「わだかまり」を捨てると仕事の人間関係がうまくいく

仕事上のこととはいえ、同じ失敗をしないためには、上手に伝えるために、たまには叱られたり、叱ったりすることがあるでしょう。そんな時、皆さんはどのようにしているでしょうか?

また、どのような時に禍根を残すようなことになってしまうのでしょうか?

結論から言うと、「疑念を持つこと」。それが、わだかまったり、すっきりしない原因なのです。

 

疑念を持つとはどのようなことでしょうか?

例えば、新規のプロジェックトの資料が十分用意されていなかったとします。上司にしてみれば、言い訳はともかく、どのようにするかを引き出すために、「今回のことはどう思っているんだ」と叱るかもしれません。

そんな時に、「今回は申しわけありませんでした。次回はこのようなことが無いようにいたします」となればお互いわだかまることはないかと思います。

しかしながら、叱られたほうが、「いつもいつも私ばかりに注意する」とか「〇〇さんが何か言いつけているはずだ」となってくると、この後の2人の会話も微妙な感じになってくることでしょう。

 

これを疑念といいます。

 

 マインドフルネス的「わだかまらず叱る・叱られる」方法

この叱られたことに対して、シンプルにその時のことだけを考えて、すぐ行動に結びつける練習をすると、わだかまらずにすむようになります。

 

それには次のように考えるといいのです。

 

  • この状態は長くは続かない。
  • これはすぐにみんなで解決すべき問題である。
  • そういうものだと思う。

 

新入り僧は修行道場でわだかまる

 

修行道場では、警策と呼ばれる棒で背中を叩かれます。元々の呼び方は「警覚策励棒」。相手を励ましたり、寝ないように起こしてあげる棒のことです。

 

新入りの時には、坐禅中毎回叩かれます。

 

背中を叩くと、多少でも足の痛みが忘れられるようになるので、足が痛いだろうとの配慮かなと感じるのですが、でも背中もとても痛いです。

 

そして、その時抱くのが、こんな疑念です。

 

「なんで、自分は叩かれなくてはならないのか」

「絶対眠っていたりしない」

 

とにかく、叩いてくる先輩の判断を疑ってかかるようになるのです。そうなると、イライラも増してきます。これが「わだかまり」の状態です。

 

なんで叩かれたのか、理由を聞きたくなる人もいます。ですが、叩く側はただ単に、座っている形が安定してないから動かそうとの配慮だけなのです。もし、座ってカチコチのまま、坐相を直そうとすると、うまく動かないことがあるからです。

 

半年叩かれるとわかること

 

その新入りの修行僧も、半年もすれば、「叩けるものなら叩いてみなよ」という立派な雲水(修行僧)になっています。

 

叩く、叩かれる。それだけのことだ、そこに疑念を挟むことも、その必要もない。

そう、半年かかってわかるようになるのです。

 

叱る、叱られるという時にも、お互いが疑念を挟まずにやることが大切なのではないかと思う次第です。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「ご自愛下さい」は実は失礼?デキる女のメール文末7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

人間関係トラブルの9割を解決する、たった1つのシンプルな方法

日常生活のさまざまな場面で起こる、人間関係のもめ事やトラブル。この原因の根っこには、実は単純な「承認欲求」という気持ちが隠れています。その欲求に共感する力を養う…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

お願いや交渉がスムーズに!CAが教える「言葉の魔法」って?

同じことを伝えるにも、「伝え方」によって受けての印象は様々です。威圧的な言い回しには反感を買うどころか、こちらの要求そのものも通らない場合も考えられます。今回は…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合…

意外なこの場所なら飛ぶように売れる~月3万円副業ハンドメイドで売れるルールvol.3

みなさんは自分の作った作品をどうやって販売しますか? 今はネット市場がメインでしょうか。minne、tetote、creema、iichiなど、ネット上のハンドメードマーケットの便利…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事