時代は『鼻プチ』!変身メイク王子と15分で脱コンプレックス

デカ鼻、ぺちゃ鼻、ダンゴ鼻・・・鼻にコンプレックスを抱えていませんか? その鼻、整形しなくても変えられます、「鼻プチ」があれば。

最初に紹介している写真をもう一度見てみて! 鼻の高さが全然ちがうでしょう?

「世の中にブスなんてひとりもいない。アタシはそう思っています」

と語るのは、変身メイク王子でおなじみのヘアメイクアーティスト兼美容師のTommyさん。そんな彼と一緒に考案した『鼻プチ』で鼻コンプレックスを解消しましょう!

 

シンクロの選手は美鼻である!?

『整形なし!「鼻プチ」で、ハーフ顔に変身メイク』(監修/Tommy)の特別付録、「鼻プチ」は1回15分鼻につけるだけ。

なぜ「鼻プチ」で鼻の高さを形成できるのでしょうか?

美容整形外科の名医、福澤見菜子医師にお伺いしました。

福澤見菜子医師/慶應義塾大学医学部卒業。湘南美容外科クリニック新宿院勤務。日本形成科学会専門医。

「同じ刺激を繰り返すことにより、鼻の軟骨や脂肪部分は形成が可能です」

鼻に限らず、ずっと同じ刺激を繰り返していると、軟骨や脂肪は癒着することがあります。それによって形成される事例もあるので、効果はあると思います。形が変化しやすい部分と考えられるのはさわってやわらかい部分。小鼻の部分と、鼻の頭の、指で押すとへこむ部分といえるでしょう。主に軟骨と脂肪でできています。意識してみましょう。

 

つまり、

「二重のりをつづけていたら、二重になった!」

「矯正下着をつけていたらウエストダウンした!」

と同じこと。

繰り返し「鼻プチ」を装着することで、鼻の高さを形成することが可能になるのです。

「鼻プチ」はシンクロナイズドスイミングの選手が使う鼻用クリップを美容用に改良しています。

  • 哺乳瓶の先と同じ、シリコン素材でやわらか
  • 均等に圧がかかるように、全体的に四角いフォルム

毎日つづけたくなるポイントがたくさん隠されているんです。

 

「鼻プチ」結果はいかに?スタッフが3カ月間お試し

鼻にコンプレックスがあるスタッフが3カ月間毎日「鼻プチ」を装着!驚きの変化がありました!

 

ただのデカ鼻がスマートに!

編集部内でも「鼻が高くなった!」とうわさに。(編集S)

全体的に大きめの鼻の方は下めにつけます。小鼻がスマートになり、高さもアップしました!

 

ツン!とした理想の美人鼻に!

ながら美容が、めんどくさがりやの私でもつづけられたコツ。(メーカー担当Kさん)

鼻プチを鼻の先端近くにつけることで、ノーズシャドウではつくれない、鼻の上向き感が出てきました!

 

形をととのえるには「鼻プチ」が大活躍!

さわってわかる感触に感動!(ヘアメイクTommy)

横から見ると一目瞭然!鼻筋も通っていて、しっかりした鼻でも大きな変化が!

 

ながら美容で脱コンプレックス!

1回15分、いつもの時間に「鼻プチ」を取り入れて、毎日の習慣にするのが美鼻に近づけるステップです。

毎日の美容タイムに、まったりタイムに、デスクワーク中にも!?、自分のペースで美鼻を目指しましょう!

「鼻プチ」が付録でついてくる『整形なし!「鼻プチ」で、ハーフ顔に変身メイク』では、「鼻プチ」の詳しい使い方だけでなく、Tommyさんによるお悩み別メイクレッスンも掲載しています。

整形なし!「鼻プチ」で、ハーフ顔に変身メイク』/Tommy(監修)主婦の友社 1,500円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由 |オンナのイキザマ人気ランキング

マニアではないけれど、いつでも心のどこかで気になっている芸能人の動向。オトナサローネでは単なる芸能記事より、「なぜなのか」その背景の解説記事がよく読まれまる傾向にあります。中でも芸能ライター・仁科友里…

薄毛、白髪、コシのなさ…「40代からの髪悩み」を解消する5つのアイテム

肌同様、見た目の印象を大きく左右する髪。そんな髪も年齢を重ねるごとに悩みはふえていきます。すこやかな頭皮環境や毛髪をとり戻すために、ヘア専門の美容ライターが使っているアイテムは?悩み別に教えてもらいま…

ギョッ、それは痛いオバサンだわ…40代独身女性が意外と無意識にやっている4つのコト|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「オバサン記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(10…

英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした|NG英語ランキング

日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。オトナサローネの連載で「いちばん読まれた英語」こそが、みんなが「わからなかった英語」です!そして意外にも、「わからないof…

【ランキング】まんが10秒ゆるみ、みんなが読んだ記事は?人気ストレッチ5選

ちょっと伸ばしてほぐすだけでピンと効く!オトナサローネで人気の柴先生のワークが、10月17日に「3コマ・ストレッチまんが」として発売されました。オトナサローネでは3週間に渡って毎日書籍の中身を先行配信中。…

【男の心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説|恋愛ランキング

オトナサローネで大人気の恋愛記事。みんなが気になるのはやっぱり男性心理…?よく読まれている、人気の恋愛記事をランキングでご紹介します。1位・【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイ…

手の力を抜いてみて?「指が丸まってる人」はスマホ肩こりかも|ストレッチ人気ランキング

日頃から「なんだか不調」ではないですか? 自分自身がOLとして「身体にかけていたストレス」と向かい合いなおし、現在はストレッチインストラクターとして女性の健康改善を発信する青柳さん。彼女の記事を見てみる…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ヘアアレンジ記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事