知らない間に間違えてる?恥をかかない「新年の挨拶」3ポイント

いよいよ今年も残すところあとわずか。明日から新年ですね。お正月の準備は整いましたか?もう旅先の人、今から出かける人も多いでしょうね。

今日は、新年早々失敗しない、挨拶の注意点を簡単に紹介します。

ばったり会うのが誰であろうと、新しい年最初の挨拶、幸先良く上手にできたら素敵ですよね。

何はなくともまずは笑顔。明るく楽しい一年のスタートです

新年にふさわしく、まずは笑顔でいきましょう。どんなに素晴らしい挨拶も笑顔が伴っていなければ、相手に伝わりません。また、笑顔になると、口角があがり、自ずと言葉もはきはきしてきますし、声のトーンもあがります。瞳も大きくなりますから、明るい印象を相手に与えます。新年の挨拶は笑顔が要です。

 

その1 まずは新年の挨拶を

 

「明けましておめでとうございます」
まずはこれですね。敬語表現にした方がいいかどうかですが、確かに「謹んで新年のお慶びを申し上げます」などの丁寧なものもあります。しかし、女性が直接挨拶する場合には、シンプルが一番。そして、ゆっくり丁寧に言いましょう。ましてや次の言葉に焦ってつなげるようなことはしないようにしましょう。

「明けましておめでとうございます。旧年中は……」

とどんどん続きを言ってしまう人がいますが、むしろ相手の頷きを待つぐらいのつもりの方が、ゆったりして好感が持てますね。「明けまして」までは相手の目を見ながら言い、「おめでとうございます」はゆっくりときちんと頭を下げながら言うとよいでしょう。

また「明けましておめでとうございます」と全て言い終わってから頭を深々と下げる方法もあります。こちらはより礼儀正しい印象になります。鏡の前でどちらも練習しておき、挨拶をする相手によって使い分けてもいいと思います。

 

その2 つぎにお礼

 

「昨年(さくねん)は大変お世話になりました」
親しい仲にも礼儀ありで、友だちが相手でもこのお礼の言葉を添えるとぐっと印象は良くなりますね。自分が言われても気持ちの良い言葉は、相手にも伝えたいものです。

具体的に「昨年は、○○の件で、大変お世話になりました」のように、何でお世話になったかも添えると、お互い関係性が思い出されて嬉しいものです。

 

そして3つめは、お願い

 

「今年もどうぞよろしくお願いいたします」

この時にもう一度ゆっくり頭を下げます。「今年もどうぞ」あたりまで相手の顔を見ていると良いでしょう。こちらも、全部言い終わってから頭を下げるという方法もあります。

 

 

自己紹介を入れるとしたら?

勤め先の立場がずっと上の人、子どもの大学の教授など、こちらは相手を良く知っているけれど、相手がそうでない場合もありますよね。そのような場合、どのタイミングで名乗ったら良いのでしょう。それはもちろん最初です。その前に、相手が本人であるかどうか確認も必要です。
「○○会社の○○様でいらっしゃいますか? わたくし○○部の○○です。」
「○○大学の○○先生であられますか? 息子が○○大学で勉強しております○○学部の○○と申します。」

このように、相手を確認した後、自分の立場を名乗ると良いでしょう。そのあと、新年の挨拶を添えます。

 

3点セットを笑顔で渡すだけ

どうでしょう?意外とシンプルでびっくりしたのではありませんか? こんな小中学生レベルの言葉ではなく、もう少し気の利いた大人っぽいものが良いと思うかもしれませんね。
しかし、言葉は盛れば良いというものではありません。挨拶で一番大切なのは、相手が誰であれ、敬意と親愛を示すことです。シンプルな言葉ですが、きちんと心を込めて伝えてみましょう。小難しい言葉よりもずっと伝わりやすくなると思います。

 

「明けまして」はいつまで?

新年の挨拶をするのは、松の内、正月七日までです。関西では十五日までとするところもあります。それ以降の挨拶については、いくら今年初めて会ったと言っても、「明けましておめでとうございます。」はつけない方が良いでしょう。
3点セットのうち、最初の「明けましておめでとうございます。」を除き、それを詫びた挨拶に置き換えれば大丈夫です。つまり「こんにちは」などと普通の挨拶をしたあと、
「新年の挨拶が遅れてしまいまして申し訳ございません。」
「昨年は大変お世話になりました。」
「今年もどうぞよろしくお願い致します」
この3点セットですね。

それではみなさん、よいお年をお迎えください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

参拝前にこっそりチェック! これだけはおさえたい初詣のマナー3つ

新年あけましておめでとうございます。みなさんはこの記事をどこでご覧になっているでしょうか。初詣に行く前だったらラッキー!な情報をお伝えします。誰と一緒に参拝する…

51%が誤用している日本語「役不足」。正しい意味とは?

謙遜のつもりで使っているのに、実は大変無礼な言葉があります。その代表例が「役不足」。「このたび、大役を仰せつかりました。私には役不足で、果たして務まるのかどうか…

お花はNG⁉ いまさら聞けない「お見舞い」マナー新常識

40代になると、知人や親戚、会社の上司や同僚などの入院先にお見舞いへ行く機会もでてきます。お見舞いは、大人としてのマナーが問われる場面でもあります。そして昔からお…

知らないと恥をかく! 「親の葬儀」のお布施イマドキの相場

葬儀の際に寺院に包むお布施。「お気持ちで」と言われても、まったく見当がつかないですよね。今時の相場とは? 親の生前にしておきたい3つのコト日本で行われる葬儀の8…

まさか「感謝です」なんて言ってない?NG敬語の3パターン

ビジネスシーンで「まじリスペクトっす!」なんて言うのは冗談だとして、「感謝です」「ファイトです」「しばらくです」というような、敬語でも何でもない言葉を言っていませんか?中高生ならまだしも、社会に出た人…

「助かります」は実は失礼?軽率な日本語の2つのNG

最近、立場が下の方から、このような文が入ったメールが届きました。「先生のその姿勢、見習いたいな、と思いました。」私は、ちょっと違和感を覚えたのですが、私情も入るのかと思い、こっそり他の方に聞いてみたと…

まさか「行けれる」なんて言わないよね? 教養のなさが見えちゃう「れ足す言葉」って?

「れ足す言葉」という、言葉があります。「ら抜き言葉」は有名なので、ご存じの方も多いと思いますが、「れ足す言葉」とはいったいどのような言葉なのでしょうか。可能を表すのに、ついつい「れ」を入れてしまう「れ…

「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。みんなは「やめて…

「ご利用できます」なんて書いてない?恥ずかしい呼びかけの日本語7選

「ここは、休憩所としてご利用できます」「このコピー機は、会員様でしたらいつでもご利用できます」「この駐車場は弊社に訪問の際、いつでもご利用できます」そんな掲示物を、店頭や掲示板、看板などでよく目にしま…

「ご出席された」でいいの?丁寧すぎる日本語のNG

丁寧過ぎることを「馬鹿丁寧」と言いますが、時々出席する会議に、馬鹿丁寧に話をする方がいらっしゃいます。「次の議題でございます。内容に関しましてはお手元の資料にございます通りでございます。検討事項に関し…

「させていただきます」はNG!丁寧すぎて逆に無礼な敬語7選

敬語に自信のない人が、丁寧に話をしようとすると、ついつい過剰な言い方になってしまいます。言葉の初めには何でも「お」や「ご」をつけたらいい、文の最後には「れる」「られる」をつければいい、そんな感覚でいま…

ギクッ、「お願い致します」は間違い?メールでやらかすうっかり敬語

「お願いいたします」と「お願い致します」は何が違うと思いますか?私は小学生と大人と両方で、文章の書き方などを指導していますが、小学生の生徒はきっとこう言うでしょう。「先生、まだ『致』という漢字を習って…

丁寧なつもりで微妙に失礼な「ございますか?」の使い方って

「いらっしゃいます」という便利な言葉があります。相手の行動などに付けて尊敬の意味を持たせられますよね。「いらっしゃる」は、「来る」「行く」「居る」「ある」の尊敬語なのです。まずは「いらっしゃいます」に…

みんな間違えてる「ご存知」「ご存じ」。どっちが正解?

「このことを知っていましたか?」という内容を相手に聞きたい場合、敬語表現としては、次の二つが考えられます。 このことをご存知でしたか? このことをご存じでしたか?さて、どちらが正しいでしょう。正解は「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事