太って見えるって気づいてる?流行でもデブ見え必至なスタイル

トレンド服はその時代の旬を表現する大切な存在。しかし、いくら旬でも万能ではないのがトレンド服の怖いところ……。とくに今、気をつけたいのはデブ見えしやすいトレンド服です。そこで今回は、流行っている着こなしだけどデブ見えしちゃうトレンドファッションをご紹介します。

パフスリーブトップスでロボ体型

2020年の春を代表するといっても過言ではないくらいいま、パフスリーブが人気です。シンプルなカットソーもパフスリーブというだけでオシャレ感が出るので好評なのかもしれません。しかし、パフスリーブは上半身の骨格が華奢な方や、なで肩さんならまだ合わせられるのですが体に厚みがあるタイプの方が取り入れると一気にロボット体型に。

がっしりとしたシルエットで可愛いどころかたくましく見えてしまうので注意したいアイテムですね。パフスリーブは絶対取り入れてはいけない……とまで強調はしませんがそれでも着こなしが非常に難しいのでオススメしません。個人的に40代の女性にはパフスリーブよりフレンチスリーブがオススメ。適度な体型カバーにもつながるのでこの春夏にぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ゆったりジャケットにゆったりパンツ

 

今年に限った話ではありませんが、ジャケットがいまとっても熱いですよね。それもメンズライクなダブルジャケット。キャリアファッションにも活用できるので早速取り入れている方も多いのでは?ただ、気をつけたいのが全体的なシルエットです。

アウターのゆったりしたシルエットに対して、ボトムスもワイドパンツやタックパンツなどゆったりしたシルエットを合わせている方が多いです。そもそもそのコーデ自体がトレンドではあるのですが……。しかし、この着こなしはモデルさん並の身長と頭身バランスでないと美しさを表現できます。(さらにヒールパンプスで高さを強調!)

ここはトレンドに左右されず、ボトムスはタイトでコンパクトなシルエットのものを選ばれることをオススメします。ご自身の身長、体型、ボディバランスを考慮した上で取り入れるべきアイテムを選んでいきましょう。

 

デブ見え回避は、メリハリのあるスタイルがカギ!

太って見えてしまうことを避けたいときに必ず意識していただくと良いのは、出すところは出して、締めるところは締めるというメリハリを服装で表現するということです。全体をオーバーサイズで覆うのではなく、部分的に細いパーツ(ウエストや足首など)を露出させましょう。ぜひこれらを参考に太って見える着こなしを回避してくださいね。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク