【この食べ物は何?】ワニナシではありません!「鰐梨」は何と読む?

いつも食べている身近な食材なのに、漢字になると何のことだか分からない・・・。普段はひらがなやカタカナで表記されているため、漢字だと見慣れないものも多いですよね。

そこで本記事では、意外な表記をする食べ物の漢字クイズを出題します。

「鰐梨」は何でしょう?

そもそも、「鰐」も見慣れない漢字かもしれません。

これは、動物の「ワニ」です。

「梨」は果物の「ナシ」ですね。

ワニのように獰猛なナシということでしょうか・・・。

そうではなく、ワニのような見た目のナシを想像してみましょう。

ゴツゴツとした表面がワニのような食べ物です。

分かりましたか?正解はこちらです。

「アボカド」です。

言われてみれば確かに、黒くてゴツゴツとした皮の表面がワニっぽいですよね。

「ワニナシ」はアボカドの和名でもあるのです。

〔熟した果実の表皮が、ワニの背中の皮に似ることから〕

アボカドの和名。

でも、なぜ「梨」にしたのでしょうか。

実は、アボカドは英語でもavocadoですが、”alligator pear(アリゲーターペアー)”という別名があるのです。

日本語に直訳すると「ワニナシ」ですね。「ワニナシ」にそのまま漢字を当てはめています。

ところでアボカドは、野菜だと思っていませんか?

実は、野菜ではなく、果物なのです!

アボカドはサラダなどにして食べることが多いし、果物のような甘さもないため、つい野菜だと思ってしまいがちですよね。

木に成る果実を果物と呼び、田畑で栽培される作物を野菜と呼びますよね。イチゴやスイカは田畑で作られるため、野菜です。

アボカドは木に成るので、果物に分類されるのです。

アボカドはメキシコなどから輸入されているものがほとんどです。

通年を通して収穫されていて特に「旬」の時期はありませんが、美味しい時期はあるのです。

「森のバター」とも言われ、不飽和脂肪酸が豊富で栄養価の高いアボカドですが、その油分が高い時期は4月~6月です。

ちょうどいま、アボカドは食べごろの季節なのですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク