【40代編集長の婚活記#24】年下にモテる秘訣は「アレがない」こと

恋人いない歴7年、44歳のアラフォー独女であるOTONA SALONE編集長・アサミがリアル婚活模様をお届けしている【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会ったアラサーのオシャレ男子・メンノンさんとデートすることになったのは、とある金曜の夜。

サクサクッとカジュアルなンノンさんのペースにのせられて会話を楽しんでいると、いきなり「僕、アリっすか?」とメンノンさんが告白してきて……⁉ これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

会って2回目なのに、突然の告白!

待ち合わせしてから1時間ちょっと経ったころ、そのときはなんの前触れもなく、訪れた。

メンノン「いきなりっすけど、アサミさん、僕、アリっすか?」

アサミ「!!!!!」

あまりに突然な告白に、言葉を失う。アリっすかってナニが!? ワイングラスを持ったまま固まる。

メンノン「びっくりしましたよね、スミマセン。アサミさん、僕のタイプなんです。ダメっすか?」

グイグイくるメンノンさん。アリとかダメとかって、付き合うとかそういう話……だよね!?

アサミ「アリもナシも……まだ何とも……」

メンノンさんは明るくて素直でやさしいし、可愛いとは思う。今日のこれまでの時間、楽しいと思っているし。でも、さすがにこれだけでは何とも判断できない。それに……ちょっと引っかかっていることがないわけでもない。

非モテな40女だけに、慣れていない恋愛には慎重になってしまう。20代、30代のころのようにノリや勢いでは行けなくなった。

 

結婚前提の恋人を探す、アラサー男子

メンノン「僕、チョー結婚願望強いんです。ただ付き合うとかそーゆーの求めてなくって」

アサミ「うん」

メンノン「結婚前提で付き合う女性を探してるから婚活パーティに参加してたんですよ。アサミさんもそうですよね?」

アサミ「まぁ、そうね……」

言われてみればそうなんだけど、何回か会って気が合うとか思わないと、付き合うとか結婚とかまでは考えられない気がする。婚活中な40過ぎのくせにやたらのんびりとした恋愛・結婚観。

メンノン「婚活パーティでは第一印象で気になってたんです。だから最初に隣の席に座ったんです」

確かに、婚活パーティで最初に話しかけてくれたのはメンノンさんだった。

メンノン「話してみたらサバサバしたお姉さんって感じで、僕のタイプだなと思って」

アサミ「ありがとう……」

まっすぐな瞳で「僕のタイプ」だなんて……! 生まれてこのかた一回も言われたことなかった。どうしよう、めちゃくちゃ照れる。あー、どうしよ。ドキドキドキドキ……脈拍が早くなるのが自分でもわかる。すっかり、メンノンさんのペースだ。

 

40女に興味を持った理由は?

メンノン「彼氏いない歴どのくらいなんですか?」

アサミ「えーと、7年くらい」

メンノン「マジっすか???」

アサミ「マジっすよ」

メンノン「信じらんない。なんでですか?」

アサミ「なんでって、モテないから」

メンノン「選んでるんでしょ?」

アサミ「選ぶどころか。ニーズ自体がないもん」

メンノン「えー⁉ それは嘘でしょ」

アサミ「嘘じゃないよ。友達が証明してくれる(笑)」

メンノン「アサミさんって、カッコつけないのが……逆にカッコいいっすね!」

アサミ「何それ」

メンノン「彼氏いない歴7年とかサラッと言っちゃったりして、ヘンなプライドがないっていうか、潔いっていうか」

ふーん、そう思うんだ。でもまぁ、40歳くらいからそうなったかもしれない。30代の頃はヘンなプライドがあった気がする。いわゆる“四十にして惑わず”なのかな。今はもう、カッコつけることさえめんどくさい……って、どんだけめんどくさがりなんだ。

 

女子力アピール、アラサー男子には不評⁉

アサミ「それは褒め言葉だと思っていいのかな? ありがとう」

メンノン「婚活パーティのときも“そんなに料理しない”とか“休みの日は家でのんびりしてる”とか、言ってたじゃないですか」

アサミ「事実だからね」

メンノン「ほかの女性って、やたら料理上手アピールしてきたり、ヨガとかジム通いとかの自分磨きアピールする人が多かったんですよ」

アサミ「ステキじゃない」

メンノン「いや、なんか頑張っちゃってる感があって、僕はあんまり。女子力アピされると疲れちゃうってゆーか」

アサミ「そういうもんなの?」

メンノン「アサミさんって、そういう頑張っちゃってる感がないってゆーか、すっごいナチュラルってゆーか。女子力アピールの真逆のことをサラッと言ってて面白いなーって」

アサミ「頑張っちゃってもいつかバレるからね。ズボラ人間なだけです」

メンノン「ズボラ人間? どういう風に?」

それ、聞いちゃう? でもまぁ、いいか。メンノンさんが素直だから、私も素直に言っちゃおう。おつきあいをするかしないか決める前に、ぶっちゃけて話しておいたほうがガッカリされない気がする。おつきあいするなら、一緒にいて頑張らなくていい関係性が大切だと思うから。でもどうだろう、メンノンさんドン引きしないかしら……。

 

 

【メンノンさんと一緒にいる心地よさを感じてきたアサミ。40女のズボラ話をついに告白!? 来週水曜17時をお楽しみに!】

 

【続きはコチラ】

 

【前回はコチラ】

 

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事