美人じゃなくても、「モテる女性」の“使える言葉”

みなさんの近くに「モテる女性」はいますか?それは誰ですか?そしてそれはなぜでしょう? 特にそんなに美人でもないのに、男性にも女性にも人気がある人っていますよね。

モテる女の言葉テク

先日、ここOTONA SALONEでも執筆されている、官能小説家の蒼井凜花さんとイベントを共催しました。
『国語教師ゆかと官能小説家りんかの「モテる女の言葉テク」』
恵比寿の夜のバーを貸し切って、お酒や食事を取りながら3時間。
お互いのコラムの中から2作品を選び、そのコラムを通じて語りたかったことや、共有したい思いなどをお伝えするとともに、「モテる女」はどのように言葉を使っているのか、工夫しているのかについて、参加者のみなさんにお話しました。ここで言う「モテる」とは、単に異性にチヤホヤされるという意味ではありません。人間的な魅力があって、女性としても輝いている、そんな人達は、コミュニケーションツールとして言葉をどう使っているかということです。

 

「だって」を「そうね」に変える。これは「しくみ」のひとつ

以前、「だって」を「●●●」に変えるだけ。口下手でもモテる会話術というコラムを書きました。
そこでは、とっさに出てしまう「だって」は言い訳の枕詞であり、そのあとに「ごめんね」などのお詫びの言葉は来ないという話を書きました。自分の言いたいことは同じだとしても、「だって」で始まる会話と、「そうね」で始まる会話の印象は全く異なりますよね。「だって」を「そうね」に変えるということは、しくみを整えるテクニックの一つです。

例えば、アンガーマネジメントという「怒り」の感情を管理する方法がありますが、その中に「6秒ルール」というのがあります。怒りのピークは長くて6秒なので激高しそうな時にも、その6秒をやり過ごせば、怒りに任せて衝動的な行動を取りにくくなるのだそうです。それと同じで、「だって」を「そうね」に変えるだけで、相手に与える印象が良くなり、その結果、二人の対話が穏やかになるというしくみです。

 

人によって「しくみ」の使い方は違う

他に、「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ というコラムについてもお話ししました。
蒼井凜花さんがこのコラムについて、ご自身の体験をお話してくださったのですが、やはりCA、モデル、六本木のクラブのママという経歴がある方なので、素敵に言葉を使っています。例えば体臭がする人に対し、汗の匂いなら、「汗、かきました?」とさりげなく聞き、自分もそうなることがあるのですと共感したあと、「これ私も使っているんです。試してみてください」とデオドラントシートをそっと渡すのだそう。そのあとのフォローも素晴らしく「いい香りですね。完璧です。これ以上モテたら、私怒りますよ♪」

言葉の使い方は人それぞれですし、私が急にこんなふうになったら主人も心配すると思いますが(笑)でもこの流れのしくみは誰でも取り入れられるはずです。そうですね。共感し、相手に一回も嫌な思いをさせずに言いにくいことを伝えています。そして忘れてはいけないのがフォロー。私もこの流れをコラムに書きました。

 

モテる女になることは、男の言いなりになることとは違う

さて、参加者のアンケートに次のような質問がありました。

相手に気持ちよく感じてもらうということは、日本人らしく従順な女性を演じるということなのでしょうか?

たしかに、相手が男性の場合、関係を円滑にしようと思ったら、このようなしくみで工夫をすることは、従順な女性を演じることだと感じるでしょう。しかし、ただ自分の意見もなく「従順」なのと、主体性を持って相手との関係を考え「従順」の道を取るのとでは、まったく違いますよね。

自分を押し殺すことが、モテる女の条件ではないはずです。このイベントでは「理想の女性ってどんな人?」というワークを行いました。この写真をご覧ください。

 

相手の関係を良いものにするツールのひとつが「言葉」

このワークは、「理想の女性とは?」で思いついたキーワードを付箋紙にどんどん書き、似たような言葉が書いてある付箋紙のそばに貼り付けていくという方法で行われました。
右上の方には「強気」「修羅場を経験している人」「凜とした人」「芯」などの言葉が並びます。強い女性像ですね。
右下には「寛容」「誠実」「感謝できる人」「人によりそえる人」などの女性像、他に中央中段には「意外性のある」「ギャップ」「ミステリアス」などの言葉もあります。
私はこの付箋紙を見た時に、母のような強さと寛大さを持ち、なおかつ女性らしさも忘れない、しかもそれを自然に楽しんでいる。そんな女性を思い浮かべました。
では、その理想の女性は、何をどう努力してその域に到達したのでしょう。まさにそこが知りたくて、私たちは美容や健康の情報を集め外見を整えたり、セミナーや読書、お稽古事を通じて内面を鍛えたりして、日々努力をしているのですよね。
自分を磨くことはひとりでもできるのですが、相手がいることに関してはどうでしょう。人との関わりでは、ひとりで学ぶことの何倍ものスキルが身につきます。私たちがこの日お話しした「言葉」もそのうちの一つです。言葉を使って相手と円滑なコミュニケーションを取ると、相手が嫌な気持ちにならないので、自分のことを好いてくれます。これが「モテ」だと私は考えます。男性からも女性からもモテる人とは、「この人と話をすると楽しい」「この人と一緒に居ると幸せだ」と思われることだと思うのです。

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人から、よく聞くのが「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

CA直伝「3つのS」を心がけるだけで驚くほどモテる?

高度約一万メートルという特殊な環境で、VIPから子どもまでまんべんなく接客するCAたち。気力・体力・サービス精神は不可欠ですが、訓練中に徹底的に教えこまれる「3つのS…

読むだけでキュン! 年下男子に言われた「胸キュン」エピソード8選

胸がキュンキュンするエピソードを聞くと、それだけで気持ちが上がったり、恋がしたくなる気持ちが強くなったりしますよね。つまり胸キュンには、女性をキレイにする力が備…

かわいい年下男子に好きと思われる4つのアプローチ

20代や30代の男性にとって、年上の女性の振る舞いは意外と目につくものです。「この人いいな」と思われる女性の共通点は、そのときに応じた「気づかい」があること。同じ世…

品と色気。元CA&クラブママが伝授する、40代女性の「モテ条件」

「女子力」のパワーエリートといえば、女子アナ、秘書、そしてCA。男性相手に特化したクラブホステスも挙がります。この中で、元CA&元クラブママという最強クラスの経歴を…

「今度伺わせていただきます」はNG?丁寧なつもりの「過剰敬語」が逆に無礼なワケ

どの企業でも接客の方法については新人研修などで学習済み。しかし、実際に業務が始まると、敬語以前に覚えなくてはいけないルールが山のようにあり、自分がお客さんに対して使っている敬語について、時間をとって検…

日本人の約7割が間違えている微妙な日本語!「〇〇を飛ばす」

「あの後輩、最近ちょっとたるんでいるから、檄(げき)を飛ばしてきたわ」「部長が部全体に檄(げき)を飛ばしたので、少し活気が戻ったわ」実はこの使い方NGです!「檄を飛ばす」のは、「しっかりしなさーい」と相…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「どうも」も同様ですが、さすがにビジネスシー…

尊敬語のつもりで「やられた」って言ってない?それ猛烈に失礼です!

「先生、〇〇ってやられたこと、ありますか? 面白いらしいですよ」「この前、〇〇をやられたっておっしゃっていましたが、どうでしたか?」このように聞かれたことがある人、言ったことがある人は結構多いのではな…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前からネット上でよく見かけた言葉で、私も、…

「大丈夫です」はNG日本語?トラブルの原因になる敬語と丁寧語

「奥さん、この商品をお買い求めになりますか?」こう聞かれて、「大丈夫です」と言ったら、自宅に商品が届いた。そんな詐欺の話を聞いたことがある人もいるかと思います。これは消費者相談センターで解決すべきトラ…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人がいるということを覚えておきましょう。実…

「参考になりました」はNG?さりげなく失礼な敬語3選

敬語というものは、頭では分かっていても、いざ目上の方やお客様を相手にした時に、口からパッと出てこないもの。また出てきても、目上の人に失礼な言葉を言ってしまうこともあるでしょう。ただ、正されるチャンスが…

「領収書をお返しします」は間違い?丁寧なつもりでNGな日本語

「バイト敬語」と呼ばれる敬語があります。もちろん正式な分類ではありませんが、主に接客業で使われ、文法的におかしなもの、言われて違和感のあるものです。日本語の乱れとしてやり玉に挙がっています。言語学的に…

毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

あなたは、仕事で、一日何通くらいのメールを書いていますか?メールで大切なのはもちろん「用件」です。結論を先に明快な形式でメールを書くことは大切ですが、そのメールの頭に付ける文、時と場合によって、きちん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事