【九星フラワー占い】五黄土星の2月は「スマートなイケメンとご縁!」

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、この2月はこれから始まる2020年の金運アップを左右する鍵となる1ヵ月なので、【2/4~3/4の運勢を総まとめ】には、そのポイントをご紹介しました。
ここでは星ごとに、月の運気とあわせて、今年のお守りとなるラッキーアイテムについてもお話していきます。

※五黄土星の生まれ年は1959年、1968年、1977年、1986年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

忙しすぎて心配になっても、それが運気アップの証

 

1月は不調に悩まされた人も多かったのではないでしょうか。

体調は悪かったろり、思いがけないイレギュラーな出費があったり、孤独感に苛まれたり……。

2月に入ると、その不調は抜けてくるはずです。

まずは体調から回復していくのではないでしょうか。

それにともなって、やらなくてはいけないことがどんどん見えてくるし、人からも声がかかってきます。

忙しくて、なかなか手があかない状態に、不安になるかもしれませんが、大丈夫! これこそ運気が上昇している証です。

 

メールでの連絡はスムーズ&スマートが大切

声をかけてくれる人は、身近な人から、遠くにいる人、遠い立場の人、または、今までご縁がなかったような人になっていくでしょう。

こうしてご縁が広がっていきます。

例えば頼まれたひとや提案がすぐにはできないことでも、返事、とくにメールは丁寧に返しましょう。

メールに限らずですが、今月は「感じよく親切な雰囲気」が大切です。

実際に細々面倒が見られなくても、雰囲気さえよければなんとかなります。

 

うまく行かないことは、今がそのときではないだけ

想像していたような成果は得られないかもしれませんが、あてが外れるものこそ、諦めてはいけないものなので、

今後、再度チャレンジすることになると覚えておいてください。

その時期はすぐではないので、焦ったり、うまくやろうと力が入りすぎ、ついイライラしてしまう、ということのないように。

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運は、異性との出会いも増え、華やかになりそうです。

外国人の男性や異業種の人、スマートなハンサムさんが多そうで、きっと楽しく過ごせるはず。

いまいちモテないと思ったら、笑顔が足りていないのです。

金運は、悪くはありませんが、何か報酬などがある場合、期待していたほどではなく、少々がっかりするかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、グリーンとイエロー。あてが外れてがっかりしても、立ち直る元気をくれるカラーです。

また、2月4日以降、自分のために初めて買うものの色をブルー系にすると、それが1年間、お守りの働きをしてくれます。

ラッキーパーソンは、面倒見のいい、姉御肌、母性本能が強い女性です。

甘え下手な人も、彼女たちを頼ってみてください。きっと力になってくれます。

ラッキーフードは広島焼き、麺が入ったお好み焼きです。

人と一緒に食べるとより親しさが増しますし、一人で食べても人脈運をアップさせてくれます。

青ネギをトッピングすると◎です!

 

蓮の花が象徴する五黄土星の魅力とは

五黄土星は、9つの星のなかでもっとも運が強いと言われています。
その力の源は、良い物・美しい物だけでなく、悪と言われる物、汚れた物さえも受け入れる度量、器の大きさによるものです。
暗くて、その中に何が含まれているのか見ることもできない泥沼、けっして美しくはないその場所に咲く美しい蓮は、とても五黄土星的な花だと言えます。五黄は決して愛想はよくないけれど、仲良くなってみると愛情深く、生まれながらの姉御肌でもあります。
仏教で蓮は知性や慈悲の象徴とされ、その花言葉は「清らかな心」、「雄弁」です。
※全体の運勢を知りたいひとはこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク