォートレスなコーデが主流ですが、たとえばビッグシルエットのニットなら丈を短めにする、ワンピースなら細いベルトをプラスするなどの工夫が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FASHIONに関する最新記事