「ぱいぱい」ではない!必ず読めない超難読の日本語3つ

「ときどき」「ますます」など、私たちが普段よく使うこれらの言葉は、畳語(じょうご)といいます。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

1・「 悄悄 」の読みは?

「しょうしょう」?おしい!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「悄悄」の意味は次の通り。

  • 失望し、また興ざめて立ち去る様子。
  • がっかりして元気のない様子。

例文「悄悄と引き下がる」

分かりましたか?

正解は……

例文

  • 悄悄(すごすご)と引き下がる。

「悄」は、憂(うれ)える様子、心細げに心配する様子を表す漢字です。「しょんぼり」というと伝わるでしょう。右側の「肖」は「小」と同じような意味で、左側の「りっしんべん」=(心)と合わさり、心が小さく細い。心細い。しょんぼりした気持ちを表します。それが二つかさなる「悄悄」(すごすご)は、そのしょんぼりした気持ちの畳語で、元気のなさを強調する言葉ですね。

出典>>「滴滴」は「てきてき」ではありません。誰もが知っているのに読めない副詞3つ

 

2・「寸寸」の読みは?

「すんすん?」いえいえ、そんな言葉ありませんよね?ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「寸寸」の意味は次の通り。

  • 細かく乱雑に切り裂かれた様子。
  • 寸断された様子。

例文「失恋して、身も心も寸寸になった」

分かりましたか?

正解は……

例文

・失恋して、身も心も寸寸(ずたずた)になった

「寸」は日本の尺貫法でいう長さの単位(一寸は約3.03cm)でもありますが、他に「寸土」「寸志」に見られるように「わずか」「少し」という意味があります。「寸寸(ずたずた)」はそのような細かいものになってしまう状態を表しています。

出典>>「滴滴」は「てきてき」ではありません。誰もが知っているのに読めない副詞3つ

 

3・「兀兀」の読みは?

 

ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「兀兀」の意味は次の通り。

・着実に努力したり律義(りちぎ)に働き続けたりするさま。
例文「兀兀働く」「兀兀貯金する」

分かりましたか?
正解は……

 

例文

・ 兀兀(こつこつ)働く。
・ 兀兀(こつこつ)貯金する。

「兀」は、山などの上が、高くて平らな様子を表す漢字。重ねることで「他を抜いてただひとり、ただ一つとがんばるようす」を表すのです。

 

どうでしたか? どれも普段使っている単語だったと思います。漢字で書くと読めないこともあり、このような畳語は仮名表記することが多いのですが、漢字で書くとこういう字を使うのだと分かっていると、これらの畳語をより深く理解することになると思います。日本語って面白いですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク