「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。

女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話なんかしているときには自然と頭頂部に目がいき……。そこには白く光るものが!!

恋愛感情がなくても、白髪があるだけで老けて見える、だらしなく見えるといったマイナス要素が発生してしまうので、イヤですよね。

白髪を目立たせないためには定期的なケアはもちろん、こまめなチェックがマスト。

そこで、毎日のチェックに便利な鏡を探してきたのでご紹介します。

 

頭頂部やえり足もチェックできる三面鏡

後頭部やえり足までよく見えると話題の「四面鏡」も便利だとは思いますが、通販ではあるもののなかなか店頭では見かけません。バラエティショップなど探してみましたが、私の近所ではありませんでした。

100円ショップでも似たようなものはなく、ふらりと入った3COINSで見つけたのが三面鏡です。

三面鏡は珍しいものではなく、バラエティショップなどでも購入できますが300円(+税)というお手ごろ価格が魅力です。私の近所の100円ショップでは三面鏡はありませんでしたし。

三面鏡を開いた状態です。

卓上型ではありませんが、自立もでき横置き、縦置きと自由に使えます。

頭頂部をチェックするときは縦にして。えり足やサイドの生え際は横にしてチェック。

また、片面が拡大鏡になっているので細部まで見ることができます。これなら、頭頂部もえり足もしっかりとチェックできます。

片面を折れば安定した卓上型ミラーとしても使えます。

 

もうひとつ便利な鏡もありました。

横に伸ばした状態です。

これは二面鏡ですが、ぐーーーんとのびるため後ろもしっかりと見える構造になっています。使用しているところを撮影できなかったので、鏡の袋についていた説明をのせますね。

コンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

折りたためば小さくなるので、かばんに入れてもかさばりません。

あわせ鏡をするのって意外と腕が疲れて大変ですから、こんな便利な鏡があれば毎日の白髪チェックもラクになりそうです。

※2月10日に購入したものです。

 

どこで白髪チェックするか、これも大事

 

蛍光灯の下、自然光の下では白髪の見え方も異なります。

部屋の中を移動しながら3カ所で撮影してみました。

日中、明かりをつけない部屋で撮影したものです(窓から少し離れたところ)。白髪が数本見えています。

洗面所のオレンジっぽい明かりの下で撮ったもの。上の写真よりも白髪が目立ちません。

日中、窓際で撮影したもの。白髪も目立ちますが、根元のプリン状態もわかります。

同日に撮影したものですが、白髪の本数が違って見えますよね(アングルが若干異なりますが…)。

蛍光灯よりも自然光で見たほうがはっきりとわかりました。

チェックする場所によっても白髪の見え方が異なるので、ぜひ場所を変えて確認してみてください。見落としが防げます。

 

白髪を発見したら抜かずに切るが鉄則

 

さて、白髪を発見したらどうすべきか。

いちばんは美容室で染めることですが、2~3本のために染めるのはめんどうですよね。

抜くと増えるというのは定かではありませんが、頭皮を傷めることになるので気になる白髪は根元からカットしましょう。普通のハサミより、眉用の小さいハサミのほうが根元からカットしやすく便利です。

 

白い部分が広範囲にわたるときは、応急処置としてヘアファンデーションやマスカラタイプの一時染めを使ってみてください。

使うたびに髪が染まるタイプではなく、シャンプーで色が落ちるものを選びましょう。

 

常に自分で白髪染めをしているなら、染料が入っているものでもかまいませんが、美容室で定期的に白髪染めをしている人は髪が染まるタイプのものは避けるのがベスト。

次に美容室で染めるときに影響が出てしまうそうです。

 

ヘアアレンジでカバーするのもひとつの手。生え際の白髪をカバーするアレンジも参考にしてみてください。

 

なぜ白髪が生えるのかまだまだ謎な部分が多く、明確な予防策もないのが現実です。

ストレスも原因のひとつといわれていますから、気にしすぎるのもよくないようです。

年齢を重ねれば生えてきて当然というおおらかな気持ちをもちつつも、身だしなみのひとつとして定期的なケア、こまめなチェックを怠らず若々しさを保ちたいものです。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

明日からできる!「オバサンひとつ結び」を回避するお手軽3テク

ここ数年、アレンジヘアがブームですが、ゆるふわな無造作ヘアは40代になると挑戦しにくくなりますよね。何かと忙しく、鏡をゆっくり見られない朝は手っ取り早くゴムでひと…

ボリュームの足りないぺちゃんこオバ髪に、100均のヘアグッズで対策!

掃除グッズや収納ケースだけでなく、今はイヤリングなどアクセサリーも買える100円ショップ。最近、近所に新しい100円ショップができたので品揃えをチェックしに行ってみました。食器や日用品と並び、ヘア用品も充実…

オバさん見えする髪には「うねり」あり。40代の乾燥ヘア対策6つの心得

手の甲や足がカサカサしはじめ、そろそろ乾燥対策をしなくてはと思い始めている今日この頃。肌が乾燥しているということは、頭皮も髪も乾いているわけです。それでなくても、年齢のせいでパサつきやうねりが目立って…

前髪ナシでも小顔に見える!40代のボブ&ショート3選

年を重ねても「小顔になれる」というのは魅力的なワードではないでしょうか。OVER40になると、フェイスラインのたるみも気になり、ただ顔が小さく見えるよりもリフトアップ効果もほしいところ。日々のマッサージやハ…

薄毛が気になる40代女性は「パックリ分け目」を隠して!簡単3つのテクは?

髪がやせてきた、手触りが悪い、スタイルが決まらなくなってきた……。年々感じる髪の老化。毛量の多さに悩まされてきた私も、最近はボリュームが減ってきたなと感じ始めています。電車に乗っていると座っている人達の…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッとできるお手軽アレンジとしてはやっぱりハ…

髪が多い・硬い人。スクリューピンなら「おしゃれまとめ髪」が簡単に!使いこなしテク

おだんごなどアップヘアに欠かせないアメピン。「さす方向がわからない」「させたと思ってたのに浮いてきた」「ピン1本では留まらない」など、簡単そうで扱いが難しいアイテムです。たしかに「ピン1本でOK」と書かれ…

頭皮がたるむと5歳老け見え?40代マスト「カンタン頭皮ケア」3つの新意識

アラサー女子たちの悩みは目元のシワが多いようですが、アラフォーになると気になるのはほうれい線。年々深くなってきたなと感じるにっくき線は頬のたるみが原因です。ハリを出す美容液やクリームを使ったり、マッサ…

まとめ髪が「疲れたオバさん」にならない40代のヘアアレンジって?

結婚式などお呼ばれの際はヘアサロンでセットをお願いするという人は多いと思います。40代になると同窓会のためにセットにくる人が増えるんだとか。張り切りすぎるのは恥ずかしいけれど、いつも通りも「オバさんにな…

前髪を変えるだけ!「老け見え」と「朝のめんどくさい」を解決する方法

「髪は女の命」。このフレーズを何度書いただろうというくらい、これまで使ってきましたが、「髪」というよりも「前髪は女の命」だなと最近気づきました。顔の印象を左右するのは前髪(顔まわりも含む)だし、もちろ…

暑いけど寒い!「冷房疲れ」のだるさを予防するあたためワザ5つ

例年、昼間しかクーラーを使っていなかった私もさすがにこの暑さには勝てず、ほぼ1日中クーラーを使っています。電気代を見るのが怖いのですが、一番怖いのは体の冷え。冷房による体のだるさを感じている人も多いの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事