【睡眠ダイエット】免疫力アップ、風邪もコロナも怖くない最高の予防「金の睡眠」

こんにちは。身体調律スペシャリストの全明伸です。

今回の連載では、「金の睡眠」が手に入ると「免疫力アップ」にもつながるという

「睡眠×免疫力」をテーマにしたエクササイズを紹介していきます。

 

免疫力アップに必要なのは基礎体温が高いカラダです。

体温が1℃上がるだけで、免疫力が30%上がると言われています。

免疫力の上がる良い呼吸とは「酸素と二酸化炭素の入れ替え」がスムーズにできることを言います。

東洋医学的にも、良い呼吸によって「カラダに氣を巡らせる」と、満たされた「氣」によって、カラダを温めることに繋がると言われています。

 

基礎体温の高いカラダは適度なエクササイズと鼻深呼吸を合わせることによって維持することが出来るのです。

基礎体温を上げるためには質の高い「金の睡眠」とそれを促す良い呼吸による「気の巡り」が重要なんです。

 

今日は基礎体温の高いカラダを手に入れる呼吸法とエクササイズを行いましょう!

実施タイミングとしてはお風呂上がりや、睡眠前の時間に行って頂けると効果的です。

 

タオルブリッジ

ブリッジをすることで、脊柱まわりの筋肉がほぐれ、血流が巡りやすくなり、良く眠れて、免疫力アップに繋がります。

カラダを大きく反らすことで、胸郭も広がるため呼吸もしやすくなります。

呼吸が巡りやすくなることで、基礎体温が上がり、風邪に負けないカラダに近づきます。

バンザイして鼻深呼吸を3回程繰り返しましょう。

呼吸が詰まってしまう方はタオルの高さを調整し、気持ちのいい高さで実践してください。

 

肩甲骨引き寄せストレッチ

固まっていた筋肉が可動することで、より血流が巡りやすくなるため、

カラダの基礎体温の上昇につながることで、良い眠りにアプローチできます。10回行いましょう。

肩甲骨の動きが出てくることで日常動作も楽になりますので、肩の上がりにくさを感じている方にもオススメです。

前ならえストレッチ

鼻深呼吸を意識し、腕を10回動かしていきましょう。

腕を上下に動かすことで肩甲骨の動きが出て、背中の血流が良くなります。

腕の重みが感じられるまでリラックスすることが深く眠るためのポイントです。

ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎの筋肉がほぐれることで下肢の血流循環が良くなるため、温かい血液が身体を巡りカラダが温まりやすくなるため、ぐっすりと眠りやすくなります。

下肢のむくみや冷え、だるさなどある方はなかなか良い眠りを手に入れることができません。

おやすみ前にこれを実践していただけると、足が温まり、金の睡眠を手に入れることができます。

左右3回づつ行いましょう。

お尻ストレッチ

固まりやすいお尻の緊張を取り、股関節の動きを良くすることで、血流循環が良くなりカラダポカポカ。

腰や膝の違和感が気になる方にもオススメです。左右10回づつ行いましょう。

第4回目は「免疫力アップ」についてご紹介させていただきました。

 

エクササイズと呼吸によって基礎体温が上がってくれば免疫力だけでなく、冷えや内臓機能の衰えの緩和にも期待が出来ます。

基礎体温が高い状態でいることで、睡眠の質を向上させていくことが「免疫力アップ」につながります。

なんとなく調子が悪いなど小さなことから体調は崩れてしまいがちなので注意が必要です。

 

今回紹介したエクササイズ、呼吸法をぜひ実践していただき、「免疫力アップ」にもつながる「金の睡眠」獲得に近づけるように取り組んでみてください。

 

(プロフィール)1981年生まれ。18歳でゴルフを始め、2005年にプロへ転向。

 

2012年に突如脳梗塞に倒れ、一時は左半身麻痺を患う。

懸命なリハビリを経て完全復帰を遂げた経験から、関節や筋肉だけでなく、脳や神経に関する臨床知識を深め、東洋医学的な観点の「氣」や「食」からも「身体の本質」を求めた独自のZERO-i身体調律理論を確立。

 

数多くのプロアスリートや著名人、スポーツ強豪校での身体ケアやトレーニングを指導するとともに、運動やスポーツをしない一般のキッズから高齢者まで、幅広い層のサポートも行っている。株式会社ゼロイニシャライズ最高技術責任者。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク