花粉症は噛んで対策!医師が薦める「唾液力」を高める5つのコツ

本格的な花粉症の季節になってまいりました。ツライ症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

ツライ花粉症の対策として、高めておきたいのが「唾液力」。

今回は、「唾液力」を高める日々の食事のコツを、水嶋クリニック・水嶋丈雄院長監修『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』からご紹介します。

 

腸は人体最大の免疫器官

腸は消化吸収を行うだけの器官ではなく、人体で最も強力な免疫機能を備え、全身の免疫力を左右する急所です。

私たちは、花粉や細菌、ウイルス、空気中のちりや排気ガスなど多くの異物に囲まれて暮らしています。

こうした異物が体内に入り込んでも、多くの場合、私たちが病気にかからずにすむのは、体に備わっている免疫力が働くからです。

この免疫力を担っているのが、腸に集中して存在するリンパ球や顆粒球といった免疫細胞です。

つまり、腸こそは、人類最大の免疫器官であり、腸の状態のよしあしが免疫力の働きのカギを握っているのです。

 

「唾液力」を高める5つのコツ

腸の働きをよくするためには、老廃物をためないことが大切です。

そこで、腸の働きをよくするためにオススメしたいのが、「唾液力」を高めることです。

食べ物を咀嚼するときに出る唾液は、消化を助け、腸への負担を軽くしてくれます。

唾液は、噛めば噛むほどたくさん出てきます。食材の選び方や調理の仕方などを工夫することによって、噛む回数を増やし、「唾液力」を高めることができます。

その5つのコツをご紹介しましょう。

 

1.噛みごたえのある食材を選ぶ

食物繊維の多い根菜類や海藻類、きのこ、筋繊維のしっかりしている豚肉や乾物系などのかたい食材が効果的です。

 

2.水分の少ないメニューを選ぶ

水分が少ない分、咀嚼回数が増え、唾液量も増えます。違った味や口当たりを脳が感じて、噛む量が自然と増えるため、食感の違うものを組み合わせるとよいでしょう。

 

3.材料は大きく切る

噛むことは材料をできるだけ小さくすりつぶす作業なので、大きめに切っておけば、自然に噛む回数が増えます。

 

4.一口ずつゆっくり食べる

流し込むように食べるのではなく、一口ずつ口に含み、食べ物本来のおいしさを引き出すつもりでゆっくりと味わいましょう。

 

5.水やお茶は食後にとる

食事の間に水やお茶を飲みすぎると、水分で食事を流し込み、あまり噛まずに飲み込むことになります。水分は食後にとるようにしましょう。

 

食べて飲んで不調を解消する健康食レシピが満載!

今回ご紹介した「唾液力」を高めるコツは『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』に掲載されています。

根菜類や海藻類、きのこでつくる料理やおつまみの簡単レシピだけでなく、体操やツボなどもたくさん紹介しています。

毎日無理せず花粉症を治したい!という方にオススメの一冊です。

花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵/水嶋丈雄 (監修) 主婦の友社 1,300円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

スポンサーリンク

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

2週間で5キロやせたアイドル! 「もち麦ダイエット」が食べてやせる理由とは?

テレビ番組『究極の〇×SHOW 超問!真実か?ウソか?』で、ぽっちゃり系アイドルグループPottyaの犬童舞子さんと橋本一愛さんが2週間で5kgやせた「もち麦ダイエット」。1日…

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

ヒルナンデス!で2017年流行るモノ2位! 「もち麦ダイエット」の効果とは?

1月16日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、2017年間違いなくはやるものベスト7が発表されました。その中でも注目は、ダイエット&健康アイテムとして紹介された…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

汗はたったの3%!? "真のデトックス"について考える。

"デトックス"という言葉を聞いて、何をイメージしますか?岩盤浴、ゲルマニウム温浴、ホットヨガ……大量に汗をかいたり、リンパマッサージをしたり、体内にたまった老廃物や…

頑張らずにストンと3キロやせ! 主食を「玄米にするだけ」ダイエット

「やせたい。でも糖質制限などのガマンはしたくない」という人におすすめのダイエットです。ふだんの食事のうち、1日3食を白米から玄米にかえただけで体重が平均して3キロ…

冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。実は、この"万病"の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関…

【脱オバサン1つ結び】40代女性に人気の「痛くない」ヘアアレンジって?

髪をアップスタイルにしてビシッと決めている人や写真を見て「素敵だな」と思えども、自分ではなかなかうまくいかない……とはいえ職場に行く前に美容院でセットしてもらうというのは非現実的ですし、自分で簡単に仕上…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤーコーデを楽しめる「ドッキング」と、「異素…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事