【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

スポンサーリンク

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯蓄額は気になるのではないでしょうか。とはいえ、なかなかお金のことは友達同士でも話せないもの。そこで、40代女性がどれくらいお金を貯めているのか、相談事例を通してご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

自宅暮らしのバリキャリ女性の貯蓄額は3000万円以上!?

40代女性とひとくちにいっても、仕事一筋でバリバリ働いているのか、プライベートとのバランスをとりながら派遣社員として働いているのか、自宅暮らしなのか、1人暮らしなのかなどによって状況は随分違ってきます。

私のところに相談にきている40代女性の中で一番貯蓄しているのが、「自宅暮らし、バリバリキャリアウーマン」。彼女たちは、高収入な上に忙しく、あまりお金を使う暇がありません。中には休日はブランドショップで買い物三昧、高級レストランで食事をするのが趣味という人もいますが、自宅暮らしの恩恵で、毎月20万円〜30万円程度貯蓄できているケースも少なくありません。

そうすると、そんなにがんばらなくても、気がつけば、貯蓄金額は3000万円〜5000万円というケースが珍しくないもの。一般的に老後資金に必要なお金はシングルの場合で3000万円程度といわれていますが、この段階でクリアしてしまっているのです。

 

一般40代女性の貯蓄額は550万円程度

平成26年に総務省が行った「全国消費実態調査」によると、40代女性の平均年収は394万円、それに対して、平均貯蓄額は959万円となっています。ただし、平均値は、貯蓄が突出して高い人がいる場合には数値が上がってしまうので、普通を知りたい場合には「中央値」を見ることが大切です。中央値とは、貯蓄額の少ない順または多い順に並べたときの真ん中の数値のこと。40代女性の貯蓄額の中央値は「600万円程度」となっています。

私のところに相談にやってくる40代女性の年収のボリュームゾーンは、350万円〜450万円程度ですが、相談にいらした方たちの中央値をだしてみると、550万円程度でした。調査の中央値に近い金額ですね。40代シングル女性ともなると、「一生ひとりかも」という意識が高く、せっせと貯蓄に励んでいる人が多いようです。覚悟を決めた女性は強いですね。

 

︎まったく貯蓄できていない40代女性も

一方、40代なのに貯蓄が50万円以下、中にはほとんどゼロという人もリアルに存在します。最近、女性の貧困化が問題になっていますが、40代で派遣社員やアルバイトをしているという場合、そもそも手取り収入で20万円程度と、収入自体が少ないのが現状です。加えて、1人暮らしをしている場合には、家計にほとんど余裕がありません。ボーナスも支給されないので、家計が潤うチャンスが巡ってきません。このケースでは、特に無駄遣いをしているわけではないけれど、貯金する余裕がないのです。将来に向けて貯蓄ができないとなると、老後の生活に大きな影響がでてきます。

どの年代でもいえることですが、仕事やライフスタイルによって貯蓄できる状況は違います。参考になりましたでしょうか?

ただし、年収が多くても貯蓄できない人もいれば、年収が少なくても貯蓄できる人もいます。まずは、お金を貯める体質になって少しでもお金を貯めることを習慣化していきましょう。

Money&You取締役 ファイナンシャルプランナー

高山一恵

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高山一恵の最新記事

MONEYに関する最新記事