「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いランキング

意外と曖昧なまま覚えている「敬語」。しかしアラフォー、アラフィフになって「敬語も使えない痛い人」扱いされるのは避けたいところですよね。いま一度自分の知識を見直してみてはいかがでしょうか。

 

第1位:「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなのでしょうか?実はこれ、小中学生の教科書では、明確に区別されている表現です。どんな違いがあるのでしょう。

詳しくは>>「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

 

第2位:丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、本人に自覚がないと、繰り返し失礼を塗り重ねてしまう可能性もあり、ちょっと心配。今日はそんな「意外な無礼」を3つ紹介します。

詳しくは>>丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

 

第3位:ビジネスシーンで使う敬語、正しいのはどっち?

新年度が始まりました。新しいスタートの春。この機会に、会社でよく使う間違えやすい敬語について再確認してみましょう。今日は楽しくクイズ形式にしました。全12問、あなたは全問正解する自信がありますか?

詳しくは>>ビジネスシーンで使う敬語、正しいのはどっち?

 

第4位:「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選


意外と40代女性も「若者気取りで」使っている人の多い敬語の例を5つ紹介します。注意するだけでなく、すぐに使えるように言い換えパターンも用意しました。

詳しくは>>「すみません、私にはできません」とか言ってない?いつまでも若者気取りの敬語5選

 

第5位:「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

仕事の用があって電話をかけた時、希望する相手が不在で「ご用件は?」と聞かれたことがある人も多いはず。確かに相手にしてみたら、留守中に電話があったことだけを伝えるよりも、その内容を伝えた方が良いのでしょうね。しかしこの「ご用件は?」……何かイラッとするのはなぜでしょうか。

詳しくは>>「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク