「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

2021.04.08 BEAUTY

薄毛や白髪などに頭を悩ませている40代女性ほど、アレンジしたヘアスタイリングが強い味方に。

スタイリング次第で、コンプレックスをうまくフォローしてくれるだけに、年齢を重ねるにつれ、アレンジのバリエーションを増やしておくと便利です。

ところが、せっかくのヘアアレンジでも、男性目線だと「ギョッ」となるものもチラホラ……。

男性たちが「コレにはギョッとした!」と口にした、40代女性のイケてないヘアアレンジに迫ります。

 

男ウケの悪い40代のヘアアレンジ1:ぺったり頭頂部が目立つオールバック

 

「月に何度か食事に行く仲の40代女性がいるんですが、最近、その子が前髪を上げてくるようになり、薄毛が際立っているのが気になっています。

最初の頃はそんな風に思わなかったんですが、ひょっとして髪が薄い子だったのかな?って感じで、やけにてっぺんがペタッとして見えるんですよね。

ピンで前髪を留めている髪型だったんだけど、それまでよりも薄毛が目立つし、その日は、なんだか老けて見えるなぁ……って思ってしまいました」(41歳男性/専門職)

 

前髪ポンパドールなどのオールバックスタイルは、すっきりとした輪郭が際立ちやすい反面、ボリューム不足だと、薄毛感が際立つのも事実。おでこが広く見える分、髪が薄くなっているようにも見えやすい面もあります。

薄毛な印象は、即座に老け見えの要素になるだけに、前髪をアップに留める際には、ボリュームにご注意を。

 

 

男ウケの悪い40代のヘアアレンジ2:遊びを取り入れすぎたまとめ髪スタイル

 

「若い子を見ていると、髪の毛をゆるっとアレンジするのが流行っているのかなって感じますね。

でも、それをそのまま40代女性がやっていると、どう見ても生活に疲れたオバサンに見えちゃうのは、僕だけでしょうか?

例えば、ついこの前、親しい42歳の女性が顔のまわりに少し髪の毛を垂らしている髪型をしていたんですが、それがなんとも生活感っていうか、やつれた感じがして、苦手でした。

やっぱり年齢による疲れ感ってありますよね。同じ髪型を若い子がしていても気にならないから、同世代の女性には、もっと若々しい髪型をしてもらいたいです!」(44歳男性/IT)

 

後れ毛をわざと多めに出したり、ふわっとした雰囲気を出したりするスタイルは、ここ数年はアレンジの定番。

ところが40代の貫禄(?)のせいなのか、生活感や“やつれ感に”しか見えない男性もいるのが実情なのです。

実際に疲れているときほどこの手のヘアスタイルは、やつれた雰囲気を加速させやすいのも傾向。体調によって、使い分けたいところです。

出典>>「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例

 

男ウケの悪い40代のヘアアレンジ3:オイルのつけすぎで全体的にベタベタしている

「ヘアオイルの付けすぎだと思うんですけど、髪がベタッとしている中年女性は、脂ぎって見えるからみっともないと思います。若い子なら『わざとかな?』と思うけど、40代だと不潔にしか見えない。一緒に歩くには、ちょっと恥ずかしいですね…」(43歳男性/ITサービス)

 

「ベタベタした見た目の髪をしている40代女性は、それだけでオバサンっぽく見えるし、生活感がすさまじい。妻がそんな髪をしていたら、全力でやめさせます!(苦笑)。でも、世間には意外と多い気がする。僕は一緒に歩きたくないなぁ」(46歳男性/工場勤務)

 

濡れ髪風に仕上げたスタイリングや、パサつきが気になるときのデイリーケアなど、ヘアオイルの出番は多いけれど、適量を誤ると男目線での「みっともない」を招きがちに。

付けた直後には「いい感じ」だとしても、時間の経過とともに自分の頭皮から出る脂と混ざり、見た目のベタつきを招くこともあるので、気をつけて。

出典>>白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク