【クイズ】レスカって何の略だか言える?意外に知らない!

気温が高い日に散歩の後で飲みたいレスカ。

「レスカ」は何の略でしょう。

 

レモネードとの違いは?

答えは「レモンスカッシュ」です。

 

「レスカ」は「レモンスカッシュ」の略。レモンスカッシュはレモンの果汁に甘味をつけて冷たいソーダ水で割った清涼飲料です。スカッシュは果汁にソーダ水,砂糖液を加えて混ぜ、氷を入れて作った飲み物のこと。グレープならグレープスカッシュ、オレンジならオレンジスカッシュになります。

レモンの果汁に甘味をつけて、炭酸水ではなく水で割ったものが「レモンのエード(果汁を薄め甘味料を加えた飲料水)」であり、縮まって「レモネード」と呼ばれています。

レモネードの日本での歴史は古く、1865(慶応元)年には長崎県で製造販売が開始されています。当時は「レモン水」と呼ばれていましたが浸透せず、一般に親しまれたのはレモネードがなまった「ラムネ」の呼び名。ラムネの瓶はラムネ玉で栓をしていることが特徴ですが、よく似た飲み物であるサイダーとの違いは、この栓の有無のみのようです。

大正末期に発表された谷崎潤一郎の小説『痴人の愛』に「レモン・スクヲッシュ」として登場しているレスカ。さわやかな一方、どこかなつかしさを感じさせるのは、その歴史のためでしょうか。新鮮なレモンとシロップがあれば、簡単にオリジナルのレスカを作ることが可能。家にいる時間が多い日々、手作りのレスカで喫茶店気分と爽快感を味わってみては。

参考:レモンスカッシュ(コトバンク・精選版 日本国語大辞典)
ラムネとは(トンボ飲料)

 

★こちらの問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク