まだ着ていたら痛い!40代になったら捨てるべき6つのデニム

周りの同世代~先輩世代を見ていて、なんだか違和感がある…と思うファッションの人はいませんか?

40代は変化の時期。似合うものは年々変わっていきます。

今回は、クローゼットから処分したほうが良いデニムのリストを教えます!

 

痛デニム1:ダメージデニム

お尻から脚にかけてのシルエットが出るデニムは本来全て避けたいアイテムですが、特に切りっぱなしや穴の開いたダメージジーンズは、40代女性が履くには品のない印象。脚のラインが出すぎるスキニーや、逆にワイドすぎるデニムも同様に似合わなくなってきます。アラフォーのデニムはハイウエストぎみの細身ストレートのノンウォッシュかワンウォッシュを選んで上品な着こなしを意識して。

 

痛デニム2:デニムワンピース

アラフォーが失敗しがちなのが「デニムワンピース」。意外かもしれませんが、面積が広い分デニムのカジュアルな素材感が悪目立ちしておばさん感が強く出てしまいます。デニムワンピの下にレギンスなどを履くのも微妙です。着こなし方やデザインにもよりますが、若い頃にサマになっていたアイテムも、年齢を重ねることで似合わなくなることも。部屋着にするか、思い切って捨ててください。

出典>>【まだ着ていたら痛い!?】40代になったら捨てるべき8つの定番ファッションアイテム+5

 

痛デニム3:サロペット

アウターを着ればオールシーズン使えて、Tシャツやニットに合わせるだけで簡単にカジュアルなオシャレを楽しめると人気のサロペット。しかし、年齢が上がってくると一気に似合わなくなるのもサロペットです。ぽっちゃり体型ならま⚪︎うー感が出てしまうし、たとえ細くてもやんちゃなデザインが若作り感を醸し出してしまうという危険なアイテム。未だにピクニックや運動会などで着ているという人は、周りから痛いと思われている可能性が高いので、そろそろ卒業を考えてもいいかもしれません。

 

痛デニム4:裾クシュデニム

ストレッチが効いていて履きやすく、裾のボリュームで着やせ効果が期待できると話題だった裾クシュデニム。しかし、今のデニムパンツのトレンドとは一つもかぶる部分がなく、もはや過去の遺物です。ルーズソックスを履いているような見た目は、若作り云々よりも、ダサさやオバさん臭さが目立ちます。このタイプは柔らかくフィット感のある素材を使っていることが多いので、お尻や太もものラインが目立つのもNGの理由。大人の体型をさらにブサイクに見せてしまう可能性が大です。

出典>>今すぐ捨ててー!!まだ持っていたら痛すぎる「オバさん」デニム6選

 

痛デニム5:スキニーデニム

2010年代前後に流行したスキニーデニム。ストレッチが効いていることで動きやすさがプラスされてとても人気でしたよね。もちろん、いま現在もなおスキニーデニムと称するアイテムは健在です。……が、ピタピタフィットのスキニーデニムばかりは、なりを潜めている模様。

腰から太もも、ふくらはぎから足首にかけてボディラインにピッタリフィットするようなシルエットは流行遅れ感に加えて、足の太さも隠すことができないのでそろそろ卒業を。トレンドにマッチしたスキニーデニムは膝から足首にかけてのシルエットに程よいゆるみがあるシルエットがベスト。

 

痛デニム6:ボーイフレンドデニム

ピタピタすぎるスキニーがNGとあれば、ゆるっとしたシルエットならOK?と思われますが、これもゆるゆるし過ぎたらアウト!例えば、スキニー同様に2010年代初めに人気となったボーイフレンドデニムのようなシルエット。これは文字通りひと昔前といった印象を与えます。

もしお手持ちのデニムにボーイフレンドデニムがあればそろそろ手放しても良さそうですよ。昨今のデニムトレンドは「ほど良いゆるみ」と「きちんと感」が支持高め。偏りすぎたシルエットラインではなくあくまで足が美しく見えるラインのデニムが王道です。

出典>>まだ着てたらヤバイ!オバ見えまっしぐらな「危険なデニム」とは

 

気に入ったはき心地のデニムを処分するのはなかなかタイミングに悩むもの。しかし、毎年更新されるデニムのトレンドの移り変わりは激しく、同じようなデザインが再ブレイクする頃には似合う世代が変わっているため、実は真っ先に断捨離すべきアイテムがデニムなんです。1年履いていないものは処分リストに載せて、新しいデザイン&シルエットのものを取り入れてみてください

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク