「ほんぎぬ」ではありません!「本絹」の正しい読み方、知っていますか?

世の中には「あれ…これってなんて読むの?!」と戸惑ってしまう漢字があります。

本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「本絹」もそんな言葉のひとつ。「本」も「絹」も比較的馴染みのある漢字ですが、「本絹」となった途端、読み方に自信がなくなる人も多いのでは?

「本絹」の読み方は?

「本絹」とは

まじりけのない絹糸・絹織物。純絹。正絹。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を表します。

「絹」とだけ書かれていた場合なら、きっと迷いなく「きぬ」と読む人がほとんどかと思います。でも「本絹」は「ほんきぬ」、「ほんぎぬ」とは読みません。日常生活ではあまり耳にしないかもしれませんが、「絹」にはもうひとつ読み方があるんです。

正解は…

正解は「ほんけん」です。

「絹」の読みは

  • 音読み ケン
  • 訓読み きぬ

です。

「本絹」以外に「絹(ケン)」と読む言葉には

  • 正絹(ショウケン) まじりもののない絹地・絹織物。
  • 純絹(ジュンケン) 正絹に同じ。
  • 絹雲(ケンウン) 細い雲が散らばった形の白い雲。
  • 絹糸(ケンシ) きぬいと。

などが挙げられます。

「本絹」「正絹」「純絹」はすべて「絹100%」を意味しています。

「人絹」ってなに?

「絹」について調べると、「人絹(じんけん)」という言葉が出てきました。

「人絹」とは、天然の絹糸をまねて作られた化学繊維「人造絹糸」の略称です。人造絹糸と聞くと、ピンと来ない人も多いことでしょう。では、レーヨンという化学繊維を知っていますか?このレーヨンこそが「人絹」です。とはいえ、お洋服のタグに「人絹」と書かれていることはほとんどありませんが…。

「〜絹」という言葉が出てきた時、

  • 本絹 絹100%
  • 正絹 絹100%
  • 純絹 絹100%
  • 人絹 化学繊維

のように、「絹」ではないものがあることに注意してくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク