岩井志麻子 SNSで「リア充アピール」する、イマドキ若者に思うこと

最近よく聞く「パリピ」とは何ぞやと聞いたら、パーティーピーポーの略だといわれた。

ハロウィンがその象徴か、とにかく大勢の人が集まるイベントではしゃぐ人達、何かってぇと集まって飲んで騒いでいる人達を指すらしい。

それって、江戸末期の「ええじゃないか」だわ。

パリピ、ええじゃないか

天から御札が降ってくる、めでたいことがある、といった妙な噂が広まり、民衆は仮装して「ええじゃないかええじゃないか」と囃しながら町なかで熱狂的に踊り狂ったという、あれね。

リア充アピールはないけど、仮装して現場での一体感を求めたことは今と同じだ。

でも現代のパリピは心底お祭り騒ぎが好きというより、現場の証拠写真を提示したいのね。

SNSで、とにかく友達たくさんの充実した人生を送っている姿を見せにゃならんらしい。

 

目的はパーティに行くことなのか、写真を撮ることなのか

目的と手段が逆転してるというか、パーティーに行ったから写真撮るんじゃなくて、写真撮るためにパーティーに行く。

しんどくないのか、なんて余計なお世話はいわず、真のリア充はいちいち写真撮ってひけらかさない、なんて意地悪ばあさんになる気もない。

 

テレビ出演はパリピの最たるもの

そういう私も、作家になったら作品より本人が変だからってんでテレビにも出られるようになった、と思ってるのに。

最初から、テレビに出たくって作家デビューしたんじゃないの、なんて勘繰られるときがあるからね。

確かにテレビ出演って、パリピの最たるものだ。

ヘアメイクさんに髪も顔も作ってもらい、普段は着ない服着て、芸能人有名人と非日常的な会話して、その姿が全国に映る。

 

でもテレビ出演は思い出作りじゃない

岩井志麻子を見て憧れる、うらやましい、なんて人は滅多にいないってだけで、本人はバリピな姿をさらしているといっていい。

だけどテレビ出演時には何かに我を忘れて熱狂なんかしてないし、思い出作りをしてるんじゃない。仕事をしてるのよっ。

 

毎日パリピに本当の御札は降りてこない

子どもの頃、祭りはたまにあるから楽しいんだと親にいわれた。

毎日お祭りだったらお祭りも日常になって、楽しくなくなるぞと。

パリピも、そこんとこはわかっているよね。

SNSでは毎日お祭りに見せているけど、みんな普段は勤めたり学んだり家事してる。

そんな日常はない、毎日祭りで楽しいという人は、天から本当の御札を降らせてもらえなくなるよ。

スポンサーリンク

【岩井志麻子】「好きだけど別れる」の本音とは? 40代独身・カツ子の場合

仮に婚活のカツ子としておくが、カツ子は有名企業勤務でそこそこ美人だ。元々そんな堅実でも尻軽でもなく、ぼんやりと好きな男と恋愛結婚したいと願っていたら、四十路の独身に。遅まきながら婚活を本気でやり始めた…

【岩井志麻子】あなたはどっち? 40代「世話好き」と「身勝手」の境界線

四十を過ぎると、よっぽど頼りないと思われていない限り、若い子達から「世話好きオパサン」であることを期待される。そんなの嫌というなかれ。繰り返すが、そう期待されないってのは年相応の信頼や立場がない、と見…

【岩井志麻子】それは「ズルい女」なのか?

ズルいってのは、一般的な考えと解釈では、法的に罪に問われるほどではなくてもあまり正しくない手段で得をした、とか。正々堂々、正攻法、正面からは行かず、裏から手を回しただの横入りしただのいわれる方法で、何…

【岩井志麻子】40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?

仕事で、服役経験者や刑務所への取材をしたことが何度かある。そこで当事者達だけでなく、刑務官や弁護士といった関係者も口をそろえたのは、「やっぱり何がつらいって、人間関係なんですよね」ということだった。人…

【岩井志麻子】ストーカー事件から考える、男女のカンケイについて

私が長年お世話になっている、東京ローカルの番組。現在、そこで司会者をしているFさんは、定期的にストーカーに狙われる。先日も、何人目かの逮捕者が出た。ストーカーになる女たち彼はお笑いを生業として、ときお…

【岩井志麻子】やってはいけない! 40代からの「イタイ恋愛」 

八月の半ばに世間を騒がせたあの、あおり運転の熟年カップル。あれはもう例外というか論外というか、いちゃもんつけられて殴られた罪なき運転者達はお気の毒ではあったが、不慮の事故、不測の事態で死者が出なくてよ…

岩井志麻子 不倫に向く女と、不倫に向かない女

不倫には最初から相手が既婚者だとわかっていて始めた場合と、相手が独身だと信じ込んでいて、不倫の自覚がないままに始まった場合がある。すべてがそうじゃないけど、前者はプレイ感、大人感が漂うのに対し、後者は…

岩井志麻子 なぜ婚活しても「好きな人ができない」のか?

「好き」の定義も感覚も表現も、人によって違う。たとえば体重120キロ超えの知人は、「デブは三ケタから。80キロくらいでデブを名乗るんじゃない」と怒っている。言葉の「感覚」は変わるものそういう私はがりがり…

岩井志麻子 「一流の男」とお付き合いするには

どんな子であろうが、うちの子が世界一可愛い。これは正しい。だけど、彼は私にとっては一流の男、っていうと微妙な顔をされがち。どんな男でも私には世界一可愛い、ってのは有りだけど。一流の男と会いたい、そして…

岩井志麻子 女40代から「捨てたほうがいい」もの「磨いたほうがいい」もの

バーやクラブのママをしている友達が、何人かいるのだけれど。彼女らは、「隣に座るだけで客が満足するほどの若さと美貌」「芸人並みのトークスキル、座持ちがする巧みな話術」「客のボトルをバンバン空けさせる酒の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事