【クイズ】ワーケーションってどんなものだか言える?意外に知らない!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で働き方改革が進む中で出現した「ワ―ケーション」。

 

「ワ―ケーション」はどんなものでしょう。

 

いいとこどりの働き方。実現できる?

答えは「休暇を取りながら仕事をする働き方」です。

 

「ワ―ケーション」は「ワーク(work)」と「バケーション(vacation)」を合わせた造語。リゾート地などに行って現地のコワーキングスペースなどで仕事をし、終業後はリゾートを楽しむという働き方です。

ワーケーションはコロナ禍以前から議論や実践が進んでおり、2019年11月には「ワーケーション自治体協議会設立総会」が行われていました。ワーケーションの実施に伴なっては、旅行先や帰省先で仕事をする「休暇重視型」や、普段の職場を離れて事業アイデアやイノベーションの構想を練る「仕事重視型」など、さまざまな形態が考えられています。

また、国内ワーケーションでは、ワーケーションで地方創生をはかることも視野に入れられており、たとえば別府市では温泉地の使われなくなった宿をコワーキングスペースとして改装し、地域全体を盛り上げようとしています。

ワーケーションのイメージ画像として、ビーチなどでPCを使う様子が出回ったことで「PCに砂が入る」などの細かな悪影響が取りざたされたこともあってか、テレワークの広がりに比してまだまだ浸透しませんが、実際は仕事と休暇の部分はきちんと分かれており、定時と同時に仕事を終えて海や温泉に飛び込む準備ができるものといったところ。

セキュリティ面や勤務先の理解が得られるのであれば、一度試してもよさそうです。

 

★この問題も解ける?

答えは>>>こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク