【骨格診断】GUで発見!骨格タイプ別「あなたに似合うシャツ&ブラウス」

2020.05.25 FASHION

「骨格バランス」という言葉を聞いたことがある方も多いはず。「骨格バランス」とは、その人の「骨格」と「質感」を「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」と大まかに3タイプに分ける考え方のことです。
実は自分では「ウェーブ」だと思いこんでいたのに、きちんと診断してみたら「ストレート」だったということもあるんですよ。あなたも、自分の骨格バランスを診断してみませんか?
出典 「自分に似合う服」が見つかる!大人のための骨格バランス診断
自分のタイプがわかったら、さっそくおすすめのシャル&ブラウスをチェック!今回GUのアイテムから選んでみました。

骨格タイプ・ナチュラルに似合う初夏のシャツ&ブラウス

●シャツはオーバーサイズを選んで、ゆったりラフに着崩すとかっこよく見えます。
●重心を下げるため、襟元は縦に深く開く、丈は長めをチョイス。
●麻やでデニム、しわ加工など、表面が凸凹とした素材が得意です。
●バルーン袖、たっぷりのフリル、総レースなどデコラティブなものが似合います。

出典 【骨格診断】GUで発見!ナチュラルに似合う初夏のシャツ&ブラウス

骨格タイプ・ウェーブに似合う初夏のシャツ&ブラウス

●形はセットインスリーブでもドロップショルダーでもOKです。襟元はVネックなど縦に開いたものよりも、ボートネックのように横に開いたものがおすすめ。
●体の質感に合わせて、素材はシフォンなどやわらかな素材を選びましょう。
●フリルやギャザーなど、胸元に立体感のあるデザインが似合います。
●シャツを着るときは、襟を抜いて着ると重心を下げず、今っぽい雰囲気に仕上がります。

出典 【骨格診断】GUで発見! ウェーブに似合う初夏のシャツ&ブラウス

骨格タイプ・ストレートに似合う初夏のシャツ&ブラウス

●形はセットインスリーブ、身頃にダーツが入った立体的なデザインが似合います。
●素材はパリッと張りのある素材、あるいはヘビーシルクのようにとろみはあるけれど透け感がないものがおすすめ。
●デコルテ部分に立体感のあるデザインは避けたほうがベター。ただし鎖骨が見えるぐらい襟元が開いていれば、ボウタイなどの飾りもOK。
●総レースは着太りするのでNG。レースは部分使いで楽しみましょう。

出典  【骨格診断】GUで発見!ストレートに似合う初夏のシャツ&ブラウス

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 鵜沢みな子

スポンサーリンク

スポンサーリンク