ペタ・フニャ髪は「スプレー」のこの使い方で対策を!おすすめスタイルは?【髪トラブル診断】

2020.07.19 BEAUTY

髪が細くてコシがない髪は、湿気が多くなるこれからの季節はボリュームが一気にダウン。さらに、せっかくきれいに巻いた髪も、あっという間に元通りに。

もともとボリュームの出にくい髪質な上に、水分をすぐに吸収してしまう特性があるため、湿気の多い季節はフワ髪キープがとにかく難しい!

さらにこの髪悩みに多いのが、分け目が目立ってしまうこと。地肌が見えやすい状態になってしまうため、毛髪ダメージよりも頭皮ダメージの方が深刻になってしまう人が多いのも特徴です。

では、どのような対処をするのが良いでしょうか。

 

スタイリング剤は根元付近に内側からスプレーが正解!

まず最初に、ペタ髪さんの場合はツヤ出しに特化したシャンコンやスタイリング剤は、この季節に関しては絶対NG! 洗い流さないトリートメントとしてオイルが推奨されてる昨今ですが、ペタ髪には不向き

というのも油分多めのスタイリング剤は、湿気の多い空気中では髪に負荷がかかり過ぎてしまい、その重みで髪が立ち上がらなくなってしまいます。

これを前提に、スタイリング剤はワックスやオイル、ジェルなどの油分、水分が多いものを使うのは避けるべし。そこでオススメなのがスプレーです。

つけ方は根元から少し離れた場所に、内側から軽くスプレーを吹きかけます。最も効果的なのがスプレーワックス。ただし、プロ仕様のものが多いため、入手しにくい&やや高額で購入をためらってしまう人はハードスプレーでもOKです。

私は剛毛ですが、夫がペタ毛。根元を立ち上げる際にはこのスプレーを愛用。無香料なのでジェルなどのスタイリング剤とW使いできるところがイイとのこと。

 

トップの分け目を頻繁に変えて根元を立ち上げる

ペタ髪が最も気になる頭頂部。スプレーなどで一時的にキープできても、やっぱりヘタってしまうのが現実です。

ペタ髪が気になり始めたら、髪を手グシでかきあげ、分け目を変えてみましょう。ペタ毛になりやすい人は、分け目を変えてもさほどシルエットが崩れずアホ毛も出にくいため、この方法はかなり効果的。できればこの時、根元付近にサっと軽くスプレーするのがベストです。

また、裏技としてコームにスプレーをしてからアホ毛をなでるのがオススメ。スプレーしすぎる心配もなく、サっとなでつけるだけでアホ毛がすぐにカバーできます。

コームの側面全体にスプレーするだけ。2往復させるくらいの量で十分。

 

これらをふまえて、オススメヘア&アレンジをご紹介!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク