あさイチで話題!おりもののニオイや量など、アソコのお悩みQ&A

おりもののニオイや量など陰部の悩みを抱えている女性は少なくありません。NHK『あさイチ』女のホケン室での取り上げられたおりものや陰部の悩みについて、番組でもコメンテーターをつとめた、よしき皮膚科クリニック銀座院長・吉木伸子先生の著書『女の不調が消える本』から、トラブル対処法をQ&A形式でお教えします。

Q そもそも「おりもの」は何のためにあるんですか?

おりものは、やや粘性のある無色透明から白っぽい液体で、子宮頚部や膣からの分泌物や、子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合ったものです。下着の汚れの原因になるなど、ネガティブなイメージがありますが、女性の身体を健康に保つために大切な役割をしています。

ひとつは自浄作用。細菌が膣内で繁殖するのを防ぐ役割。おりものの働きで膣の中はpH4.5~5.0の弱酸性で保たれており、デーテルライン桿菌という「善玉菌」が大腸菌やカンジダ真菌の増殖を防いでいます。

また受精を助ける役割も持っています。精子をおりもので包み込むことで、卵子までの移動をサポートしてくれます。

 

Q おりものの量が多いのが悩みです。

A トイレに行くたびに洗っておりものをとってしまったり、トイレットペーパーでごしごしふきとったりすると、陰部にはかえって負担になります。おりものはさわらず、そのままにしておいたほうがいいのです。

 

Q 量が多いので、パンティライナーを使っていますが…。

A おりもの用のパンティライナーが普及していますが、極力使わないようにしましょう。紙の繊維の刺激で外陰部の皮膚が傷つくことがあるので、ショーツだけのほうがいいのです。ショーツは蒸れないように綿素材がベストです。トイレットペーパーやティッシュなどを折りたたんで陰部にはさむ人がいますが、それは論外。紙の刺激は薄い陰部の粘膜に負担になります。紙をはがしたときに紙の一部が皮膚に残ったりして、不潔になる原因にも。

 

Q 年々、陰部が黒ずんできている気が。年齢のせい?

A ペーパーで強くこすることで陰部を傷つけて雑菌がつきやすくなることもありまうし、また、こする刺激を長年続けていると、陰部が黒ずんだり陰唇がシワっぽくなることもあります。皮膚をこすると黒くなったりシワができるのは、顔も陰部も同じ。スキンケアの基本は、こすらない、強くさわらないことです。

トイレで排尿後にふくときは、ペーパーを押しあてるようにしましょう。排便後もあまりこすらないように。強くこすると肛門周囲の皮膚が傷ついてしまうこともあります。また、肛門部から膣のほうへ向かってふいてしまうと、便に含まれていた菌が膣について、カンジダ症などの膣炎を起こすことがあるので気をつけましょう。

 

Q 陰部のにおいが気になります。膣の中まで洗ったほうがいいの?

A お風呂で陰部を洗うときは注意が必要です。膣の中まで石鹸などで洗うのはNG! 膣の分泌物を洗い流すとかえって雑菌がつきやすくなるからです。外の部分だけをやさしく洗いましょう。洗わないのも不潔になるので、石鹸で1~2日に1回洗うほうがいいでしょう。

最近はデリケートゾーン用の洗浄剤も売られています。普通の石鹸で洗うとしみたり刺激を感じる人は、それを使うのもいいでしょう。ただし薄めて泡立ててから使うこと。液状の洗浄剤を薄めずに陰部につけることは、かえって刺激になります。

 

Q 恥ずかしい話、陰部がかゆくなることがあります。

A きついガードルやデニムなどで締めつけていませんか? 薄い陰部の皮膚には負担になります。長年の間にはそのような刺激が蓄積して、皮膚がシワっぽくなったり、痛みやかゆみを起こすこともあるので気をつけましょう。気をつけてケアしていても、特に閉経後は年齢とともに陰部の皮膚が薄くなり、分泌物も減ってくるため、痛みを感じる女性が増えてきます。そのような場合は早めに皮膚科か婦人科を受診しましょう。

何かの菌に感染している可能性もあります。たとえばカンジダ症。カンジダは真菌の一種でカビのようなものです。カンジダ症の症状は、まずは膣や外陰部にムズムズしたかゆみが起こり、ひどくなると白いカッテージチーズ状のおりものが出て、発酵したようなにおいを発します。カンジダは性交渉によるものよりも、自分自身の免疫低下によるもののほうが多数です。疲れたりストレスがたまったりして、免疫力が下がったときにカンジダが繁殖してしまうのです。

性交渉がなくても雑菌がつくことはあるので、症状が長引く場合には、婦人科で菌の検査を受けることも必要です。

 

こうしたデリケートゾーンのことのほか、頭髪、体毛など、さまざまな女性の悩みの解決法を、吉木先生が教えてくれます。友達にも効きにくいこういう悩みこそ、本って頼りになりますよね。

 

女の不調が消える本

書名:『噂の女医がこっそり教える女の不調が消える本』
ジャンル:美容
著者: 吉木伸子 著
ISBN:9784074034710
出版年月日:2016/06/01
定価:本体1,200円+税
■ご注文はこちらから■
アマゾン(リンク)
honto(リンク)

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

「洗濯物が臭う」「汗をかくとシャツが臭くなる」……そんな人に朗報!新洗濯機

きちんと洗って干しているのに、なんだか洗濯物が臭い。ちょっと汗に濡れたらだんだん嫌な臭いになる。そんな悩みがある人に、原因から直す対策です!

足汗で「足、臭いっ!」って言われるその前に カンタンに出来る対処法

ここ数日、フローリングを素足で歩くとペタペタと音がしませんか? なぜって? それもこれも、足汗のせい。多汗症の私にとって、足汗は季節を問わず放出されるもの。なので…

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはあり…

「洗濯ものが臭い」理由は?根本的に臭いの原因をなくす7つのテク

きちんと洗って干したはずなのに、この夏も洗濯物が臭くなった人。いろいろ対策してるのに、もう何をしていいのかわからない……。

夏場のいやな体のニオイ。さらに悪化させるのはこの「食べ物」

以前の記事「ヨガで予防できる口臭問題」(https://edit.otonasalone.jp/63704/)でも触れましたが、口臭の主な原因は、食べカスや細菌、舌や歯の汚れの磨き残し。このほか…

夏のイヤーな洗濯物の悪臭、こうして防いでます!40代のガチな知恵

この時期、ちょっと気を抜くと、汗で濡れた衣類から悪臭が漂いませんか?衣類の悪臭の原因は、繊維上で繁殖した雑菌。要するに洗濯のときにこれらの原因菌をうまく除去でき…

ワキ汗を止めたい!長年悩んでわかったワキ汗対策3つの方法 【他人には聞けないシモ美容1】

みなさーん、ワキ汗かいてますかー?ここ最近の気温の上昇で、服装が軽装になると同時にワキ汗の量は一気に増量。そして30代も後半を迎えたワキ汗は、若い頃とは比べ物にな…

洗濯物がクサい…10年悩んだ私がニオイから解放された方法

だいたい7月上旬を境に、電車通勤が憂鬱になる女性はかなり多いのではないでしょうか。最近オトナサローネ編集部でも盛り上がるのが「車内がクサイ」ネタです。一般に男性…

白髪とツヤ、ボリュームのお助け!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ヘアケア編】

40代になって髪のエイジングケアがとても大事なことを痛感しています。正直30代までは髪の悩みがほとんどなかったんですけど……。驚いたことに、40代になってツヤ、白髪、ボリューム、手触りなどに悩むようになりまし…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事