【40代編集長の婚活記#181】出会ってすぐ旅行へ誘う彼。その理由とは?

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年半。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、バーで出会い探し……。いろいろやってもゴールはまだ遠い。

知人のヘアメイクさんから紹介された、起業家・50歳・筋肉男子のジムさんと会ってみたところが……⁉ この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

最初から、ちょっと違和感

最初から、ちょっと違和感はあった。料理のオーダーから、突然の筋トレ教室から、ものすごい筋肉愛の話から……。会ったばかりではあるけれど、ちょっと引いていた。自分とはかなり違うものを感じた。

さらに元カノが19歳年下ということでダメ押しをくらう。

でも、NGなところばかり見てちゃいけない、相手のいいところを見つけていかなきゃ! これは、3年半の婚活のトライ&エラーでわかった、自分なりの婚活教訓だ。

自己管理ができる、仕事はちゃんとしてる、明るくてフレンドリー……。ジムさんのいいところを心の中であげていた。

そんな矢先、突然にジムさんが言ってきた。

ジム「あの、一緒に行ってもらいたいところがあるんです」

 

一緒に行きたいところって?

今日の2軒目のことかと思いきや、そうではなかった。できるだけ早いほうがいいというので、夜、飲みにいけそうな日程を出したら昼間から行きたいと言う。

アサミ「昼からとなると、土日になりますけど」

ジム「じゃ、土曜日で」

アサミ「ちなみに、どちらへ?」

ジム「鹿児島」

アサミ「え、鹿児島!?」

どういうこと? 今日だってまだ一緒にいて楽しいとまでは思えていないのに、いきなり旅行? しかも鹿児島?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク