【九星フラワー占い】一白水星の7月は「長年の問題が今月なら解決できる!」

60通りある干支の中で今月は癸未がめぐってきています。
この癸という字は、雨を意味していますので、もしかしたら今月は雨が多い1カ月かもしれません。
今月、この私たち人間の世界に強く影響する星は三碧木星。
これは朝日、光を意味する星です。
雨が降る暗い日であっても、光を見つめるこれが今月の最大のラッキーアクションとなります。
朝日ですから、復活の意味がありますし、コロナ流行で沈みがちだった社会が、少しずつ光を取り戻していく、そんな1カ月になることを願って、今月の運勢を読み解いていきたいと思います。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

ここ数カ月、うまくいかなかったことを挽回できる!

とっても魅力的ワクワクするような話、情報が次々と舞い込んできそうです。

夏らしい高揚感があり、体調もよく、ここ数カ月うまくできなかったことが、ようやく挽回できそうでもあります。

今月は動いたら動いたぶんだけ成果が上がる月です。

ただ、あなたの所に行ってきた情報の中には根拠のない噂話が混じっていることがあります。

そういったものに振り回された行動をしないように注意してください。

良さそうに見えたものに限って……

また、一見おいしい案件に見え見えたものほど実は問題点や困難を抱えていたりします。

手をつけ始めるとなかなか前に進まず、泣きたくなるかもしれません。

ですが、焦りさえしなければ、今月の一白水星にはあらゆる問題を解決する力が備わっていますから、最終的にはきちんとやり遂げられ、周囲から絶大なる信用を勝ち得ます。

この問題解決の力は何も新しい案件に限ったことではありません。

ここ最近、頭を悩ませていたこと、モヤモヤしてきたこと、難しいと思われていたことほどあっさりと解決できたりするでしょう。

明るい場所にいれば、恐れはすべて消える

ポイントは、とにかく前向きな気持ちでいること、明るく笑顔を絶やさないことです。

これがネガティブな感情に支配されたら、全く上手くいかなくなりますし、トラブルを避けに引き起こしてしまいます。

そして正々堂々とした方法で、嘘や秘密を作らずに取り組み、困ったら自力でなんて思わず、そのことに詳しい人の力を借りることです。

また、明るい時間帯のうちに動くということも大切で、早起き、そしてそのための早寝はラッキーアクションです。

夜遅い時間の暗い場所では思わぬ事故や事件に巻き込まれる心配がありますのでそのようなシチュエーションに、ひとりで身を置かないようにしてください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、心浮き立つようなアプローチは増えそうです。

年下の男性からも声がかかるかもしれませんが、良さそうに思える人ほど秘密や問題を抱えていたり、真剣ではないという心配がありますので、浮かれすぎないように注意してください。

金運は、大損をするということはないのですが、ついつい散財してしまう心配があります。

購入する前に本当にそれが必要か考えましょう。

とくに、夜中のテレビショッピングやネットショッピングには要注意です。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、明るいブルーとレモンカラー。

ネガティブな物を遠ざけるお守りのような組み合わせです。

ラッキーパーソンは、特徴的な声を持った男性です。

はっきりしつつ落ち着いた話し方をする人なら、その人のアドバイスは信用できます。

ラッキーフードは、酢味噌あえ。タコときゅうり、下茹でした小松菜いやネギなど色々な素材で楽しんでみてください。

暑い季節にぴったりのあっさりメニューで元気が出ます。

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★7月の全体運を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク