【クイズ】ジーパンって何の略だか言える?意外に知らない!

デニム生地でできたカジュアルなパンツ。年配の人は「ジーパン」と呼ぶことが多いようです。

 

「ジーパン」は何の略でしょう。

 

反抗的な若者の象徴だった!

答えは「G.I.パンツ」です。

 

「ジーパン」という言葉の発祥には諸説あります。そのうちの一つが「G.I.パンツ」の略。G.I.はアメリカ軍人のことを指し、彼らが履いていたから「ジーパン」になったと言われています。

また、「ジーン生地のパンツ」を略したという説も有力です。

ジーンズはデニム生地や他の綿生地でできたカジュアルなズボン。「デニム」の語源はフランス語の「serge de Nîmes(セルジュ・ドゥ・ニーム)」であり、「(フランスの)ニームの綾織り」という意味の表現です。中世ヨーロッパでは「ファスティアン」と呼ばれる丈夫で目のつまった綿布が労働着などに用いられていました。ジーンズはその一種で、インディゴで染めたブルー・ジーンズはゴールドラッシュのさなかアメリカで誕生。1850年ごろ、カリフォルニアに金鉱探しにやってきたリーバイ・ストラウスがテントを染めて作ったのものが原型とされます。

1955年の映画『理由なき反抗』でジェームズ・ディーンがジーンズをを着用、これを見た若者が影響を受けたので、ジーンズは若者のファッションとして普及していきました。しかし「反抗的な若者の象徴」と見なされ、ジーンズの着用を禁止するも多数。なお、日本人ではじめてジーンズを着用した人物は外交官の白洲次郎。1930年代にアメリカでジーンズを知ったと伝えられます。

世界三大ジーンズブランドとは「Levi’s(リーバイス)」「Lee(リー)」「Wrangler(ラングラー)」。また、日本三大ジーンズブランドは「エドウイン(EDWIN)」「ビッグジョン(BIG JOHN)」「ボブソン(BOBSON)」だとされています。ただし、最近はファストファッションのショップで安価に入手できるデニムパンツが人気。一方で、日本最大の生産地、岡山県倉敷市児島(こじま)には「児島ジーンズストリート」という街区があり、愛好者の観光スポットに。愛好者は硬いジーンズが履くうちに柔らかくなるのが楽しいようです。

ジーパン、ジーンズ、デニムと、名前やスタイルは変わりますが、1本あると便利なパンツ。あなたはどんなジーパンが好みですか?

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク