ガリ占い・欲しガリ(七赤金星)2020下半期の運勢は?

2020.06.27 SP-FORTUNE

ガリ占いで「欲しガリ」は、九星気学では七赤金星の人。生まれながらにモテ運のある人です。

 

欲しガリの総合運

「試練を経験することは欲しガリの財産になります」

欲しガリの下半期は、なかなか気分が晴れないかもしれません。でもそこで「今は運気が悪いときだから」とあきらめてしまったら、前には進めません。何事も興味があるなら、やってみればいい。特に試験や学問、趣味の幅を広げることは欲しガリの糧になります。ただし、教材だけ買って満足してしまうところがあるので、実践で学べるものを選ぶこと。大金をかけて資料をそろえるのではなく、出席できるようなレッスンを選びましょう。
下半期は物事がスムーズに進まなかったり、今までにないような試練があるかもしれませんが、それを経験することは欲しガリにとって大きな財産になります。楽しいことが大好きな明るい性格はそのままに、失敗から学ぶことで、さらに人生が豊かになるでしょう。
注意点としては、これまでに何度か指摘されたミス。すぐに手を打ったほうがいいです。また、結婚・離婚に関する裁判ごとは尾を引きやすいので気をつけて。どの家族にも欠点があり、それでも家族です。マイナスではなくプラスの面に目を向けましょう。

 

【2020年下半期の毎月の運勢は?】

7月 自分は悪くないのに痛手をこうむることになりそう。たとえば車を運転していたら相手からぶつけられたり、突然ムッとくるようなことをいわれたり。自分のせいじゃないのに…と思うことがちょこちょこ起こります。
8月 その痛手からイライラして落ち込み、グチをいいたくなるとき。
9月 友達や身近な人にグチを話しているうちに、悔しい思いが解消されます。状況はすぐに変えられるので、深く思い悩まないように。
10月 気持ちが晴れてきて、少しのんびりできます。楽しいこともちらほらと。
11月 10月と同じく気持ちが晴れ、運気が自然といい方向へ向かっているのを感じます。
12月 気持ちが晴れやかになったからといって、自分を貶めた人をつつかないように。相手を責めると、また同じことを繰り返すかも。受け流すようにしましょう。

 

欲しガリの2020年下半期運

「△〇」
悪い運気を受けたとしても、それが学習となり、欲しガリの身になります。

 

【健康運・金運・仕事運・対人運・恋愛結婚運を占う】

欲しガリの健康運

暴飲暴食に気をつけてください。変に食べたり食べなかったりが極端に出ます。そして、楽しいを通り越してお酒を飲むのは、やや注意。また、下半期は発熱にも多少気をつけて。

欲しガリの金運

自分で見つけたお金の運用法は、ちょっと待ったほうがいいでしょう。いきなり挑戦すると成功しにくいです。もともと金運には恵まれていますが、下半期は節約を考えたほうがよさそう。

欲しガリの仕事運

「自分はこれをやるんだ」と、迷わずどっしりと構えて進めるようになります。たとえ、それで失敗したとしても、強い信念を持っていれば大丈夫。逆に、わさわさと動き回ると損失が出てしまうかも。

欲しガリの対人運

地位のある人や目上の人との衝突があるかもしれません。本来は楽しく話すのが好きな性格なのに、下半期に限ってはつい言葉が強くなってしまうんです。口が滑らないように気をつけてくださいね。

欲しガリの恋愛結婚運

長くお付き合いをしている人がいるのなら、結婚に向けて心を決めてもよさそう。今はフリーで下半期に新たに出会った人とお付き合いするのであれば、結婚はちょっと待って。迷いがたくさん出るので、ほかにも目を向けたうえで、運命の人をジャッジしてください。

 

欲しガリの生まれ持った運勢や性格は?

楽しませるのも楽しむのも大得意

明るくにぎやかで、人気者になれる才能を持っている欲しガリ。好奇心が旺盛なので趣味の幅をどんどん広げていけます。人を楽しませることも得意で、出会ったばかりの人ともすぐに打ち解けられます。モテ運のある人です。

また、財産に恵まれた運勢を持っているので、たとえ手元のお金を使い果たしても、がんばり次第で失った分を取り戻せるでしょう。社交スキルが高く、物事を器用にこなすので、目上の人に引き立てられて出世します。

 

欲しガリの有名人

東国原英夫、つるの剛士、速水もこみち、大竹しのぶ、鈴木保奈美、小泉今日子、仁香など

 

illustration:紅鮭色子

 

■「下半期全体の運勢」と「ガリの種類」を見る■

怖いほど当たる「ガリ占い」2020年下半期 by伝説の占い師・西新宿の母

 

西新宿の母の鑑定を受けたいなら
(予約)13:00~
TEL:03-3375-3006
https://ameblo.jp/nishishinnjyukunohaha/

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
占い師 西新宿の母 真如雅子

スポンサーリンク

スポンサーリンク