「無香料」の化粧品なのに匂いがするのはナゼ?成分表示の読み方ポイント

スポンサーリンク

「無添加」「無香料」など、成分表示を気にしてスキンケア製品を選ぶ人、多いのではないでしょうか。チェックしているという声が上がる3大代表格が「パラベン」「香料」「アレルギーテスト」です。

でも、実は「アレルギーテスト」をしてあるからといって、アレルギーの原因にならないというわけでもないのです。

ちょっと難しい化粧品の表示に関して、代表格を覚えましょう。

 

 

1・”パラベンフリー”は”防腐剤フリー”とは限らない

 

よく見かけるこの「パラベンフリー」の文字。

特に、敏感肌用のスキンケア製品やオーガニック系の製品に多く見られ、なんとなく悪いものが入ってなさそうなイメージです。

実際どういう成分かというと、パラベンとは、防腐剤の代表的な成分のひとつ。

敏感肌の方は、このパラベンが皮膚への刺激になる場合があるため、買う側、作る側ともに敬遠しがち。

さらに、パッケージにうたうときに”パラベンフリー”というコピーがキャッチ―だったため、広く知られたようなところも大きいと思われます。

ですが、ここには”パラベンフリー=防腐剤フリー”とは限らないという、表示マジックが潜んできます。

名前に「~パラベン」、とつくもの以外に、防腐剤として用いられるものに、

フェノキシエタノール・安息香酸塩・ヒノキチオール・エチルヘキシルグリセリン

などがあります。

そうです。パラベンが入っていなくても、ほかの防腐剤は使っている場合があるというわけです。

 

スキンケア製品にはアミノ酸、糖類、天然油脂などカビや微生物のエサとなる成分がいっぱい

スキンケア商品は開封してから数か月という長い期間で使い続けるもの。

もし、防腐剤が入っていなければ時間の経過とともに雑菌が繁殖し、その結果肌に刺激をもたらすことも考えられます。

化粧品に使用される防腐剤は配合上限(%)が決められているので、その範囲であれば一般的には安全な割合の上限となります。

最近では、制菌効果のある保湿剤と組み合わせることで、パラベンが配合されていても、量を少なくするなど配合技術もどんどん進んでいるそうです。

一概にパラベンだけが悪者、というわけでもなく配合量、配合技術の進歩もあったりするので、表示だけの思い込みは危険かもしれません。

(※特定の成分によって肌荒れを引き起こした、という場合はその成分を使用していない製品を選んでくださいね)。

 

 

 

2・”無香料”、”香料フリー”はにおいがしないということ?

防腐剤のほか、”香料”に敏感という方もいて、「無香料」「香料フリー」の表示もよく目にします。

この表示が意味するところは、「香料」が入っていないということなのですが、なかにはにおいを感じるものもあるのです。

それは、配合されている原料や精油のにおいかもしれず、完全に匂いがしない=無香料、ではない、という表示マジック。

 

もし、においが完全にないものを購入したいということであれば、

「無香性」「ノンパフューム」という表示の製品だと、臭いがない(感じにくい)ものになります。

 

3・アレルギーテスト済みであればアレルギーは心配ない?

これはいちばんよく見かける表示かもしません。「アレルギーテスト済み」という表示。

表示の基準はこうです。

メーカーや販売会社が何らかの方法で(たとえば繰り返しパッチテストを行うなど)試験を行い、各企業の判定基準でモニターに問題がなかった場合に記載できるもの。

どのくらいの人数にモニターしたかなども、各企業それぞれ。

つまり、この「アレルギーテスト済み」という表示は製品を選ぶ際のひとつの目安とはなりますが、必ずしもすべての方がアレルギーを起こさない、ということとイコールではないのです。

特に化粧品や洗剤など身近な製品は、いろいろな法律によって記載できること、広告なども基準があるため、その裏側も少し知っておくと、賢く製品を購入することにつながるかもしれません。

 

基本的な肌のことや機能を知り、コスメの成分が読めるように!

このようなかんちがいしそうなスキンケアや、美容やコスメのことはこちらにさらに詳しく。

素朴な美容の疑問~コスメの成分まで、イラストと図でたっぷりと解説してあります。日本化粧品検定の対策テキストです。

まずはベーシックな知識をマスターしたい人に……2級・3級

『日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書』 日本化粧品検定協会・監修 主婦の友社・刊 1700円+税

アマゾンはこちら → http://amazon.co.jp/dp/4074004267

hontoはこちら → https://honto.jp/netstore/pd-book_27774574.html

より詳しく化粧品のことを知りたい人は……1級

『日本化粧品検定 1級対策テキスト コスメの教科書』 日本化粧品検定協会・監修 主婦の友社・刊 1800円+税

アマゾンはこちら→ http://amazon.co.jp/dp/4072914576

hontoはこちら → https://honto.jp/netstore/pd-book_27774573.html

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

重曹とメラスポで全部解決!「アイテム別」で手早くすっきり大掃除

12月になると、日本人的な心理としては家の中がうっすら汚いままで年越しするのはなんともためらわれます。年末の1日をそれに充てて、一気にやるほうがいいという性格の方もいると思いますが、どれほど時間がかかる…

「無香料」の化粧品なのに匂いがするのはナゼ?成分表示の読み方ポイント

「無添加」「無香料」など、成分表示を気にしてスキンケア製品を選ぶ人、多いのではないでしょうか。チェックしているという声が上がる3大代表格が「パラベン」「香料」「アレルギーテスト」です。でも、実は「アレ…

40代が断捨離の次に目指したいスタイル「ヒュッゲ」って?

近頃、いろいろなメディアで目につき始めたのが「北欧」、そして「Hygge ヒュッゲ」なる言葉。まず、女性ファッション情報誌の大特集が「北欧」。旅特集でもないのに。次にテレビをつけたら、ゴールデンタイムに「…

セブンで発見!サラダチキンが5分で具どっさりスープになるパウチ

先月リリースされるや否や、ネット上で話題になっていた『今夜は手づくり気分』シリーズをご存じでしょうか。コンビニエンスストアで売っている「サラダチキン」を使用すること前提の、コンビニ専用商品。コンビニ内…

店頭で急激に品薄「コーディアル」。冷えも風邪もガードするおいしい飲み方は?

「コーディアル」ってご存知でしょうか。簡単に言うと、薬効があると言われているハーブなどのエキスが入った甘いシロップのこと。そのままでは甘すぎるため、水や炭酸で割って飲んでもいいし、お湯やお酒と割る飲み…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事