眠りの質を高める。お風呂で簡単マインドフルネス

「禅」の精神がアメリカで研究され、「マインドフルネス」という形になって日本に戻ってきました。グーグル社などトップ企業が社員マネジメントの一環に利用しています。このマインドフルネスの実践の一つが「瞑想」。今回は、お風呂に入っている時間を利用して、集中力と記憶力を高める、マンドフルネス瞑想をしてみます。

 

睡眠の質を高める3ステップ

方法は簡単。お風呂に入って、少し温まったら次の3つを行います。お湯は少々多めにはるといいでしょう。

 

1・浴槽のふちに腕を置き、体重をひじ下でささえてみましょう

下半身はお湯に入っているので、それほど重くないと思います。この状態で30回呼吸を数えます。へその下の丹田という所を意識して、そこに空気が入っていくようにイメージしましょう。

2・腕を動かして胃まで水に浸かり、体重を感じながら30回呼吸を数えます

この時に水圧で押されている感覚を、足の指先から感じてみます。

3・腕を離し、肩までつかって30回呼吸を数えます

腕を浴槽のふちから離し、肩まで浸かったら、膝の上に手を置き、全身をお湯が圧迫しているのを感じて、ゆっくり30回呼吸を数えます。

 

以上3ステップを3回繰り返します。ポイントは、呼吸とお湯の圧迫に集中すること。

いつも頭の中が考えごとでいっぱいなタイプの人は、これを根気よく続けると、ある日お風呂に入りながら考えごとをしなくなったことに気づくでしょう。そうなれば、十分にリラックスして入浴できたことになります。

 

本来は入浴も修行?!

禅の修行道場の入浴は、基本的に毎日ではありません。4と9のつく日が、入浴できる日と決まっています。4日、9日、14日、19日、24日、29日です。

昔の暮らしが基本になっているので、水と薪をたくさん使うお風呂は貴重なものとみなされます。汚いと思われるでしょうが、つい60年くらい前まで、どこの家も似たようなもんです。

その入浴法も一つ一つ厳しく決まっており、まずはお風呂を先に頂きます、という挨拶からせねばなりません。「開浴(かいよく)お先に失礼致します。」と声をかけてから浴室に向かいます。家族ならば「お風呂先に入るね」の一言を掛け合うということです。

浴室に着いても、脱いだ物の置き方から、座る場所、体を洗う時間、風呂に入っている時間まで決められています。

1年目の修行僧は背中を丸めることは許されず、姿勢良く湯船に浸かります。

この間、浴室は三黙堂の一つに数えられており、会話をすることは許されません。ついつい鼻歌でも歌いたくなりますが、そうはいきません。

 

「100まで数えてお風呂を上がる」こと

そこで思い出すのが、子どもに与える課題。

 

皆さんは、子どもの頃、100まで数えてから上がりなさい。と言われたことがないでしょうか。

 

100まで数えると、兄弟で話をしていても自然と数に集中します。会話もしなくなり、自分の体が温まったかどうかに気を配ります。

 

これは、どうみても、禅の修行の簡略版です。つまり、お風呂に入れることに感謝し、瞑想し集中力を高める修行だったのです。それに、少し動きも入れて、水圧の変化を感じながら、瞑想できる様にしたのが、冒頭の方法です。

 

「いま、ここの、自分」に注目して呼吸を整えるのが、ポイントです。そして、思い浮かぶ考えに良し悪しの判断を挟まずに、そういうものかなと思って呼吸に意識を戻します。

 

お風呂で、そのように頭を休めることができたら、眠りの質も変わってくることでしょう。どうぞ皆さん、積極的にお風呂でマインドフルネスに挑戦して見てください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

金スマでも話題。40代の睡眠の質を下げる「7つの悪習慣」

みなさん、最近よく眠れていますか? 質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌すると言われていますよね。よく、何時に寝るといい(ゴールデンタイム)という話がありますが、質…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

ぐっすり寝ながらやせる秘密は朝食の○○にあった?

みなさん、暑くなったり涼しくなったりの中、睡眠のコンディションの方はどうですか? 睡眠コンサルタントの友野なおです。今日は睡眠と朝食の関係についてお話したいと思…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

理学療法士に聞いた「睡眠と首のシワが改善」する枕の調整方法

40歳を過ぎると、年々眠りにくくなってきますよね。眠りも浅くなるし。布団に入ったとたんバタングーなんて、幸せな過去の話。アロマを燻らせたり、マットレスを変えてみた…

朝「コップ1 杯のお水」を飲むと体にいい理由は?

みなさんこんにちは。睡眠コンサルタントの友野なおです。人の体の約60%は、水分でできているのはご存知の通り。そして大人が一日に汗や呼吸、尿、便で排出している水分は…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事