君島十和子さん「手ごたえのある」腸内環境の整え方とは?#3

2021.02.07 BEAUTY

この1年で激変した私たちの美容。ステキに年を重ねていくために、いま注目すべきこと、大切にすべきことは何なのでしょう? 美白のパイオニア、君島十和子さんに「いま大切にしている3つのキーワード」を聞きました。3回連続シリーズの3回目です!

keyword・3  腸内環境

君島十和子さんインスタグラムより

–3つ目の注目キーワードは腸内環境。美の専門家から、腸について教えていただく頻度はコロナ禍でぐっと増えたように感じます。

 

自粛期間中、私ははじめてインスタライブに挑戦しました。ゲストをお招きしたトークライブで特に人気があったのは、「健美腸」で知られる腸の専門家、医師の小林弘幸先生・暁子先生ご夫妻による、腸内環境にまつわるセッションでした。

 

とりわけ一人暮らしの方の場合、コロナで会社にも行かず、誰にも会わずに家の中にいると、自由な時間が増えたようでいて、実はストレスが溜まっているんだよという話になったのです。ストレスが自律神経に影響して内臓の働きも乱すと。

 

小林先生から伺って衝撃的だったのは、ストレスと腸のお話でした。ねずみにストレスを与える実験では、何をするかというと、1匹だけ箱に入れます。すると、あっという間にねずみのストレスレベルが跳ね上がるのだそう。

 

人もねずみも同じ生き物ですから、人間関係でも同じことが起きます。もちろん、人づきあいをする上でのストレスもたくさんあるのですが、それよりも誰とも合わない、喋らないことがいちばんのストレスの元になる。こういうことが医学的にもわかっているそうです。

 

精神的なことで、自律神経が乱れて、腸内環境が乱れる。逆に言うと腸内環境が改善されるとストレスに対する耐性も強くなります。

 

腸のため、ヨーグルトより先の対策を。「水溶性」食物繊維を意識

君島十和子さんインスタグラムより

–自粛中は人間関係のストレスが減って体調がよくなった人がいるいっぽう、何かの原因で悪くなった人も相当いる印象でした。そもそも、自粛そのものが体調悪化の因子だったのですね。

 

コロナ禍では自己免疫力をあげるしかありません。罹患された方は皆さん、「あれだけ対策していたのにどうしてかかったのか、あそこまで気をつけていてかかったのは悔しい」とおっしゃいます。

 

自己免疫力を上げるしかない今、免疫を司る腸内環境を上げるのがいちばんの近道です。免疫に関わる要素のうち腸内細菌が70%から80%関与すると言われます。

 

免疫力と腸内環境の密接な関係を学ぶにつれ、私の生活にもざまざまな意識変革が起きました。

 

実は私、これまでは腸内環境を整える美腸は、免疫というよりは美肌づくりのためものだと思っていました。美腸イコール乳酸菌だと思っていて、毎朝せっせと欠かさずヨーグルトをとっていたんです。

 

「乳酸菌100兆個入り」なんて言葉を見ようものなら、飛びついていました。それほど便秘でもない私が100兆も取ったら、さぞかし明日は1日トイレから離れられないだろう……なんてドキドキしましたが、そんなことは一度もなかった(笑)。

 

それもそのはず、実は大切なのは乳酸菌を摂るだけではなく、善玉菌をよく働かせることでした。そのためには善玉菌のエサが必要。善玉菌のためのエサが何かというと、食物繊維とオリゴ糖。この、肝心の食物繊維についても私は誤解していました。

 

食物繊維を摂るなら、キャベツのようなザクザクした野菜を食べればいいと思いますよね。

 

このザクザクした繊維のほとんどは「不溶性」と言われる水に溶けない繊維です。腸内の水分を吸収するので、こちらばかりとっていると逆に便秘が進んでしまう人もいるそうです。

 

食物繊維には「水溶性」というものがあります。オクラや海藻類、なめこなどのネバネバした部分に含まれる水に溶ける繊維です。腸内環境の維持のためにはこの水溶性と不溶性を同じくらい摂る必要がありました。

 

このことはご存じない方が多いですよね。私も教えていただくまで、水溶性食物繊維の重要さを知りませんでした。

 

そこで12月には、FTCからは手軽に水溶性食物繊維を補えるファイバーサプリ、FTCリセットファイバーを発売しました。飲み物や汁物に混ぜるだけ、手軽なのに本気の腸活ケアです。

 

意識をアップデートして、できることをコツコツと。健やかに暮らしていく

愛用のカップで紅茶をいただくひととき、FTC リセットファイバーをイン。すぐにさらさらと溶け、味にも影響はない。(君島十和子さん撮影)

–ここまで、すべてのことがコツコツとした積み上げでした。美は1日にしてならず、毎日の積み上げなのですね。

 

私、なんでこんなに頑張れないんだろう、なんてなまけものなんだろうと自分を責めることがあります。

 

でも、そういうとき、ふと考えるようになりました。腸内細菌のバランスは精神のバランスにとても影響を及ぼすので、ストレスがかかっているときは腸内のバランスが悪化します。いま、悪化しているなと。

 

逆に言えば、バランスがいいときはストレスも感じにくいし、ストレスを与えられてもくよくよ落ち込まない。このように、自分で積極的にいろいろなバランスを取っていくことが大事だと感じるようになりました。

 

とはいえ、現実問題として、毎日毎日そんなに理想的なお食事ばかりできるわけでもないですよね。では何でサポートしていけばいいかなと考えて、簡単にできることを取り入れていく。

 

こうしてこれからも、前向きに、自分にできることを楽しみながら続けていきたいと思います。

(談了)

【十和子さんおすすめアイテム#3】

 

FTC リセットファイバー 4.3g×30包 4,860円/FTC

水にもさっと溶ける便利なスティック入り水溶性食物繊維。グァー豆から作った繊維は腸内で産生する短鎖脂肪酸量が多いことで知られ、腸内の悪玉菌増殖を抑え、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やしてお腹の調子を良くすることが期待される。日本人が古くから摂取してきたお漬物から発見された善玉菌「スマート乳酸菌®」も配合。

FTCサイトはこちら

 

<<<前の記事 君島十和子さん注目の「あのアイテム」と美肌の意外な関係は?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク