丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、本人に自覚がないと、繰り返し失礼を塗り重ねてしまう可能性もあり、ちょっと心配。今日はそんな「意外な無礼」を3つ紹介します。

 

 

「了解しました」は「それでいいよ」の丁寧な言い方

「えー、ものすごく使っているわー」というあなた。この「了解」とはどういう意味なのか、今一度調べてみましょう。

了解
さとること。会得すること。また、理解して認めること。
広辞苑第六版

こうして見てみると、さほど問題はないように見受けられます。この言葉を使っても、無礼だというほどではなさそうです。しかしここで「理解」とあります。また他の複数の辞書にも「理解した」の意味が見て取れます。つまり「あなたの言うことは理解した」という時に「了解した」というのですね。ではこの「了解した」の丁寧版「了解しました」や「了解致しました」が敬語になるのでしょうか。

 

イメージダウンの原因は「許可」っぽいこと

ここには2つのイメージダウン要素があります。一つは、意味にもある「認めること」です。そう「了解」は簡単に言えば「それでいいよ」ということなのです。「許可」を与える要素が入っているのですね。ですから「了解しました」は仲間内や同僚には使えますが、外部や上司には使わない方が良いのです。もう一つイメージを定着させたものとして、無線通信の「了解」があります。メッセージやLINEなどで、若い人たちは「りょ」や、もっと短い「り。」を使うそうですね。まあさすがに「り。」なんて上司に送る人はいないと思いますが(笑)

 

代わりに「承知しました」「かしこましりました」を使いましょう

以上のように、「了解」には「それでもいいよ」というイメージがありますので、相手が外部の人だったり、上司だったりする場合は、「承知しました」や「かしこまりました」を使うと良いでしょう。あまりに「了解」を多用していた人にとっては、「承知しました」や「かしこまりました」は、使い心地が悪いように感じますが、相手によって使い分ける気持ちで答えてみると、とてもしっくりくると思います。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

もちろん「じょに」ではありません。「序に」の読み方、知っていますか?

漢字を読むとき、送り仮名のある漢字に戸惑ったことはありませんか?耳では聴き慣れている言葉でも、いざ漢字で表されると「え、これなんて読むの?」と困ってしまうような…

「ぱいぱい」ではない!必ず読めない超難読の日本語3つ

「ときどき」「ますます」など、私たちが普段よく使うこれらの言葉は、畳語(じょうご)といいます。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみた…

あなたは分かる?「放任」の反対は「干◯」!意外とあやふやな対義語3

二字熟語とその対義語の組み合わせは数多くありますが、しっかりと分かるか?といったらそうでもないものが意外と多いもの。今日はそんな熟語を3つ集めてみました。あなたは3問中何問正解するでしょうか。1・「栄転…

「ねばねば」の反対はどれでしょう?意外に戸惑う反対ことば3選

「ねばねば」と反対の状態を表す言葉、対義語は何でしょう。イメージはできますか?今日はそんな言葉を3つ集めてみました。知れば「なるほど!そうだよね!」と納得するものばかり。あなたは何問正解するでしょうか…

「図々しい」の反対ことばって?「図々しくない」も間違いではないけれど…

「図々しい」の反対は「図々しくない」、「珍しい」の反対は「珍しくない」……まあ、それも正解です。でも、他の表現があるのは知っていた方がいいですね。今日はそんな言葉を3つ集めてみました。簡単そうで分からな…

「丸顔」の逆は「四角顔」…ではない!言えそうで言えない反対語の世界

今日は「丸」がつく言葉の、意外な対義語を3つ集めてみました。簡単そうで分からないものばかり。あなたは何問正解するでしょうか。1・「丸写し」の対義語は?「それ、先輩のノートの丸写しじゃない?」なんていうふ…

「平然」の反対って「動揺」…ではない!意外な反対ことば3つ

対義語とは、「男と女」「大きいと小さい」のように、意味上の対をなす言葉。このように単純ではない組み合わせもあります。今日は「へー、そうなんだ!」とうなる対義語を集めてみましたよ。1・「粋(いき)」の対…

「あからさまに」の反対って「コソコソと」?意外に知らない対義語3つ

「大きい」の反対は「小さい」、「軽い」の反対は「重い」など、形容詞の反対語は分かりやすいですよね。でも、形容動詞や副詞となるとちょっと考えてしまうんですよ。そして、なるほど~となるものが多いのです。今…

「入選」の反対は「落選」でいいのかな…?意外と思いつかない3つの反対ことば

「入口」の反対は「出口」、「入力」の反対は「出力」。そう考えると「入」の反対語は「入」を「出」に変えれば済むような気になりますが、そうはいかない場合もあります。今日は「入」が付く熟語の反対語・対義語で…

「平常」の反対って言える?「異常」ではない!間違えやすい反対語3つ

何度目かの日本語ブーム到来ですね。日本語の誤用を題材にしたテレビ番組も始まりました。今日は反対語について、簡単なのに難しい、そんな反対語を3つ集めてみましたよ。1・平常の反対語は?答えB 非常解説「平常…

「ありがとう」の反対語わかる?「ごめんなさい」ではありません

え?この言葉の反対語ってそれだったんだ! 今日はそんな言葉を3つ集めてみましたよ。1・受話器の反対語は?答えB 送話器解説「受話器」とは、電話でいうと、耳に当てる方。レシーバーともいいます。音声エネルギ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事