脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国家資格とネイリストの資格を取って表参道でサロン勤務をしていました。

そんな私がどんな髪悩み遍歴を送ってきたのか、そしてここ数年の髪のダメージや老化で何に悩み、「ヘアスタイル難民」を脱出するまで何をしてきたのか、順番にご紹介します。

 

まず、私の「髪悩み歴」を公開

【~思春期】生まれついての髪質&悩み。あだ名は「しめ縄」

生まれつき、とにかく毛量が多いストレートの黒髪だったため、中学校の時に三つ編みにしていたら、男子から「しめ縄」というあだ名をつけられました。当時はワンレンの流れがまだ残っていたため、髪を梳いたりレイヤーを入れてカットをすることもなく、一度濡れたらドライヤーをフル活用しないと朝まで乾かないのが悩みでした。

 

高校時代、ポニーテールにしてバレッタで留めていたら、授業中にパーンと音がして、バレッタが毛量に負け弾け飛んだことも。やたらと頭が痛いなと思っていたら、髪の重みによる肩こり&頭痛だということが判明し、それを機に当時人気だった内田有紀風のショートカットに。毛の量が多くても若いうちはツヤツヤのストレートだったので、そこまで不便さや見た目のコンプレックスを感じることはありませんでした。そこから10代の終わりまで無難なヘアスタイルが続きます。

 

【20代】トラウマになったアフロ事件

美容専門学校を卒業し、美容師を始めて1ヶ月ほど経った時、先輩美容師から「パーマとカット、どっちがいい?」と聞かれ、「髪を伸ばしているからパーマでお願いします」といったところ、全頭ハリガネに巻かれて数時間後アフロヘアになりました。当時の新人美容師は、先輩美容師に逆らえませんし、インパクトのある髪型ならお客様に覚えてもらえるから、という建前のもと完成したヘアは、とにかく扱いづらい以外の何物でもありません。朝起きるとディズニーの植木のように斬新なシルエットになっているため、まずシャワーを浴び、少しづつブロッキングしてピンで固定して、やっとなんとか普通?の人に見えるレベル。

 

ギャルっぽいからとメイクは禁止され、眉毛は金髪に脱色。服は裏原系の古着を着てくるように言われた私は、一度アイデンティティーの崩壊を経験しました。時代はちょうどアムロちゃんファッション全盛期の頃、短大の同じ学部の仲間で同窓会があり、渋谷ハチ公口で待ち合わせしたのですが、誰からも私と気づいてもらえず「アフロで眉毛金髪のすっぴん、身長168㎝で巨大なのに裏原系ファッションを着ている人」として、仲よかった友達から遠巻きに観察されました。

 

その後、ストレートパーマをかけたら、髪がゴムのように伸びて溶け、最終的にはベリーショートに落ち着きました。この頃が一番のヘアスタイル冒険期(やりたかったわけではない)でしたが、やっぱりアフロは髪もメンタルも傷つきます。

 

【25~30代】アフロからの再スタート

アフロにされたからというわけではありませんが、ちょうど髪が普通のショートカットまで伸びた頃、某女性誌からライターアシスタントのお誘いがありました。

 

美容ライターのアシスタントを経て、ファッションのライターに転向してからは、美容担当の編集さんやライターさんにオススメの美容室や施述をヒアリングし、アラサーまではそれなりに美髪をキープしていました。(相変わらず、担当美容師さんからは「いつもよりたくさん梳いておきました!」「ヘアカラーちょっと足りないので足しますね」とは言われましたが……。)

 

その方法は、ヘッドスパやトリートメント、炭酸水などお金と時間をかけたケア。つまり全て人任せで、自宅ではサロンおすすめのシャンプーやヘアケアを「なんとなく」「おすすすめされたから」使用するのみ。それでもトラブルもなく、ショートからロングまで髪型で困ることはありませんでした。

 

【30代後半】一気に老けたアラフォー期

しかし、そんなほっといてもキレイだった髪も、34歳で子供が生まれたことをきっかけに一気に髪の老化が進みます。最初は抜け毛から始まり、ホルモンバランスのせいだからそのうち治るだろうと、特に何もせずに放置。しかし、それと同時に今までなかった白髪が一気に出てきて、もしかして後戻りできないところまで(老いが)来ちゃったか……と内心困惑していました。

 

ですが生まれたての赤ちゃんの世話もあり、睡眠不足も続き髪を洗う時間も惜しい時期だったので、見て見ぬ振りをすること数ヶ月。髪はツヤもなくなり、うねりが目立つヤマンバみたいな状態になりました。

 

抜け毛と白髪の原因は出産による貧血?

その頃美容師の母から聞いたのですが、貧血の症状があると髪に十分な栄養が届かず、弱ってしまうことで枝毛や抜け毛、白髪の原因になることがあるそうです。

 

実は、出産時に輸血するかどうか担当医師から相談があるレベルの出血があり、結局しなかったため退院してもしばらくは貧血状態が続いていました。それを聞いて、すぐに鉄分を摂れるサプリを飲み始め、貧血が治ると共に抜け毛も収まり、ツヤも戻ってきました。しかし、一度出た白髪とうねりはなかなか戻らず、毛抜きやまとめ髪で対応すること数年。

 

【40代】多毛剛毛の40代女性がやっちゃいけない髪型

しばらくして子供も保育園に通い始め、少しヘアスタイルにも気を遣えるようになってきました。そうなると、気になるのがうねりによるボリュームです。

 

その頃、世間では切りっぱなしボブの流行があり、ロングよりは手入れもしやすいからと切ったのが大きな間違い。短くなった分重みで落ち着いてた髪が、さらにうねりが目立ちちびまる子ちゃんのような扇型のシルエットに。そこで前髪をこれまた流行りのシースルー前髪で作ったところ、仕上りはもう完全にバブル期の“すだれ前髪”。鏡を覗くと工藤静香に憧れているオバちゃんがいました。

 

これは私個人の意見ですが、アラフォーになったら20代の流行りには乗らないほうが無難です。なりたいイメージと仕上がりがかけ離れている分、失敗した時の落ち込み度は想像していたよりも大きいので注意してください。

 

【いま】最終的に落ち着いたのはどんな髪型?

試行錯誤を重ねた(?)20代〜30代を経て、41歳になった今、レイヤーを入れた前髪長めのボブに落ち着きました。ギリギリ後ろでまとめられるから、子供とのアクティブな遊びにも邪魔にならず、髪を下ろしても形になりやすい。さらに乾きやすさと手入れのしやすさ、アレンジが簡単にできるのも魅力です。

 

そしてたどりついた「時間がなくてもできるケア」とは?→

スポンサーリンク

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

ゴムだけ簡単ヘアアレンジ。苦手な人にも試してほしい3種類

本格的なヘアアレンジにピンが必要なのは分かってる、けど持ってない……。そんな女性、実は意外と多いと思うんですよね。私も髪をのばしていた時期がありましたが、ゴムは数…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

40代の伸ばしかけ肩上ボブもOK!簡単ヘアアレンジ3選

40代女性の間では、ミディアムと同様にボブヘアも人気。手入れが楽で、髪のダメージも抑えられ、しかも女性らしい雰囲気も出せるといいことばかり。「でも、アレンジできな…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由 |オンナのイキザマ人気ランキング

マニアではないけれど、いつでも心のどこかで気になっている芸能人の動向。オトナサローネでは単なる芸能記事より、「なぜなのか」その背景の解説記事がよく読まれまる傾向にあります。中でも芸能ライター・仁科友里…

薄毛、白髪、コシのなさ…「40代からの髪悩み」を解消する5つのアイテム

肌同様、見た目の印象を大きく左右する髪。そんな髪も年齢を重ねるごとに悩みはふえていきます。すこやかな頭皮環境や毛髪をとり戻すために、ヘア専門の美容ライターが使っているアイテムは?悩み別に教えてもらいま…

ギョッ、それは痛いオバサンだわ…40代独身女性が意外と無意識にやっている4つのコト|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「オバサン記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(10…

英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした|NG英語ランキング

日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。オトナサローネの連載で「いちばん読まれた英語」こそが、みんなが「わからなかった英語」です!そして意外にも、「わからないof…

【ランキング】まんが10秒ゆるみ、みんなが読んだ記事は?人気ストレッチ5選

ちょっと伸ばしてほぐすだけでピンと効く!オトナサローネで人気の柴先生のワークが、10月17日に「3コマ・ストレッチまんが」として発売されました。オトナサローネでは3週間に渡って毎日書籍の中身を先行配信中。…

【男の心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説|恋愛ランキング

オトナサローネで大人気の恋愛記事。みんなが気になるのはやっぱり男性心理…?よく読まれている、人気の恋愛記事をランキングでご紹介します。1位・【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイ…

手の力を抜いてみて?「指が丸まってる人」はスマホ肩こりかも|ストレッチ人気ランキング

日頃から「なんだか不調」ではないですか? 自分自身がOLとして「身体にかけていたストレス」と向かい合いなおし、現在はストレッチインストラクターとして女性の健康改善を発信する青柳さん。彼女の記事を見てみる…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ヘアアレンジ記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事