【40代編集長の婚活記#25】結婚できない 独女のダメ生態とは 

ぼっち街道まっしぐらの44歳アラフォー独女、OTONA SALONE編集長・アサミによる【アラフォー編集長の婚活記】。2回目の婚活パーティで出会ったアラサーのオシャレ男子・メンノンさんとのデートは、会話もはずんで楽しい雰囲気に。

素直な年下男性は可愛いなぁと思い始め、つきあうことも意識して自分の“素”を話しはじめた……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

アラフォー独女のズボラな生態

メンノン「ズボラ人間? どんな風に?」

ちょっと首をかしげながら質問をしてきた。なにげに仕草も可愛いな、コイツ。ちょっと女子っぽいけど。そしてアパレル勤務のオシャレ男子なだけに、キレイ好きだろうな。これから話す私のヒドイ生態にドン引きしないだろうか。ま、引かれたら仕方ないけど。

アサミ「たとえば、あんまり料理しないからキッチンがキレイだったり、冷蔵庫がガラガラだったりする」

メンノン「前も言ってましたね。でも忙しいからでしょ?」

アサミ「それもあるけど、そもそも料理が苦手」

メンノン「気持ちいいくらい女子力アピールしないですね。でも、それズボラと違いません?」

そうか、メンノンくんは料理好きなどの女子力アピールはむしろ苦手だって言ってたね。じゃ、もうちょっとヒドイ話しちゃおう!

アサミ「疲れて帰ったときはね、メイクも落とさず、お風呂も入らず、着替えもせずにベッドに入って寝たりする」

メンノン「それはズボラですね(笑)」

アサミ「しかもそれ、たまにじゃないよ。わりと日常茶飯事」

メンノン「意外っすね。ちゃんとしてそうなのに。でも完璧な人なんていませんから」

お、引いてはいない。許容範囲が広そうだな。じゃ、もういっちょ話してみよう。

 

どこまで引かないか言ってみよう!

アサミ「ひどく酔っぱらって帰ったときは、朝起きたらベッドで全裸になってる」

メンノン「なんすかそれ?」

アサミ「起きるとね、ベッドから玄関まで服が点々……と脱ぎ捨ててあるんだよね。激しく酔っぱらっておうちに帰ると開放されたくなるみたい」

メンノン「ヒドイですね(笑)」

アサミ「天気の悪い土日とか、一歩も外出せず、誰とも会話しないまま終わったり」

メンノン「出不精なんすか?」

アサミ「天気がよかったり、気分がよければ出かけるんだけど、気分が乗らないとプチ引きこもりになる」

メンノン「それはなんか、わかります!」

これも引かないんだ。。。ズボラ度MAXなエピソードを話すとだいたいの男性はドン引きするんだけどな。アラサー男子・メンノンさんは笑って聞いてくれている。しかも「わかる」って! あー、なんかこういう男性なら、一緒にいてラクかも。そういう人なら一緒にいても心地いいかもしれない……。

 

次のデートに誘ってきたメンノンさん

メンノン「お休みの日ってあんまり出かけないんですか?」

アサミ「7割くらいはダラダラしてるかも」

メンノン「基本は土日休みなんですよね? 平日は休めたりしないんですか?」

アサミ「休めなくはないけど……」

メンノン「僕、アパレルのショップ勤務じゃないですか。だから土日や祭日は正直なかなか休めないんですよね。そういうのって気にします?」

正直言うと、付き合う相手は休日が合う人のほうがいい。相手に求める条件のひとつにはなっていた。でも、もしかしたらそんなに重要なことではないかも……。

メンノン「じゃ、来月とか平日休み取ってくださいよ」

アサミ「なんで?」

メンノン「一緒に行きたいところがあって」

アサミ「行きたいところって?」

メンノン「笑わないですか?」

アサミ「笑わないよ」

メンノン「僕、ディズニーランド行きたいんです!」

なんて王道な……! 気持ちいいくらいにベタで王道だ。なんだか微笑ましくて、ちょっぴり口元がゆるんでしまう。

 

年下男子だから? 素直に甘えてくるのが可愛い

メンノン「あ、笑ってる!」

アサミ「笑ってないよ。可愛いなと思って」

メンノン「あ、ガキ扱いした!」

アサミ「そうじゃなくて、素直でいいなって」

メンノン「僕、ディズニー大好きなんですよ。でも最近全然行けてなくて」

アサミ「忙しいから?」

メンノン「違います。ディズニーはデートで行きたいんです。友達とかじゃなくて」

アサミ「どのくらい行ってないの?」

メンノン「3年くらい行ってないです。イコール彼女いない歴なんですけど」

アサミ「へー、そうなんだ」

意外! 素直でやさしいオシャレ男子なメンノンさんだから、モテそうなのに。モテる、モテないの基準ってわからないものだ。イケメンとか、やさしいからといってモテるとは限らない。逆に、そうでもなかったりするのに謎にモテるたりする人もいるしね……。

 

メンノン「じゃ来月、平日にお休み取ってディズニーデートしてください!」

ニコッと満面の笑顔で誘ってくれたメンノンさん。なんて素直! なんてストレート! まっすぐ過ぎでちょっとまぶしい……けどメンノンさん、可愛いかも!

 

 

【メンノンさんの素直な可愛さに惹かれ始めた? ディズニーデートはどうする、アサミ? 来週水曜17時をお楽しみに!】

 

 

【続きはコチラ】

【前回はコチラ】

 

スポンサーリンク

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴【40歳独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

【40代編集長の婚活記#172】だからフラれる!「キミは一人で大丈夫」3つの理由

40代の婚活は、そう簡単には進まない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年以上、一人の男性とのお付き合いがスタートしたと思いきや、たった3カ月でフラれて終了。しかし、捨てる神あれば拾う神あり? …

46歳は曲がり角⁉ 生理周期や量に異変あり【100人の更年期 #18】

Sponsored By 小林製薬どうも生理周期の様子がおかしい‥…。それに気づいたのは約1年前、46歳のときでした。ちょっと前までほぼ規則正しくやってきていたのに、あるとき気づいたのです。「あれ、生理が2カ月来ていな…

[PR]

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事