なぜ「働く女性」を選択をしたか? 原点は母の言葉にある

国際女性デーというのをご存じだろうか? 国際女性デーは3月8日。女性が政治、社会において「平等に」参加できるように呼びかける日。1975年に国連が3月8日を国際女性デーとして定めたという。

 

母に言われた「男女平等」という言葉

個人的に「平等」という言葉で思い出されるのは、私が8歳のころに言われた母の言葉だ。

「将来は公務員になるといいよ、男女平等だから」

8歳の私は公務員という職業がどんなものかも、男女平等がどんなことかもよくわからなかった。だから母がすすめてくれたものの素直に「はい」とも「いいえ」とも言えなかった。

 

不平等を感じなかった環境

わが家は、たぶん男女平等な家庭だったと思う。

家族構成は、父・母・祖父・祖母・姉・私の6人。父も母も仕事をしていたし、父や祖父が男性だからといって特別とも感じなかった。主に台所に立つのは祖母や母だったが、2人がいないときは祖父や父が食事を作ってくれたこともある。育児に関しても、父と姉と私だけで出かけることもあったりと、父は積極的に参加していた。

ある程度の役割分担はあっても、ときには代わったりしていた。男女のどちらかが「〇〇しなきゃいけない」「〇〇すべきだ」はあまりなかった。男女が不平等とは感じない家庭環境だったと思う。

 

母が経験した平等じゃないもの

母は、正社員として働く女性だった。先の「将来は公務員になるといいよ、男女平等だから」という話をされたのは1980年のこと。日本で男女雇用機会均等法が制定された1985年より前だった。いま思えば、母は当時仕事をしているうえで、きっと男女平等じゃないことを残念に感じる経験があったのだろう。だから娘には、当時でも比較的男女平等であったであろう職業をすすめたのだと思う。

でも、平等にあった家庭環境のせいか「男女平等じゃない」という状況が、8歳の私にはわからなかった。

 

大人はみんな「働くのが当たり前」

「大人になったらみんな働くものだ」と思っていた。それは男女も、子供がいるいないも関係なく。母はほんのわずかの産休育休を取っただけですぐに職場復帰をしたらしい。幼いころから家にいるのは祖父と祖母、姉、私だった。だから、誰もがおじいちゃん・おばあちゃんになるまでは、大人は働くのが当たり前なのだと。

友達の家に遊びに行くと、ときどき昼間でも母親が家にいる家庭もあった。でも、そっちが普通じゃないと思い込んでいた。

だから私は今、働いている。母がすすめてくれた公務員ではなかったけれど、男女平等な社風の会社で働いている。これは、母の言葉から「男女平等に働くことの大切さ」を幼いなりに強く感じたからだろう。

 

機会は均等になっていても

でも、本当に男女平等になっているのだろうか。2016年「女性活躍推進法」がスタートし、出産育児後の職場復帰や再就職、非正規雇用から正規雇用へ、女性管理職の増加などを後押しする政府の方針が打ち出された。男女平等に働ける環境づくりの一環だろう。

ということは、1985年の男女雇用機会均等法によって就職の際の「機会」は均等になったのだが、30余年たった今でも、その後の働き方……育休からの職場復帰や管理職への登用などが男女平等にはなっていなかった、ということをあらわしているとも言える。

 

女性が参政権を求めて

3月8日が国際女性デーになった理由は、1904年3月8日にニューヨークで女性労働者たちが婦人参政権を求めデモを起こしたことから。当時はアメリカでさえ参政権はほぼ男性のみで、それに異を唱えた女性たちが、大規模なデモを起こしたのだ。

こうした要求がなければ、女性に今でも参政権がなかったのかもしれない。社会に対して変化を求めて立ち上がった女性たちの勇気は、本当にすばらしいことだと思う。革新、変化のための一歩目は、とてもハードルの高いことだから。

 

イタリアでは3月8日は「ミモザの日」

3月8日はミモザの日とも言われる。その由来はイタリア。1944年にイタリア女性組合という女性のための団体が誕生し、その団体のシンボルにミモザの花が採用された。ミモザは3月に咲く花で、イタリアでは元々男性から女性に感謝の気持ちを込めてミモザの花を贈る習慣があり、1946年から3月8日を「FESTA DALLA DONNA(女性の祭日)」と謳い、女性の日と定めたのだという。

 

日本での「国際女性デー」は?

日本においての国際女性デーは、いままでほとんど注目されていなかった。GoogleやFacebookなどのIT企業がアイコンを国際女性デー仕様にしたり、フラワーショップがミモザの日を店頭で謳ったりはあったものの、大きな規模で発信されるものはなかった。

「3月8日の国際女性デーを新たな日本の文化に」

このテーマを掲げて、2017年、日本でも国際女性デーを祝うイベントがスタート。「国際女性デー」を日本の新たな文化的行事として定着させ、女性が輝く社会づくりを産業化に繋げ、国力の底上げに貢献することを目的としたイベント『HAPPY WOMAN FESTA 2017』である。

 

『HAPPY WOMAN FESTA 2017』

会 場:渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区渋谷2−21−1)

会 期:2017年3月5日(日)~8日(水)

テーマ:3月8日は女性の生き方を考える日 ~イキイキワクワクを追求しよう~

内 容:「これからの女性の生き方」をテーマに「美・仕事・子供・食・健康」をキーワードとしたセミナー、ワークショップを展開。

主催:HAPPY WOMAN実行員会 詳しくは公式サイト(http://happywoman.online/

また、最終日の3月8日 21:00~は『HAPPY WOMAN FESTAアフターパティー及びHAPPY WOMAN新企画発表会』を開催。

詳しくはhttp://happywoman.online/festa/afterparty/

 

冒頭に書いたように、3月8日の「国際女性デー」は、女性が政治的、社会的に平等に参加できるよう呼びかける日。

女性が「平等に」働くことに関してはもちろんのこと、家族や健康、食についても考えたい。政治的、社会的に平等に参加するうえで、家庭環境や食、健康な体であることが大前提でもある。

国際女性デーを前に、改めていまの自分の人生の選択「働く女性」として生きることが、母の言葉に大きく影響を受けたのだと感じる。3月8日の国際女性デー、私は母に感謝の気持ちを伝えようと思う。

スポンサーリンク

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事